KoMaDo   江古田!町内会BBS : 怪談板(「超」怖い話他)→★移転しました★  ■ Headline ■ HOME   

怪談板(「超」怖い話他)→★移転しました★トップへ ▼カッ飛び最後  全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 [最新レス]

  禍禍(まがまが) (旧題:助六(仮))

01: 名前:AZUKI / カトウアズキ投稿日:2004/08/12(木) 08:56
2004年9月30日発売、ということで執筆中です。
〆切は8月30日ですが、たぶん間に合います。

しかし……〆切に間に合うだけでは勘弁してもらえない方々を相手にするための本ですので(^^;)、いろいろ気を抜けません。

146: 名前:蒙古茶投稿日:2004/10/04(月) 16:07
同じ紀伊国屋でも二見文庫・海外小説コーナーに力技で平積みされてたり
角川ホラー文庫コーナーに平積みされてたり色々でしたw
さあ、帰ったらじっくり読むぞ〜!

147: 名前:ゆりこ投稿日:2004/10/04(月) 18:26
本日やっと購入!
新刊コーナーのすみっこにぽつんとあって
まるでワタシが買うのを待っていたかのようでしたヨ…
風味としては「一口サイズの和菓子」的おいしさでした
でも「ゆさゆさ、ぼとぼとぼと」は超戦慄の恐怖でございました…ぶるぶる

余談なのですが、7月にお亡くなりになった
あとり硅子さんのラストコミックス「ばらいろ すみれいろ」が
どうしても入手できません…何故だ

148: 名前:okt投稿日:2004/10/04(月) 18:54
本日、爽やかにしなやかに入手しました。
AZUKI怪談のエッセンスがぎゅぎゅっと詰まった本だと思います。
流石加藤様だなぁ、という文章と話にノーミソ揺さぶられっぱなしでした。
そういえば、書店のお姉さんに「これは何の本なんですか?問い合わせが多いので」と聞かれたので
「実話怪談集です」と答えたところ、「へえ」とか「ほう」とか微妙な受け答えをされました。

>>蒙古茶様。
私も無事ゲットできました。
感想を書くために再読を今晩致します。

149: 名前:ろびん投稿日:2004/10/04(月) 20:44
本日、入手することができました。
あまり二見文庫を扱っていない書店なので期待せずにはいったら、なんと平積みされておりましたー!
レジのお姉さんにニヤッとされたような気がしたのですが・・・。
これからじっくりと読みまする。

>ジョーンズさま
今日の書店にもジョーンズさまのような店員さんがあらわれたのでしょうか。

150: 名前:ちゃい投稿日:2004/10/05(火) 09:31
螺旋怪談よりも正直、おもしろかったです。前者はどうも・・・なんというか、「お話」という感じが強くて。
あまり実話として受け止めることができませんでした。(実話だとわかってはいるのに)
禍禍は、より身近なかんじが。
最初に超怖を読んだ時の、あのほえ〜っという読後感(すみません、変な表現で)が久しぶりに戻ってきました。

151: 名前:投稿日:2004/10/05(火) 12:08
 書店に平積みされていたので、早速ゲットしました!
一度に読んでしまうのは勿体無いので、少しずつ読んでます。
初期の「超コワ」を彷彿とさせる話もあって、二倍お得(?)な感じです。
(そう感じるのは私だけかもしれませんが・・・)

152: 名前:蒙古茶投稿日:2004/10/05(火) 14:10
「フランベ」最高!3回連続で読んで
3回とも悶絶してました。
怖いというより「不可解」で面白いですね。

153: 名前:西投稿日:2004/10/05(火) 14:23
本屋巡りを30日からしたのですが見つけられず、とうとう昨日近くの本屋に注文しました。
早く読みた〜い!!!

154: 名前:AZUKI / カトウアズキ投稿日:2004/10/05(火) 16:54
続々getの報を聞き、なんとか胸をなでまわし……おろしております。

もうちょっと様子見(笑)をしたら、今夜あたりからオカ板のいつものスレにお伺いして――
と思ってますが、さっき見たらスレが二つあるっぽいんですが、どちらが生きてますか?(^^;)

ちなみに、禍禍は「弩」怖い話がダメだった人には読みやすいのではと思います。
「弩」怖い話はどちらかというと、角川ホラー文庫みたいな「映画のホラーのノベライズ」に慣れた、実話怪談とは縁のない人を実話怪談界に引っ張り込むことを念頭に置いたものでもあります。
禍禍は、その「弩」怖い話のスタイルでは食い足りない人+気軽に怪談を読んでほしい……と言うところから出てきたコンセプトになってます。
禍禍と「弩」怖い話が翼の両端で、中央に「超」怖い話があり、一種のトリロジーを形成しているとゆー……と、かっこよく聞こえますが、「弩」怖い話は「長い怪談、小説に近いもの」を書くための、または先々読んで頂くための、肩慣らしのようなものかもしれません。
一方禍禍は「文体と構成案のカタログ」のようなもの(笑)で、基本型以外のスタイルをお試しいただくとゆー……これまた、一種の実験になっています。
しかし、どちらも「怪談を読み慣れない人に読んでもらう」というのが狙いになっていまして、「弩」怖い話は「創作ホラー小説はOKの人(短文に慣れてない人)」に、禍禍は「長い文章を読むのが苦手な人」または「怪談脳が未発達な人の怪談脳を、短時間をスキルアップさせてもらう」のが狙いです。

まあ、狙い通りにはなかなかうまくいかないんですが(^^;)、どちらもうまくいけば実話怪談に舵を切る人が一人でも二人でも増えるかもしれないし、そうなればここ最近供給が増えてきた実話怪談界全体の市場拡大になり、何より食い足りなくなって「超」怖い話に流れつく将来の読者(笑)を発掘することにも繋がるのでわないか、といろいろ遠大なことを考えていますが、「超」怖い話の読者が還流してるだけだったら意味ないよな、てへっ、と己の未熟を叱咤しつつ、読者の皆様が「未体験の友達に見せびらかす本」を書いていきたいなと思う所存です。
禍禍、できれば読後はいろんな人に見せて、短いですから1話だけでもお気に入りの話を読んでもらってみてください。
それでまた感想など伺えれば幸いです。

今回あちこちの感想/書評などを例によって漁っているのですが、
・ジェットコースターの怪談(あっという間にスゴイ勢いで通過(笑))
・怪談の千本ノック(次から次へと来るから?)
・ハードボイルドな怪談(極力ストイックだ、という意味らしいです)
などなど、書評をいただく方々の表現にも感心しています。

それ、帯に使えば良かったなあ、とか(^^;)

155: 名前:さかピ投稿日:2004/10/06(水) 08:45
遅ればせながら、拝読しました。
いろいろ感ぜられました。
あと、読書中に変な出来事(思い込みか?)が…
↓(詳しくみる)
http://d.hatena.ne.jp/sakapi/20041006 [source] [check]

156: 名前:飛び入りジョーンズ投稿日:2004/10/07(木) 01:27
『禍禍』今日入荷になりました(でも注文分全部は入らなかったんですよ〜)
さっそく1冊買って読ませて頂きましたよ...
唐沢商会の『脳天気教養図鑑』にあった、オチがどこにあるのか分からない奇妙さ(蛙の命乞い話のような)
故にじんわりと怖くなる話...という感じがいたしました。

で.....(笑) 「高速バス」と「ぞろ目」というお話ですけどね...。
あ、ついでに「フランベ」も....
読んで仰け反りましたよアナタ!

もう、これは早速どうでしょうの公式BBSに報告ですね! えぇ、報告いたしますとも!

ポップの宣伝文句もちょっと....うぁっ!ポップ立てるほど冊数ないよ。
重版プリ〜ズ!

157: 名前:AZUKI / カトウアズキ投稿日:2004/10/07(木) 01:30
>>155
拝見しましたー。

>>156
あっはっは。北海道に広めてください(笑)

158: 名前:ろびん投稿日:2004/10/07(木) 12:45
しみじみと怪談を読む幸せをかみしめてます。
「仏壇」は、同じような経験があったもので、ちょっとしみじみとしてしまいました。
ごめんよー、ご先祖さま〜。

さて、AZUKIさま、大泉くんと鈴井さんのおかげで新しい読者を2名捕獲いたしました。
えぇ、同じ職場の「どうでしょうバカ」です。
いままで「怖い話は苦手なんだよ!!」とつれない返事しかもらえなかったのですが
大泉くんの「高速バス」を読ませたところ、はまりましたよー。
とくに「パンダ」と「フランベ」が気に入った様子です。

二人の感想では「無理に怖い話にしようとしてないから、読んでて楽なんだよ」とのこと。

159: 名前:ちゃい投稿日:2004/10/07(木) 16:18
いつもなら私の本には拒否反応を示す小学生の子どもが、「『禍禍』、学校に持ってっていい?」と。
なんと。皆に一芸を発表する時間に紹介するそうな。しぶしぶ貸してやったら返ってこない。
なんとなんと。「みんなが読みたいっていうんで貸したった。」おい!大事な本だから必ず返せと言っといただろーが!
・・・母は2冊目を買いました。(泣

160: 名前:AZUKI / カトウアズキ投稿日:2004/10/08(金) 02:08
>>158
新しい読者層を開拓するためのアイテムとしての禍禍、狙い通りです(笑)
ぜひ、「今まで怪談なんか読んだことないよ」という人に見せて回ってください。

>>159
お子さんGJ(笑)
母は2冊目と言わず、3冊でも4冊でも買って下さい(笑)

161: 名前:飛び入りジョーンズ投稿日:2004/10/08(金) 09:55
おはようございます。
昨夜どうでしょうBBSの方の更新がなかったんで半ば諦めていたんですが、
先ほど確認しましたところ、更新されており、『禍禍』(BBSで宣伝はまずいかと思い、タイトルだけは伏せましたが)
の事を書いたののに嬉野さんのレスがついておりました。
別件の書き込みの方にもレスがついたんでウレシかったですヨ。
最近本当、どうでしょうの方は書き込みのタイミングとディレクター陣の更新タイミングが合わないと
アップされにくくなりましたからね〜....
4年くらい前は何時書き込もうとも余裕でアップされていたが....昔は良かった(じさまの繰り言か!)

ポップも作って立てました。大きさはハガキ大ですが、かなり目立つんじゃないかと思っております。

162: 名前:西投稿日:2004/10/08(金) 11:15
昨日注文してた本屋から禍禍が届いたと連絡があり、早速読ませていただきましたv
ちょっと不思議な話がたくさんあってよかったです。

フランベはどっきりしました。

163: 名前:""""ォ""""ケ""""セ""投稿日:2004/10/08(金) 12:11
「禍禍」最高でございました。転げ回って大喜びしながら読了致しました。ああ素敵。なんて楽しいんだ。是非すぐにでも続編を〜。加藤様大好き〜(「猫アレルギー」で少し泣いてしまいました…)

164: 名前:くろむ投稿日:2004/10/09(土) 02:10
禍禍シリーズ化激しく希望!

こんな面白い怪談本が単発で終わるのはもったいないですよ。
もちろん発行部数も増やして、コンビニにも置く……ソレダ!!ヽ(´∀`)9 ビシ!!

165: 名前:飛び入りジョーンズ投稿日:2004/10/09(土) 12:38
『あずまんが大王』のキャラクターに例えると、「超」怖い話は 【ともちゃん】みたいな怪談という感じ....
「禍禍」は【大阪】みたいな怪談という感じかな。

いや、【大阪】というよりは【ちよ父】か!?(あずまんが大王を知らない者には「は?」だろが!!)

166: 名前:さかピ投稿日:2004/10/11(月) 03:02
以前私の日記の「禍禍」について書いた部分で不適当と思われる部分を
削除し、一部文章を修正しました。
http://d.hatena.ne.jp/sakapi/20041006#p1 [source] [check]

不愉快な思いをされた方、ご迷惑をおかけした方にはお詫び申し上げます。

ただ削除したのは、【「『超』怖い話」の公式掲示板にリンクされるページ】
に載せる文として「不適当」と思われる、と判断したからで、私の意見が
変わったわけではありません。
ので、それをテーマに別のページに書く、という事は今後もあるでしょう。
ですが、それはココの掲示板とは全く関係ないことです。

もし、それに反論したい方がおられるのなら、私のように自らブログなりなんなり
を立ち上げ、私の記事にトラック・バックをすればよろしいのではないでしょうか。
最近けっこう簡単よ。無料のも多いし。

というわけで今後ともよろしく。(^_^;)
(というか、自意識過剰かな)

167: 名前:蒙古茶投稿日:2004/10/16(土) 19:47
「クッキー缶」いいですね〜
「御伽箪笥」みたくホノボノ...("▽")

168: 名前:AZUKI / カトウアズキ投稿日:2004/10/17(日) 07:30
「読むと腰が痛くなる話がある」というのは「弩」怖い話のアレですが、昨日は入間大橋の袂までバイクで片道1.5時間かけていって、今はまっている乗り物で元気に転倒しまくり、腰を痛めて帰ってきました。
これは偶然ではなく必然のお話。

>>161 飛び入りジョーンズさん
ポップありがとうございますm(__)m 著者にも版元営業にも手が届かないところでのアピールは、書店さんに認めて頂かなければできないことなので、本当にありがたく思います。

>>162 西さん
>>163 さん
>>167 蒙古茶さん
禍禍のアンケートを見ても、blogや書評サイトなどを拝見しても思うことですが、今回は本当に「これがおもしろかった、気に入った」というものがばらけています。
ある程度「これはくるだろうなあ」という読みのものもあったんですが、その一方で「著者自身のお気に入り」と、「読者がイチオシ」が必ずしも一致しなかったり(笑)、またその「読者のイチオシ」も人によって全然違ったりというところが、「当たりがひとつではない」「人によってツボが違う」を証明した形になっているな、とも。
怪談にはベスト・オブ・ベストはなく、人の数だけ怖いものも怖い理由も違う、というこでよろしいかと。

>>164
「禍禍」が売れたら(笑)
こういった本に限った話ではありませんが、「発売日にファンにどかんと売れて、後はシオシオになっていく」というパターンが多いなか、禍禍は「発売日を過ぎてからもじわじわとコンスタントに売れている」そうです。
戦果は「よいというほどではないが、悪いというほどでもない」とか。
この本について言えば、友達に見せびらかして下さい。それでさらに売れれば「次」もある、かもしれない、ということで。

余談。esbooksの「ジャンル別売り筋順順位で、ありがたくも現在1位。
http://www.esbooks.co.jp/books/life/knowledge/131799/-/sort/1 [source] [check]
同一ジャンルのベスト10の中に、「超」怖い話系(夢明さんと加藤)だけで延べ5冊も入っていたりします。
これが来月あたりには、「1位、東京伝説(新刊)」になるのでわないかと……。

169: 名前:蒙古茶投稿日:2004/10/17(日) 19:58
>>アズキ様
今回はクル話、無いですよね?
読後、待ち受けモードでドキドキしてたけど
何事もなく現在に至ってたりしますし。

170: 名前:飛び入りジョーンズ投稿日:2004/10/17(日) 23:17
北海道....てか、私の住む街....かなり寒くなってきてるんですよ。
しばれますよ。ストーブの燃料がないために部屋の中は凍える寒さでし
お湯でも湧かすかな....
で、こうなると怪談本はまず誰も手に取ろうともしなくなるんですね。
やっぱ表紙は鍋の中身写真の方がいかったかも(笑)
うぅ...さぶい
ポップに書いたコピーも、「★おすすめ!!★一読でほんわかと暖かくなる煮込み怪談」という風に直すかな。

171: 名前:蒙古茶投稿日:2004/10/20(水) 12:42
ヘタレな私はすでにストーブつけてます....。
暖かい部屋で読む怪談本〜幸せなひととき。

そういえば、こないだまで右のうなじの付け根あたりが痛いとゆーか
頭の右も痛いとゆーか...頭痛持ちじゃないのに。
きっと肩こりから来たのよ..ね?...まさか....ね。

172: 名前:tobiiri ]投稿日:2004/10/26(火) 10:02
今日とうとう灯油を入れました。
そうでもしないと風邪ひく....てか、死んでしまう!
...という危機感が、11月に入るまで待てなかった。
したら、灯油代が300円近くも上がってるの!
凍え死んでやろうか!!と思いました....

173: 名前:"AZ"ki投稿日:2005/06/23(木) 13:18
「禍禍」。この本は完全に作り話のオンパレードだとは思われませんか?私、氏の本はかなり好きで、いつも読んできたのですが、
この「禍禍」もしくはその前あたりからパターンが決まってきたように思います。いわく、「失神した。」「気がついたら・・・・」あと人がわけのわからないことを言う。
思えば、新耳袋の1巻あたり、その1巻が「百物語」として発売されていたころが一番面白かったような気がします。

174: 名前:AZUKI / カトウアズキ投稿日:2005/06/23(木) 18:20
御書評ありがとうございます。
もしよろしければ、これまでの僕の作で気に入ったものなどあれば後学のためにお教え願えれば幸いです。
まだまだ先達諸氏に比べて充分に力が及びませんが、回を重ねつつ精進していきたいと思います。
これからもよろしく叱咤激励をお願い致します。

ちなみに、新耳袋は木原氏、中山氏の、百物語は平谷氏の御本です。

175: 名前:175投稿日:2005/06/23(木) 20:00
>>173 乙。
「氏の本はかなり好きで」
なら、<氏の本>についてもっと詳しく語っておくれ。
好きなのはどの本だい?

そういえば、禍禍が作り話である理由は?ん?明確な理由があるんだろ?
パターンが決まったものだと仮定しても、それが理由にはなるまい?

>新耳袋の1巻あたり、その1巻が「百物語」として発売されていたころ
「新耳袋の扶桑社版」の頃ってことかい?

あ、そうそう。そのHN、止めた方がいいぜ。
理由?
分かるだろ?


怪談板(「超」怖い話他)→★移転しました★トップへ ▲カッ飛び先頭  全レスを表示

 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 [最新レス]


管理者 AZUKI 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --