KoMaDo   江古田!町内会BBS : 怪談板(「超」怖い話他)→★移転しました★  ■ Headline ■ HOME   

怪談板(「超」怖い話他)→★移転しました★トップへ ▼カッ飛び最後  全レスを表示

  ’05夏の怪談本

01: 名前:無縁仏投稿日:2005/06/02(木) 08:33
「超」怖い話Zが7月下旬!そんなに待てない!ってことで
ぼちぼち稲川本とか出始めたり、6月には新耳最終話が出たりするんですが、
「こんなのが出てたよ〜」「コレ良かったよ」ってのがあったら教えて

14: 名前:蒙古投稿日:2005/06/27(月) 23:28
インパクトのある話は特に無かったけど
だからこそ何度も読み返して楽しめそう。
「鯉」が好きかな?「19の夏」は結構ヤバ目。
とにかく新耳の人を突き放す様な文章が好きです。

って・・・これで終わりなんですね・・寂しい。

15: 名前:無縁仏投稿日:2005/06/28(火) 07:20
幽は確かに読みづらいですね。ゴチャゴチャ詰め込みすぎで。
新耳はタイトル変えて同じようなシリーズが始まるんじゃないかと。

16: 名前:さかピ投稿日:2005/06/30(木) 04:05
「超怖ドキミオン:日々狂々、怪談日和」、購入しました。

以前の平山さんのHPの日記は「保存しとこう」と思いつつ、日々怠惰に流れてしま
いできなかったので、この書籍の出版は朗報でした。
実は最近では最も待ち遠しかった本です。
秀逸な怪談の書き手は日常も怪談、という修羅が垣間見れるうえ、文学的興奮
も感じることができる、という一度で二度おいしいグリコアーモンドキャラメルな
一冊でした。ごちそうさまでした。

17: 名前:シュウ投稿日:2005/07/02(土) 14:57
鳥肌口碑を少しづつ読んでます

映画でも上映される小林雅文氏の本は、どうでしょうか?
マトリックスUから映画にはまってしまい上映予定等覗いていたら氏の作品があったもので・・・
完成後に色々あって氏も行方不明らしい


たしか、今月9日発売
ノロイ  小林雅文の取材ノート
氏の事は知らなかったけど購入予定でいます

18: 名前:小林雅文←is Dead? nnnn…NO!投稿日:2005/07/02(土) 15:32
えーっと。
小林雅文氏の著作と言われるものやサイト・ファンサイトBlogはガセ…というか、
映画の宣伝材料です。
小林雅文氏の存在自体が幻なんです。

ので、サイトにある著作もなければ、ファンサイトの活動も『仕込み』です。
更新日時や検索を利用して調べてみてください。
ちなみにこの話はかなり前から「ガセ」であることが判明しております。
(最近どっかで『鬼の首を取ったかのような』書き方をしている人が居ましたが、
それを含めて「ネタ」として楽しむのが「ノロイ」の正しい楽しみ方でしょうw
あ、私のこの書き込みも野暮ですね)

この手法は「ブレアウィッチプロジェクト」の場合に似ています。
(まんま模倣しているとも言えます。
悲しいのは、今更感と「ブレア〜」がTV・ネットを利用しているのに対して、
こちらはネットだけを利用していること(その内TVでもなんかやりそうですが)。

映画自体はセミドキュメンタリーということなのですが、どこからどこまでが
ドキュメンタリーなのか分かりませんw
笑って観る類の「ホラー(法螺)映画」ですね、これ。

参考として下のURLを。

映画「ノロイ」公式HP
http://www.no-ro-i.jp/ [source] [check]

小林雅文公式HP
http://koba1964.hp.infoseek.co.jp/ [source] [check]

ファンサイト
http://blog.livedoor.jp/kaikifan/ [source] [check]

ノロイ(これは角川が出す映画関連本でしょう)
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_search.php?pcd=200504000134 [source] [check]

19: 名前:シュウ投稿日:2005/07/02(土) 16:54
>>18
そうなんですかぁ

勉強不足でした

20: 名前:しのゆき投稿日:2005/07/02(土) 22:35
小林雅文さん?まったく知りませんでした・・広いですね、世間て。

んで、「超怖ドキミオン:日々狂々怪談日話」はあるんですよね?
最近本屋に行かなくて・・ドキドキ

21: 名前:天然投稿日:2005/07/24(日) 01:25
発売された怪談本リストです。

■さたなきあ著「怖すぎる話 本当にあった超怪奇譚」(ワニ文庫590円)
http://www.bk1.co.jp/product/2569710 [source] [check]

■平山 夢明著「ふりむいてはいけない」(ハルキ・ホラー文庫609円)
http://www.bk1.co.jp/product/2567735 [source] [check]

■平谷 美樹著「百物語 第4夜 実録怪談集 」(ハルキ・ホラー文庫609円)
http://www.bk1.co.jp/product/2567736 [source] [check]

3冊の中でさたなきあ氏の「怖すぎる話」は読了しました。
「怖すぎる話」はレベルは水準を保っていますが、友達の友達から聞いた話が
多くなっているのが気になりました。
それからokts氏のBlog「Individually Twisted:別館」(http://d.hatena.ne.jp/okts/ [source] [check])で
知ったのですが、「『超』怖い話」執筆メンバーだった方が実話怪談界に復帰します。

■蜂巣敦著「実話 怪奇譚」(ちくま文庫735円)
http://www.chikumashobo.co.jp/kinkan.html [source] [check]

22: 名前:""""ウ""""""""ァ""投稿日:2005/07/24(日) 05:49
29日のチョコワに期待するわ。

1: 名前:もーこちゃ投稿日:2005/07/25(月) 00:28
「日本の名随筆・怪談」を一生懸命に読んで辛かったので
「ふりむいてはいけない」でホッとしました。
要所?で字が強調されてて入り込み易くてラクでした。

なによりも写真が怖かったです。
あまりのあまりさにイラストかと思ってたら写真なんですね。凄い。
特アレとかアレとかは
ページをめくってズバーーーーンと目に入って正直固まりました。

1: 名前:さかピ投稿日:2005/07/27(水) 19:08
えー。ゼータですが、もう売ってますよ。
ただ今購入いたしました。
これから読みます。

とりあえずご報告まで。

2: 名前:匿名希望の星投稿日:2005/07/28(木) 10:18
さかピさんはゲットされましたか。いいな〜
昨日の昼間売っていたんだけ
今買うと仕事をサボって読みそうだから帰りにと思ったら・・・・
売れてしまっていました。
凄いぞゼータ。売れてまっせゼータ。

今日こそゲットします。

3: 名前:美棒投稿日:2005/07/28(木) 14:18
土曜日まで書店に取りに逝けない・・・・(涙。
さかピさんてば良いなぁ〜〜〜〜
匿名希望の星さんも頑張ってゲットして下さい♪

それより名前の前の番号(投稿者)何故か1が二つ?!
怪奇現象なのか?既に怪異が始まってるのか?!(笑

4: 名前:さかピ投稿日:2005/07/29(金) 02:22
匿名希望の星さん、やはり昨日売ってましたよね。
私は書店で見かけて一瞬、精神の統合が失調して幻覚を見ているのか、と怪しん
でしまいました。
しかし買ったはいいけど、いろいろ忙しくまだほとんど読めてません。あーあ。

美棒さん、ゼータ読む時、私のアタマの中の朗読を毒電波でそちらに飛ばします。
土曜まで。

で、ゼータの話題は専用スレを加藤さんが建てられましたので、そちらでするの
が妥当かと。
今日も微妙に仕切ってすいません!

5: 名前:高井投稿日:2005/07/29(金) 11:08
「呪われた写真―本当にあった恐怖体験!!」(広済堂ペーパーバックス)

今日Amazonから届きました。

紙の質が悪いので、「幽霊のお姿」がちとわかりにくいのが残念。
でも、暑い夏の日、冷たい麦茶を飲みながらのんびりと読む怪談本としては
ぴったりでございます。

6: 名前:天然投稿日:2005/07/30(土) 01:35
二冊の怪談本新刊情報を報告します。
まず、東京新聞出版局から山の不思議な話を集めた怪談集「山のミステリー」が発売されました。
(実はおとついネット・サーフィンした時にこんな本がでているのを知りました。)
「幽」で安雲潤平氏の「山の霊異記」の連載が始まりましたが、山の怪談は都会の怪談とは
違った怖さがあると思うので、これは押さえるつもりです。

■工藤 隆雄著「山のミステリー」( 東京新聞出版局1500円)
http://www.bk1.co.jp/product/2552526?partnerid=02goo03 [source] [check]

こちらには「山のミステリー」の書評があります。参考にどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/meitei_1804/e/6f61c15c03ab6c9c7e6f099e50fe782a [source] [check]

それから怪奇探偵小池壮彦氏のオフィシャルHP(http://officetk.fc2web.com/ [source] [check])の
情報によると、8月15日に学研から新刊がでるようです。書名から察すると、
去年学研から発売された「異界の扉」の続編的な怪談集のようです。

■小池壮彦著「真夜中の手紙 怪奇探偵の超常レポート」(学研1470円)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054028225/kaikitantei-22/249-2645798-5372356 [source] [check]

7: 名前:天然投稿日:2005/08/09(火) 01:27
「文藝百物語」のメンバー竹内“サイキック青年団”義和氏の怪談本が発売されました。

■竹内義和著「怪奇都市伝説」(メタモル出版1300円)
http://www.bk1.co.jp/product/2583166 [source] [check]

「文藝百物語」で語った「私にも聴かせて」の後日談が収録されています。
「怖い家」は幽霊屋敷怪談の傑作だと思います。

8: 名前:無縁仏投稿日:2005/08/13(土) 08:53
怪談本ではありませんが。
『第三回ビーケーワン怪談大賞』
http://www.bk1.co.jp/contents/kaidan/kaidan3_01.asp [source] [check]
「ぬくてる」氏としてさかピさんが佳作を受賞されてます。

『ねじれた人と折れた人』/ぬくてるさん
http://www.bk1.co.jp/contents/kaidan/kaidan3_kasaku07.asp [source] [check]

いた子28号氏のサイトで発覚したんですがw
「超」怖い話ファンから受賞者が出るというのはいいものですねぇ。
おめでとうございます。
http://z4242.com/ [source] [check]

9: 名前:""""ス""""R""""イ""""セ""投稿日:2005/08/13(土) 09:45
それはすばらしいことです!これからのご活躍に期待致します。

10: 名前:さかピ投稿日:2005/08/13(土) 13:12
無縁仏さま、""・"ス""・"R""・"イ""・"セ""さま、ありがとうございます。恐縮です。
発覚しちゃってすいません。いたこさんがあそこまで大々的に発表するとは
露知らず、思わず耳打ちしちゃいました。

選考過程をお読み頂ければ分りますが、福澤、加門両先生が候補を挙げ、重複
したものを残す、という方法になってまして、私のは「賞には達しないが、印象に
残った作品」で両先生に挙げられ、残りました。
トンボの切り方が上手かっただけで、スパーラッキーとしか言いようがありません。
今までに怪談で使われたことのない、オフビートな文体で怪談をやってみる、と
いうアイデアを未消化ですが使ってみたのがよかったようです。
これは加藤さんの「禍禍」とチャック・パラニュークをカンニングペーパーにしてます。
どうもすいません。
あ、加藤さんの「禍禍」は短いなかでインパクトを与える方法をいろいろパクれるから
いいですよ(おい。次回応募を考えている人はみんな買いましょう。

企画協賛誌『幽』から怪談グッズが貰えるらしいです。
楽しみです!この雑誌大好きでした!昔から!結婚して!

スレ汚しはここまでとして、みなさん、この夏の怪談本の話題をお続けください。
ちなみにモリニエのタトゥーを腰に入れた女性は実在します。

11: 名前:シュウ投稿日:2005/08/13(土) 19:46
蜂巣 敦氏の(実話 怪奇譚)を購入したのですが・・・
自分の思った内容と違いました

やはり『超』こわに戻ってきました
明日、遅ればせながら振り向いてはいけないを購入予定

12: 名前:もーこちゃ投稿日:2005/08/20(土) 00:05
小池壮彦著「真夜中の手紙 怪奇探偵の超常レポート」
最高でした。超ー最高でした。
引き出し広っ!と驚きましたよ。

カバーデザインがアレなので敬遠していたけど
評判が良いようなので読んでみたら
すんげー良かった朝業さんの本。
今年は出ないの?

13: 名前:""""ウ""""""""ァ""投稿日:2005/08/25(木) 09:29
9月30日の安藤君平+蜂巣敦はどんな内容ですか?

14: 名前:""""サ""""サ""""サ""""サ""""サ""投稿日:2005/08/25(木) 09:50
http://nums77.hp.infoseek.co.jp/ [source] [check]

15: 名前:ぶひぶひ投稿日:2005/08/30(火) 08:40
もーこちゃ様

「真夜中の手紙」、本屋になかったので、アマゾンで手に入れました。
いやー、面白かったです。相変わらず質が高いって感じですね。
前作の「異界の扉」も読んでないので探したのですが、どこも品切れ。
もう少し待てば入るでしょうか・・。
もーこちゃ様は「異界の扉」もお読みになりましたか?
もし、お読みでしたらご感想をお聞かせくださいませ。

16: 名前:もーこちゃ投稿日:2005/09/02(金) 00:29
ぶひぶひ様

なんか、こう、何を言ってもネタバレになりそうで自粛しますが
「異界の扉」はかなりお勧めです!
超怖とも新耳とも違うルポライター色が強めなとこが良いかんじ。

>もう少し待てば入るでしょうか・・

う〜ん...怪談本は絶版になりやすいので
今のうちに書店かオンラインショップで取り寄せたほうが良いと思います。
私も、なかなか書店でめぐりあわないわ〜と
痺れを切らして注文したら絶版で「ハイ〜↑?」って事がありました。

17: 名前:ぶひぶひ投稿日:2005/09/03(土) 14:11
もーこちゃ様

有難うございます。面白そうですね。うう、読みたい。

>今のうちに書店かオンラインショップで取り寄せたほうが良いと思います。

そのオンラインショップが全滅でした。
それで、一般の書店を回っていますが、真夜中の〜すら置いてない店が多く
発売からかなり過ぎた異界〜が、見つかるはずもなく・・。
アマゾンにないのに町の書店で取り寄せられるかしら・・。一応聞いてみます。

古書は楽天でもアマゾンでもあるようですが、基本的に古書はきらいなので
もう少し探してみます。

18: 名前:もーこちゃ投稿日:2005/09/03(土) 21:07
ぶひぶひ様

クロネコブックサービスにまだありましたよ!
http://market.bookservice.co.jp/top/index.html [source] [check]

新品だよ〜(*⌒▽⌒*)b

19: 名前:ぶひぶひ投稿日:2005/09/04(日) 00:39
もーこちゃ様

有難うございます〜。早速注文しました。
今も、あちこち探している最中でしたが
オンラインショップで検索しても黒猫はでてなかったんで
盲点でした。うっかりしてましたが助かりました!
ああ、嬉しい。楽しみです。

20: 名前:無縁仏投稿日:2005/09/04(日) 23:16
「真夜中の手紙」読みましたが・・私的にはちょっと・・な本でした。


怪談板(「超」怖い話他)→★移転しました★トップへ ▲カッ飛び先頭  全レスを表示



管理者 AZUKI 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --