KoMaDo   江古田!町内会BBS : 江古田板★バトルトークへ移行をお願いします  ■ Headline ■ HOME   

江古田板★バトルトークへ移行をお願いしますトップへ ▼カッ飛び最後  全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [最新レス]

  【がんばれ】江古田計画を勝手に応援【学生】

01: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/06(金) 12:59
江古田を盛り上げようという江古田三大学の学生による企画「江古田計画」について、「学生じゃないけど興味がある」「地域のオトナとして興味がある」方のご意見をお待ちしています。

関連URLは以下の通り。
◆江古田計画ホームページ(公式)http://ekodakeikaku.com/ [source] [check]
◆江古田計画を勝手に応援するページhttp://www.ekoda.org/ [source] [check]
◆勝手に応援するページのBBS(意見交換の記録)http://cgi.ekoda.org/user-cgi-bin/ir-i-bbs/ir-i-bbs.cgi [source] [check]
◆江古田計画オトナ部会スレhttp://www.ekoda.jp/cgi/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=ekoda&tn=0002 [source] [check]

02: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/07(土) 00:55
では、こちらに移行するとして。
江古田計画のホームページのBBSで展開しても良いかなと思いましたがこの場をお借りします。
江古田計画に参加している私 個人としての意見を、上手くまとめる自信はありませんが
皆様とお話できたらとおもいます。垣根を超えた意見を色々出して欲しいです。
どのように話を進めればよいのかわかりませんが、まず私から報告を。

・現在の江古田計画(以後”計画”)
ご指摘の通り学生は4年間で卒業するので、参加者も卒業や加入を繰り返し、今現在初代から参加しているのは1名のみになっています。
設立から2年以上経過して続けることの大切さ・難しさを実感しています。計画の根本的な目的は「学生で江古田を盛り上げる」ことです。
この目的は今も変わらず、しかしこの目的をどのような方法で実行していくのか。これがなかなか難しい。計画は自分たちも楽しみながら発信できる、且つ学生にしかできないことは何だろうか?
学生でなくとも出来ることは他に任せれば良い。学生や若い世代が求めるのは 面白いこと 格好良いこと 変わった趣向 流行にそったもの・・・(以上自問自答)
現在は一昨年から始めた「アートマーケット」を柱に活動しています。これは”アートな街”を江古田のイメージとしてそういった流れを創る事が出来たら面白いのでは ということで始めたわけですが、
このコンセプトは計画が 学生の視点で江古田というまちを考えたとき浮上したものです。ですから江古田の商店街や住民を納得させるに値する十分な説得力を持っていないかもしれません。
アートは江古田の性格の一つであり、計画はアートという切り口で江古田の側面の一つを表面化して内外に紹介していこうと考えているのです。
アートマーケットは後日改めて言及するとしましょう。
学生が江古田のまちを利用するのは、圧倒的に”食”が多いです。街に抱くイメージも世代によって違いますよね。
これ以上書くと長い文章になりそうなので、ここらでトピックを一つ。
皆さんが江古田のまちに抱くイメージとはどのようなものでしょうか?
んー、的を得ていない質問かもしれませんが、、、まずはこのくらいでいこうとおもいます。

03: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/07(土) 00:57
あらら、そういえば長いと省かれるの忘れていました。
今後は短く切りながら書きまーす。

04: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/07(土) 03:32
ここのBBSは携帯電話から利用している人もいまして、長くなると表示する文章が省略されますが、別に表示されなくなるわけではありませんので大丈夫です。

05: 名前:cat投稿日:2003/06/08(日) 18:57

>江古田計画第3世代さん

「江古田の学生」スレでも指摘されていましたが、やはり「アートは江古田の性格の一つ」と
規定してよいかどうかがポイントになると思います。日芸や武蔵野音大があることは、あまり
理由にならないでしょう。それって、大岡山に東工大があるから「テクノロジーは大岡山の性
格のひとつ」というようなものだからです。
ここがつめられないまま、「”アートな街”を江古田のイメージとしてそういった流れを創る」
という志に結びつけようとすると、いろいろと無理が生じるような気がします。(その志その
ものについては、ここでは措きます。)
人によっては、「学生で江古田を盛り上げる」のではなく、「学生が江古田で盛り上がってい
る(だけ)」という印象をお持ちになるかもしれません。

06: 名前:cat投稿日:2003/06/08(日) 18:59

で、ご質問の「江古田のまちに抱くイメージ」ですが、わたしにとっては、「美容院と接骨院
の街」です。(笑) いや、正確にはイメージではないですね。というのは、実地検分といく
つかの資料から、少なくとも(駅周辺500M圏内の密集度において)美容院の街であることは
「事実」だからです。
イメージということでいえば、家族という生活形態に即した商店街が発達した、しかし、急行
の止まらない(取り残された?)街というところでしょうか。でも、交通至便という部分も、
ちょっとあるかな。
大学は3つもありますが、学生街というイメージはありませんし、街/商店会の方でも大学/学
生には期待していないという印象があります。
そういえば、友人に地理学者がいるんですが、「下町的な風情がある」と評していたことを思
い出しました。対面のコミュニケーションがわりと機能していることを指していたようですが。

わたしは「(学生で)盛り上げる」ことは考えず、「(江古田という)街で/を遊ぶ」というこ
とで充分な気がしています。そこから「学生が元気な街」というイメージができるだけでも立
派なような...っていったら、「江古田計画」の意味がなくなっちゃいますね。m(_ _)m

07: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 01:21
>CATさん
江古田をアートという側面から盛り上げていく活動を計画では行っているわけですが、”「これが江古田だ!」という絶対的な意見の押しつけ”と解釈される可能性もあり、紙一重なのです。
計画の活動ですぐに 江古田の雰囲気が変わる と誰も思っていないし、アートがすごく発展するとも思いません。ただ、活動や発表の場を提供しているのです。
発表の場は他で探せばすぐ見つかるけれど、江古田でしか出来ないことをやろうということで計画は奮闘していますが、まだまだ”江古田らしさ”の実現が上手くいかない、、、
これはアートマーケットの課題です。次回の開催は約5ヶ月後になります。
上記の通り、計画の活動の目的は「江古田を盛り上げること」です。が、同時にそれは江古田で遊んでいるということです。計画が「楽しくないこと」を敬遠しているのはその為です。
これは語弊がありますが、計画が街の清掃など慈善活動を行わないのは、つまらないし、続かないからです。街を汚すのは学生かもしれませんが、それは個人の意識の問題です。
しかし、計画の活動が自己満足になっているという指摘もあるのが事実です。そうならないように、いかに街(商店会・住民)と協力していくか、外に発信していくかというのは今まさに計画の議論の的。

08: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 02:02
文が切れました。
>>議論の的なのです。
:美容院・接骨院(盲点だった)の街。 美容院は本当に多いですよね。3大学の学生に聞いても「食と髪の街」という答えが一般的です。
これを計画の活動に絡められないか?  過去に一度 北口にある一つの美容院で、第3回アートマーケットの出展者が店舗の一部をお借りして作品展を行いました。
計画でも出展する際にお手伝いをさせてもらいました。こういうものを 何とか増やして、宣伝していきたいと思います。協力して下さる一部の店舗 自治体から少しずつ始めれば、その後協力してもらえる所が増えるかもしれません。
基本的に 食・髪 を活動に絡めるのは難しいのです。ある一部のお店の利益が上がることは”計画の活動”としてふさわしくない。計画は商店が関連してしまうる企画には 間接的でしか関係を持ち得ません。
また、「お金」は常についてくる問題です。計画では商店/商店会の協力(協賛費という形)により活動しています。これは計画が終わらない限り変わらないと思います。
計画が 「何かやる」時には協賛費を集めると思います。ただ、ここで重要なのは 従来の形では集められない ということです。
協賛してもらう商店/会社 などには 厳正な会計報告、定期的な活動報告を基本として「常にコミュニケーションをとる」ことが絶対条件だと考えます。
もちろんこの条件というのは 今まで計画がきちんとしてこなかったことを議論した結果の答えです。
今のご時世どれだけ商売/経営が厳しいものかよくわかっているので お金を必要としない活動をするのが一番良いとおもいますが、ある程度の規模の しっかりした企画を実行する際にお金はどうしても必要になってしまいます。

09: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 02:17
:今後、商店会あるいは商店と どのように協力していくか
この答えは近い時間のうちに その方向といったものを発表出来ると思います。
詳細を言及する事はまだ無理ですが 動きがあることは確かです。

色々と一方的に書かせてもらいましたがこれで一応計画の流れを理解出来ると思います
長い文章を読んでくれた方 ありがとうございます

10: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 02:42
今だけで4つも書き込んでしまいましたが、許してください〜。
>CATさん
江古田が学生街ではないという認識をする人は少ない、もしくは半々くらいなのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
江古田が各メディアに取り上げられるときに「学生」という単語は必ず出るし、商店会(全部ではありません)では3大学の学生が大きく関係する街という印象を待たれている方もいるようです。
でも江古田の商店会と大学があまり相互に関与していないのは事実なので、そういう意見も出て当然ですよね。
第3者から江古田をみると、下町+学生街というイメージが多いかな、という感じがします。
>商店会/商店が学生に期待していない
ん〜。なんと返せばよいか(笑)期待して下さる方々も少しは存在するかも!?

11: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/06/10(火) 11:54
すごいねぇ、言い切っちゃったね。

>江古田計画が街の清掃など慈善活動を行わないのは、つまらないし、続かないからです。

「つまらない」って。
このようなサークル(団体)に「江古田を盛り上げる」とか言われても...(笑)。
HP見ると学生版NPO(民間非営利組織)とも言うべきプロジェクトとか何か仰々しく色々書かれてるけど。
区も町会も環境問題含めて街の事を色々考えて活動もしているしね。

自由に遊んでいるだけならとやかく言うつもりは無いですが、大義名分みたいな物を掲げているのはどーかと思いますよ。
ココを読んで、私はやはり一切の協力も協賛もしたくないと思いました。
だって知り合いでも無いし、何も関係無いんだもん。
資金援助によって金を産む(江古田の商圏での消費が上がる)モノなら大人もお金を出すでしょう。
協力、協賛してくれる所はたくさんあると思いますが、
資金援助している自治体、行政機関、組織など(店舗、企業などはイイです)を教えて下さい。
もし、私が支払った会費や税金などが、知らぬ間に利用されたくないので。
宜しくお願い致します。

12: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/06/10(火) 12:01
「学生に期待する」を説明しますね。

「学生の江古田の商圏での消費が上がるのを期待する」が基本ですね。
応用で「学生が発端で人が集まり江古田の商圏での消費が上がるのを期待する」ってのもありますね。
場合によっては「学生=大学」って見方もありますね。
商店や商店会から見たらこう言う事っすね。

江古田のイメージでゲーセンの街って言うのもあるみたいですよ。

13: 名前:あっちのスレの1投稿日:2003/06/10(火) 13:00
あまりにもバカバカしいコトになってますね。
くーだらない。

----------------------

計画の活動の目的っつーのは「江古田を盛り上げること」っつーか、まぁ、ぶっちゃけ「江古田で遊んでいる」ってことなんだけど、だから「楽しくないこと」はやりたくねぇのな。
で、街の清掃とか慈善活動を行わないのは、はっきりいって、つまらないし、続かねぇじゃん?
街を汚すのは学生かもしんねえけど、それはそいつらが悪いだけでウチらにはなにも関係ねぇじゃん?
でも俺達の活動が自己満って言われたらまぁ、その通りかもしんないけどね。
っつーかーそういうのは「学生でなくてもできること」じゃん?
俺達は「俺達にしかできねぇーこと」ってのがしたいわけ!!
おもれぇこと、カッコイイこと、かわったこと、流行ってること。そーゆーのがしたいのよ。
…で、今、アートマーケットを…あ、次のは5ヶ月後にやるからみんなきてね…やってるってワケ。
「アートな街」ってのは俺達学生の中から浮上してきた考え。
そりゃ中には「そーじゃねぇ」って人もいるだろうけどさ…。
すぐには結果はでないのはわかっているんだけど「今」、「学生」としての「俺達ができること」、「俺達にしかできないこと」、「俺達がやりたいこと」ってのはこれななんだよ。

ビッグなことをやるにはやっぱりお金が必要になってくるからさ、商店会からいかに集めるかってのが今後の課題。
「金がかからないことやりゃイイじゃん?」…って言うかもしんないけどはっきり言ってそんなのショボイじゃん?
やっぱ金は重要だよ。まぁ、今って不景気だからどこも苦しいってのは俺達だってわかってるんだよ、でもでかいことやるにはお金が必要ってのは避けようのない事実なのよ。

だから…

金 よ こ せ ゴ ル ァ !!

----------------------

こんな感じ?

14: 名前:あっちのスレの1投稿日:2003/06/10(火) 13:01
あ、長文すぎました。
スンマセン。

&スレ汚し重ね重ねスンマセン。

15: 名前:cat投稿日:2003/06/10(火) 14:36

>えこだの山賊さん

まぁまぁ。(笑) 江古田計画第3世代さんは、個人の立場で発言されているわけですよね。
それを公式見解のように受けとめてしまっては、江古田計画第3世代さんとしても、これ
から書き込みがしにくくなると思います。

>江古田計画第3世代さん

「つまらないし、続かない」ことには手を出さないという点についてですが、ひとつの方
策として理解はできます。大学におけるサークル活動の低迷という現状からいって、実際
的な判断だと思います。
ただ、そのときに「学生版NPO(民間非営利組織)とも言うべきプロジェクト」という文言
とのギャップを感じる方は、江古田の山賊さんだけではないと思います。

16: 名前:cat投稿日:2003/06/10(火) 14:37
エ〜ト、実は、相変わらずの体調不良であんまり頭が働きません。本質的な討議は別の方に
お任せして、とりあえず、ご質問にお答えしておきます。

>>10

>江古田が学生街ではないという認識をする人は少ない、もしくは半々くらいなのではない
>かと思いますが、いかがでしょうか?

わかりません。リサーチしたことがありませんし、納得できるデータに出会ったこともない
ので。 ← って、回答になっていませんね。m(_ _)m

>江古田が各メディアに取り上げられるときに

マスメディアの送り手は忙しいので、ステレオタイプな表現や目につく部分を抜き出して評
することが多いと思います。そして、それが街の実勢や住人・利用者の実感とマッチしてい
るかどうかは難しいところではないでしょうか。
 ex. 「東京コアタウン」(C)東京ウォーカー (^_^;

>商店会(略)では3大学の学生が大きく関係する街という印象を待たれている方もいるよう

ここでいう「関係」って、「売り上げ」のことですよね、十中八九。えこだの山賊さんもお
書きのように、学生は消費者としてそれなりの位置にあるとは思います。
ただ、それをもって「学生街」といっていいかどうかは、ちょっと疑問です。

江古田計画第3世代さんは、メディアの表現(が持つ影響力)と一部の商店主の方の発言から
推測されていらっしゃいますが、↑の理由から、わたしは「わからない」という態度を維持し
ます。

>第3者から江古田をみると、下町+学生街というイメージが多いかな、という感じがします。

ウ〜ン。それは「アド街っく天国」での「江古田=芸術市場」ってキャッチそのままでわ?

17: 名前:cat投稿日:2003/06/10(火) 14:38

>あっちのスレの1 さん

まぁまぁ。(爆笑)

18: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 21:38
冒頭から言っているように、これはあくまで個人的見解ですので。
清掃などがつまらない という極論は自分一人の意見だとおもいます。計画の話し合いの中では何度も「掃除をしたらどうか」という意見が出ますが、いつも「ただ掃除をしたのではつまらない」という結論になります。
突き詰めれば 何かイベントをしながら掃除 というのがありますが、(当然イベントの場所はいつも掃除して撤収しています)、”江古田”を拠点としている以上、やるなら徹底的に全部の商店会をまわることになり、広大な土地を掃除しながら歩き回るのは不可能です。
4月に広島での”学生と街づくりシンポジウム”というものに出席した際、全国から集まった団体で 街を清掃する団体が2つ出席していました。話を聞いたところ、 その2つの団体はいずれもには運営資金以外に 個人への報酬(給料?)を自治体からもらっているということでした。
清掃という労働に対しての給料が発生していることに驚きましたが、青年商工会議所(?)の方も「こうしないと学生はやってくれない」と言っていました。
このように 純粋な清掃 に対しては学生にとって抵抗があるのが正直な反応だと思います。単発でなら出来なくもないですが続けるとなるときついです。
学生版NPO という単語が不適切なら削除するべきですね。江古田で遊んで盛り上げるという活動はNPOというものにあてはまらないかもしれません。
別のBBSの幾つかの書き込みには 交通整理 清掃 などをする団体と解釈されていたりしますが、計画のメンバーは自分たちをそういうことをする団体だとは考えていないはずです。

>えこだの山賊 さん
昨年4月に江古田計画クリアファイルを作成した際に、商店会から制作費を協力していただきました。
それ以外は何ももらっていません。商店会という母体は自治体とはいえませんか?すみません、間違えました。商店会のことを指しています。
協賛するしない の問題ですが、計画では「協賛しろよ」と強要するつもりは全くありませんので、もし今後 計画が訪問したときに断ってください。
商店は、直接に利益が上がらないなら協賛しない という方が多いです。計画はお店の利益を直接上げることはできませんし。
長い目で こういう学生の動きを応援してほしいのです。お金はもらえなくても 意見や、例えば広告のフライヤーをお店に置かせてもらえるだけでも構いません、それだけでも十分協力してもらったことになります。
血眼になって活動しているわけではなく、学業の傍らでやっていることですので、金くれ金くれ と激しい攻防を繰り広げる気は毛頭ないのです。良いスタンスを保ちながら、協力していくことができませんか?

19: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 21:40
>あっちのスレの1 さん
まぁまぁ。(苦笑) 言葉は大切ですよ。こういう反応に慣れていません。
NETの世界が完全に匿名の世界なので 怖いことだと思います。

20: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 21:46
>えこだの山賊 さん
追記で。昨年のクリアファイル制作時の商店会の協賛は、商店会内の回覧板や会計報告の際に記載してあったはずです。

21: 名前:中村克也投稿日:2003/06/10(火) 21:54
>19
じゃぁ、本名で書いてやるよ。(笑

22: 名前:中村克也投稿日:2003/06/10(火) 21:59
>江古田計画第3世代(匿名)さん

…で、俺の13での「翻訳」間違ってる?
君の言い回しまわりくどいけど言ってる内容はこの程度なんだぜ?

23: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 22:12
???コ克也 さん
返信早いですね。
要約ありがとう。

24: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/06/10(火) 22:24
そのころ日大通り商店会にいたけど来たかな?
今は無いんだ。
まぁ、今後なにかあったらその時、その内容で判断するよ。
今回の場所では「街路灯会」にしか参加してないから直接店に来てもらわない限り関係ないかもね。

ところで江古田計画第3世代さんは江古田計画の看板背負って、
個人の意見でココでここまで言っちゃっているんだ(君の責任重いよ)。
取りあえず本体(江古田計画)の考えは聞けて無いけど、
これだけ私が書いた事に本体の回答が無い限り、ただの3大学合同のサークルと思うしかないですね。
学生さんのサークル(テニス・サークルとかさぁ)にとやかく言うのもなんなんで、
また何かかかわりが出来た時にでも判断するよ。

続きが話したかったら呼び出してね、ココ見てるから。
バイバイ。

25: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 22:33
>CAT さん
私自身も根拠のあるデータをもっていないので、何が多数なのか、わかりません。
メディアのステレオタイプの報道を完全に真に受けているわけでもありませんし、アド街ック天国は見ていません。
私が学生だから3大学のまちと思っているのだとおもいます。どうやら これだ! という大多数のものは”美容院と食”だけみたいですね。
「学生街」とは言い切れないようなので、考えを改めることにします。

26: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 22:58
私の報告に対するレスポンスだけで終わってしまいそうな予感がします。
もともと学生への意見の掲示板での誤解などを見てこれじゃいけないと思い書き込んだわけですが
みなさんの書き込みで推測すると学生や、計画に対して最初から批判的な立場のようですね。
とにかくここで糸が切れてしまっては話も出来なくなってしまいそうな感じが、、、
色々な人からの意見を望みます。

27: 名前:こばやし投稿日:2003/06/10(火) 23:33
>>26
江古田計画3世代目さんの書き込みは、「報告」と言うよりも「個人的な意見」ではないでしょうか?
かつ、推測で他人の立場を語るのもどうかと思いますよ。
もうひとつ、「色々な人からの意見を望みます。」ではなくて、「皆様からのご意見を賜りたく思います。」では?
少なくとも、文字のみでやり取りされるBBS、書き方によって悪い印象を受ける人もいます。
また、その人の知的水準を判断する人もいます。
ワタクシも、そのひとりかもしれません。

28: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/10(火) 23:47
>こばやし さん
今までの自分の書き込みを見返すと、まったくもって個人的な意見ですね。
何とか計画の活動を知ってもらおうと努力したのですが、作文すら出来なくてすみません。
そして書き込んで下さる方々以外にもこのトピックを見守ってくれている人がいることを考えていませんでした。
動揺していました。乱雑な文章の応酬があったので、少しの間息抜きをしたいと思います。

皆様からの御意見を賜りたく思います。

29: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/10(火) 23:59
僕は「江古田計画」は、団体とか学生版NPOではなく、「サークル」と位置づけています。

江古田にたまたま大学が三つもあり、それなりに伝統や歴史もある。そうした三大学の学生さんが、横のつながりを持とうというのは楽しそうでもあるし、有意義なことだと思います。
ですから、「三大学という縦糸を、江古田(地域)という横糸で結ぶ→その結果、三大学の学生さんの交流と結束が高まる」という意義は認めたいと思います。
また、「江古田という街に対して何らかの思い入れがあり、江古田の存在のアピール(それは母校の所在地の喧伝でもありますね)を強めたい」という気持ちも理解できます。

ただ、ここまでは「理念」と「サークルとしての江古田計画が成立する前提」程度の問題に過ぎません。
理念がいいから、その理念に基づくすべての行動を、無制限にウェルカムという訳にはいきません。

行動・活動をするに当たってよく関係者の方々からの意見として耳にしたもので、僕がその折りに疑問に感じたことを挙げます。
1●「学生だから、学業の傍らにやっている(だから自ずと限界がある)」→だから大目に見て欲しい
2●「地元の商店街、自治会、商工会議所(行政)の賛同を得ている」→だから商店街/自治会に属している各店舗は、商店の上位組織の決定に準じ、商工会議所(行政)の方針に準じるべきである
3●「おもしろくないことは続かないので、そうでないことはやりたくない」→だから努力はしない

(1)は正論かもしれないけど、自分たちで言うコトじゃないでしょう。もしくは「自ずと限界がありますが、それを解決する方法をいろいろ提示/実践していきます」というところまで言わないと協力/協賛は得られないのでは?
(2)は、「上の了解を取り付けたら、下(所属者や住民や)はその言い分に従え」と言っているように聞こえていますよ。
(3)は「努力しない」と断言しているのと同じなわけで。「おもしろさ」というのは、何にでもありますし、おもしろいことにも「しんどいこと」「辛いこと」はあります。しんどくても辛くてもおもしろかったら乗り切れる。でも、おもしろさ/深みを自力で見つけられない人(それを見出す努力のない人)に何か期待して大丈夫なんだろうか、とか。

30: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 00:09
もし、「サークル・江古田計画」が、商店街・自治会・行政・住民に金銭的な依存(協賛というのは寄付ですから)をせず、なおかつ協賛/協力が「許可を得る」以上の負担をかけないものであるなら、特にコメントすることはありません。
ですが、「学生が勝手にやって終わる計画」なら、「江古田の」という冠は外すべきでしょうね。
それこそ「そういう見方もあるね。がんばれ。僕はここで見てるから」です。

それが地元商店の金銭的な援助や、地元住民の「盛り上げていこう」という有形無形の援助がなければ成立しない計画(学生以外の協力が必要な計画)であるなら、きちんと考えなければならないことがいくつかあると思います。
これまでにも何度か提言してきたことですが、そのポイントを以下に述べます。

●理念をもっと具体的に。
●理念の実現によって得られる「利益(収益・金銭的なもの、または金銭以外に明確にメリットだと定義できる事柄)」を文章で、誰でも見られるところに掲示する
●責任者の連絡先(メールアドレスでも結構です)を明らかに。
●協賛している方(の、屋号/立場・役職)を明らかに。
●お金の流れ(コストや収支)を明らかに。
●リアルタイム……とは言わないが、公開質問に対して迅速な質疑応答を担当する広報担当者を決めておく。

他にもあると思いますが、ざっと思いつくだけでもこれだけは必要です。

31: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 00:19
僕は以前、江古田計画の第一世代の方々の説明から、「江古田計画」とは、江古田をどうにかする計画なのではなく【江古田計画】というブランド/CIを新造する計画なのだという印象を得ました。
つまり、「江古田ありき」ではなく、「江古田計画」というブランドの価値を高めるために、「江古田という学生街」を利用しよう、という考え方ですね。
最初のステッカー/シールや江古田計画袋はそういう意図があったことは明確と思います。
「まずは江古田計画を知って貰うことが大切だから」とは、第一世代の方々にクチ酸っぱくご説明いただいたセリフですし。

確かに、「行動を起こすに当たって、集団/組織そのものの認知度を高める」ことにメリットはあります。
一介の学生が何か言うより、「母集団としての組織名」に「認知度の高いブランド性」があれば、母集団に属する学生の発言力は増しますし、何かことを起こしたときに実現させやすくなる、という利点がありますから。

ただ、そういった「母集団のブランド性」というのは、何らかの実績に基づくモノでなければ無意味なのではないでしょうか。
ユニクロにブランド性があるのは、「ユニクロといったら安売り。安売りで評価されたから、ユニクロにはブランド性がある」わけですよね。
でも、江古田計画がやっていることを今のユニクロの例に例えるなら、「ユニクロというブランドを始めました。今後、安売りをしていく予定ですが、その第一歩として、ユニクロといえば安売りだということを先に認知して欲しいと思っています」という宣伝に過ぎません。つまりは、実体がないか不明確なのに、それに伴うイメージだけを定着させようとしているわけです。
これでは人は付いてきません。

その実体の部分として、現時点では「アートによって江古田を盛り上げよう。そのためにアートマーケットを開催する」という手法を取っておられますね。
ですが、現時点では「アートマーケット」と「それが江古田でなければならない理由」の間に乖離があります。江古田計画ではなく「アートマーケット計画」でも問題ないようにも見えます。
つまりは、江古田の名前を借りてはいるものの、ブランドとしても成立しているとは言い難いわけで。

32: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 00:33
江古田計画がまずすべきことについて、外部から同時に「(地域としての)江古田に住んでいる人間」「江古田に関連したコンテンツを扱っている人間」という立場から考えてみたいと思います。

catさんは「客観的な事実として、江古田は美容院と接骨院の街である」と述べておられます。
これはcatさんのページをご覧頂ければおわかりになる通り、catさんの調査と分析に基づいて得られたフィールドワークの結果によるもので、江古田を表すひとつの側面として信頼できると思います。
僕は江古田飲み食いランキング2の管理を通じて、江古田の店舗(特に飲食店と美容院)の多さについて痛感しています。この狭い街に700軒以上(延べ数ですが)が存在していることも、江古田を表す客観的な側面のひとつでしょう。
このように、catさんの研究(といっても過言ではないと思いますが)も、江古田飲み食いランキング2も、どちらも「まず江古田という事象そのものありき」から入り、「つまりは江古田とは何なのか」を自問することから始まっています。

では、ここで問いたいのですが、「サークル・江古田計画」にとって、「江古田」とはなんですか?
「江古田にこうなってほしい」という前に、江古田計画にとって江古田はどんな街であるように思えているのでしょうか?
「学生街」でしょうか?
それは、昼間の街を成立させる人口比として学生の密度が高く、学生が消費を行うことで商店街が潤う(=商店街は学生によって命脈を繋いでいる)という認識からでしょうか?
学生は商店街を食わせているのだから、学生の振るまいや計画について「学生で潤っているはずの商店街は協力して当然である」と考えてはいませんか?
そこまでお考えかどうかは僕には判断しかねますが、もしそういう腹づもりがあるのならそれはそれで「学生と商店街は対等な関係」とは言えないし、商店街の方々からの快い協賛は得にくいのではないでしょうか。

誠実さというのは、「おもしろいかどうか」の対極にあるものではありません。
「ふまじめなことを誠実にやれば」評価も違ってくると思います。
また、「おもしろさを説明できれば」評価も違ってくると思います。
今はまじめでやる気があっても誠実さが見えない。おもしろさを追求しているようではあるけど、おもしろさを説明できていない(だから協賛が、【増えない】のです。協賛1でも協賛はゼロではない。でも協賛が100にならなければ、意味ない。わかりますよね)。

少し主張が散らばってしまいました。
まとめますと、
「江古田計画から見た江古田とは(江古田の定義を明確にする)」
「前提をふまえた上でやりたいことを具体的に説明する」
「やりたいことの持つ【おもしろさ】を具体的に説明する」
「【おもしろさ】が協賛者(商店街や地元住民)にもたらす利益/メリットを具体的に説明する」

まずはこのあたりから入っていくのがよいのではないでしょうか。

33: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 00:49
catさんの業績(笑)について、補足したいと思います。
すでにご覧になっているものとは思いますが、念のため。
http://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/2835/ekoda/ekoda.html [source] [check]

それから、アートマーケットについて。
「江古田をアートの街として、江古田以外の人に認知させたい」というのが、アートマーケットを通じての江古田計画の「計画のひとつ」なのだろうと愚考します。
が。江古田ってアートな街ですか? 小竹通り、日芸通り、江古田銀座の一部のシャッターにペンキ画がありますが、それのみをとって「アート」というのはどうでしょう。
「今後アートが増えていく予定」というのであれば、それはますます前述の「ユニクロの例え」と同じなのでは。
住民や商店主、商店街が「学生がアートを街に作ることに寛容であること」と「住民、商店主、商店街自身がアーティスティックであること」はイコールではありません。

「江古田はアートの街」を謳うとき、アートの担い手が学生だけだとしたら、それでは「江古田は」という冠を付けるのには語弊があるのではありませんか?
住民も商店主もアートには「実質、無関係」で、学生だけ(それも一部の)がそれをしている状態で、「江古田を盛り上げた」と言えるのでしょうか。
その意味で、アートマーケットは「フリマに毛が生えたようなもの」以上でも以下でもないように思います。アートマーケットをして「江古田をアートな街として……」というのはツライかな、と。

34: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 01:02
さて、アートについてもうひとつ。

近代アートといえばアンディ・ウォーホールなどが有名ですが、そのあたりから登場したものに「参加型アート」もしくは「鑑賞者が参加することによって生成され、変化していくアート」というような感じのジャンルがありませんでしたか?
浅学なものですから正式な呼称についての知識はないのですが、かつて師事していた先生の個展を拝見した折り、そうしたコンセプトの「アート」の展示がありました。
それは「小さな紙飛行機をたくさん作っておき、鑑賞者には自由にそれを【作品の中】に向かって飛ばして貰う」というようなものだったと記憶しています(何しろ20年くらい前のモノなので記憶もあやふやですが(^^;))。
アンディ・ウォーホールの作品にも「銀色の雲」という作品があったと思いますが、そのバリエーションもしくは類似手法によるものといってもよいのかもしれません(鑑賞者が鑑賞・参加することでアートの形状が変化する、という)。

それを江古田でやったら?
そのような、商店主、商店街の許可が必要で、なおかつ住民(商店主や住んでいるだけの人、子供など地元民一切を含みます)の自由な参加によって完成/進化する「アート」であるなら、話題性もありますしおもしろさを「手にとって感じる」こともできます。
そうした「学生が主導し、商店街の許可/協力と、住民の参加があって初めて完成するアート」を前面に押し出せば、(モノが大きく地域を巻き込むものになるだけに)注目もされるでしょうし、「江古田はアート」「江古田のすべてがアート」という看板にも箔は増えることではないでしょうか。

現時点のアートマーケットは、主催者、もしくは参加者の「個々のアートをバラバラに集めている」という意味では、エゴの寄せ集めであるようにしか見えません(すみません)。
「アート」にどうしてもこだわりたいなら、「江古田でなければならない理由」「協力してくれたのが江古田であること」など、プライオリティをはっきりさせるべきではないでしょうか。

35: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/06/11(水) 10:21
また来ちゃった。(バイバイとか言っていたのにゴメンネ)
私のも「乱雑な文章の応酬」に入っちゃうのかな?
熱いウチに書き込んで失敗した(反省)。
AZUKIさんの書き込み見てて我にかえって気がついたけど(笑)、
私なんかは実は第3者では無く「29:」で書かれてる様に地元の商店として当事者なんすよね。
>>29-32
これらに関しては私もほぼ同意見です。
わかりやすく書いてくださってAZUKIさんありがとうございます。
地元の商店(ちゃんと名前出してる意気込みを理解してね)として、
納得出来ない事をちゃんと言いたかったので、熱くなり過ぎてたかもしれませんね。m(_ _)m

36: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:25
たまにはマジレス …っていつもマジレスなんですけどね(笑

江古田計画を勝手に応援するページに
>「江古田の商店街(コンビニ、ファースト フード除く)をほとんど 利用したことがない」学生が、半数以上を占める
とあるのですがこの時点で「学生の街」というのはないのでは?…と。
ただ「3つ大学がある街」でしかない。
外部に「江古田という街」を知らしめるより先にまず江古田に集まる学生達に「江古田という街」に目を向けさせるべきなのでは?
(若マスさんによる)ページを読む限りではそういう感じではあったみたいですが
オフィシャル(?)ページを読むと今ではどうも違うみたいですね。

「アートな街」云々にいたっては本人がそう言いたいのであれば別にいいのでは?…と思います。
それが「アートマーケット」となるとちと「?」ですが。
僕個人としては「アートな街」というより「サブカルな街」って感じかな?
マンガ家さん、ライターさん、などが地味に多いですよね。
まぁ、「実は江古田在住」って人が多いのでそんなに目立ってないですけどね…。
(今、江古田在住を表に出してるのって小田原ドラゴンくらいか?)

37: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:26
続き。

>計画の話し合いの中では何度も「掃除をしたらどうか」という意見が出ます
コレ結構な救いかな…と。
毎度毎度却下されちゃうみたいですけど…(苦笑
…しかも相当下らない理由で。

>学生や、計画に対して最初から批判的な立場
江古田計画第3世代くんの発言(02,07)でとどめを刺したという感じなのですが…。
批判的な意見は多いけどフォローどころかとどめになっているかな…と。
どうですか?
山賊さんも書いているように個人の意見とはいえ「江古田計画」を名乗っている以上…(略
僕が心配することじゃないけど他のメンバーに怒られない?
ついでいうと28の書き込みも「だめ押し」っぽいですよ。

ところで「何をするか?」の話し合いはしているけど「どうしたいか?」というのはちゃんとやっていない気がするのですが。
コンセプト(たとえ絵空事でも)が見えていない状態で何かしても先には進まないよ。

…ところで僕の名前文字バケしてるの?

38: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:29
>>34
それは江古田計画が「アート集団」なのか「アートプロデュース(キュレーション?)集団」かで違ってきますよね。
「ブランド」って話しもあるみたいですが。

※「銀色の雲」は今ICC行くと見れます。(E.A.T.>>http://www.ntticc.jp/ [source] [check])
あーゆートコで見ちゃうと非常にガッカリな感じですけど…(笑

「江古田計画」と「学生」の間に距離というかズレを感じるのは僕だけでしょうか?
「学生である江古田計画」が動いているのですが他の「学生」に興味をもたれていない…というか。
外部や商店よりまず内部に目を向けないと何も始まらないかな…と。

39: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:35
>>38
あ、URL間違えたです。
>>http://www.ntticc.or.jp/ [source] [check]

すみません。

40: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/06/11(水) 13:23
応援してるよぉ〜、まったりとね。チラシとか配りに来なさいな。
ていうかウチ−Cafe FLYING TEAPOTでイベントやる学生さんはアンマいないね、トホホ。
でも、ウチウチで小さくまとまっちゃってるみたいで、もったいないぞぉ。
フリーペーパーみたいの作って江古田じゃないとこで置いて貰うとか、
他の街でやっているイベントとかに参加するとか、雑誌とかにガンガン投稿しちゃうとかしないの。

アートといえば、江古田に住んでいる舞台芸術学院のOBが中心となってウチでよくイベントをやるんだけど、
次回のタイトルはナント「江古田国際芸術祭」(8/23&9/8)、
フラチなヤツラですね、勢いは抜群ですが。
出し物は芝居と自主映画と民族音楽などだそうですが、どこが国際で芸術なのか...
まぁ見てのお楽しみ。

41: 名前:"若マス"投稿日:2003/06/11(水) 16:50
>>江古田計画を勝手に応援するページに
>>>「江古田の商店街(コンビニ、ファースト フード除く)をほとんど 利用したことがない」学生が、半数以上を占める
>>とあるのですがこの時点で「学生の街」というのはないのでは?…と。
>>ただ「3つ大学がある街」でしかない。
>>外部に「江古田という街」を知らしめるより先にまず江古田に集まる学生達に「江古田という街」に目を向けさせるべきなのでは?

あのHPは「江古田計画」の一番最初の段階で江古田の商店に配られたものを拝借して書いた物です。
学生に江古田を知ってもらうために企画されたのが「江古田袋」
中に協賛してもらった商店の記載されたマップを入れて配っていたり
マップの商店に学生さんが行って買い物をされたら袋を渡すみたいな・・・・・。
結果、袋が残っているとか会計報告がなかなかされなかったとか
賛否両論?ありましたが最初ということでまぁそんな物かと・・・・・。
それに懲りてか次年度新入生や新しく江古田で生活を始める学生さん達への江古田を認知させていくみたいな事がなくなっちゃったのかな・・・・・・。
失敗を反省し次回に活かして継続していってほしかった企画かな。

初心に帰って学生生活を送る場としての「江古田」を先ず学生さんに知ってもらい
江古田を好きになってもらおうみたいな気持ちを大事にして欲しいな。
若いんだから失敗を恐れずに、就職活動するときに「江古田計画」に参加していましたみたいなことを
言ったら、面接官なりに「あ、あの計画に参加していたんだ」位言わせる人たちになってもらいたいと思います。
いい所は伸ばして悪い所は反省して直して向上して行こう。
まだまだ結果がすぐに出るみたいな事はないけど、周りの大人は手厳しいかもしれないけど
挫けずに頑張って欲しいな。
将来、胸を張って言える「江古田計画」って格好いいじゃん。
期待しているよ。

42: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 16:53
今、発言されている方々の立場の整理と、「江古田計画第三世代さん」の位置づけについて。

えこだの山賊さんは「江古田の商店主」といういわば「商店街の当事者」のお立場から。
catさんは「江古田の観察者兼元々江古田住民(かなり長い(笑)」のお立場から。
飛茶瓶洞主さんは「江古田の商店主であり、元々江古田に長く住んでいる住民」のお立場から。
こばやしさん、中村克也さんは、それぞれ「上京してからもしくは社会人になってから江古田に住んでいる住人(入植組?(^^;))」のお立場から。
僕の場合、江古田歴は18年ほどになりますが、一応は「江古田入植組の長いの兼江古田の飲食店情報サイト管理人」の立場から。

上記発言者に共通するのは、江古田計画に批判的なこと、というだけではありません。
少なくとも、えこだの山賊さん、飛茶瓶洞主さんは江古田の商店主という当事者のお立場です。懐疑派と応援派の違い(笑)はありますが、「学生がしようとすること」に無関心/無干渉ではない貴重な方々だと思います。
その他の江古田住民には、「もともと江古田生まれ江古田育ちの江古田原住民派」と、「上京後、就職後に江古田に住み着いた入植組」がありますが、いずれもこのスレで発言をなさっている以上、「(普通よりは)江古田好き/江古田に興味を持っている人」と判断してよいでしょう。

その上で、江古田計画第三世代さんがどんなお立場かと言えば「江古田計画の参加メンバー」であり、「計画に賛同している学生」でもあります。
もちろん、公式に江古田計画の代弁者としてここにいるわけではないのは承知していますが、少なくとも「外部の人間」よりは江古田計画の趣旨に精通しているだろうと思われても仕方ないと思います。
また、江古田計画の趣旨について(それが個人としての解釈であったとしても)、外部の人間に説明する努力を怠ってはならないと思います(ここで失言すれば、江古田計画へのダメージも少なからずあるわけで)。

過去に、江古田計画についての議論が起こるたびに、「総意を得られているわけではないので、個人としての発言である」または「自分はそう考えているが皆が同じ意見ではない」という発言を伺ってきました。(国会答弁の逃げみたいですが(^^;))
もちろん、「個人として」の立場からの発言であっても歓迎したいと思います。
しかし、個人としての発言ならば、以下についてはお答えいただけるものと思います。
「個人としては江古田計画に対してどういう解釈、どういう理解のもとに支持しているのか」
「そこから自分や協賛者がどんなメリットを得られると第三世代さんご自身は考えているのか」
「それを説明できるかどうか」

43: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 16:53
厳しい言い方になることをお許し頂きたいのですが、「アート」もしくは「芸術」を志す方の中には「文言を呈して説明しなくても通じるのがアートであり、それが理解できる人間は魂の価値が高い」と言わんばかりの高慢さがあるように感じることがあります。
同じ事が江古田計画にも言えます。
「計画の意図について説明しなくても通じる、【アーティスト】にだけ受け入れられればいい」
「批判的な人間の批判的な発言はアートを理解できていないからだ」
「説明が必要な人間には、アートの価値はわからない」
「我々(計画)はアートに理解のあるアーティストだから、アートに理解のない魂の卑しい連中に対して、必死に言い訳をする必要はない」
本意がどうであれ、現時点までの江古田計画及び関係者の取ってきた態度を、【外部】から見るとそう見えます。

商店街の会合での説明会なり、商店主に対しての説明なり、もしくは「シンポジウム」での発表なりが、「すべて」ではありません。
協賛/協力を求めるのであれば、もっと広く門戸を開き、もっと多くの人にも同意を得る努力をすべきではないでしょうか。
批判者の声に耳を塞ぐのではなく、「個人として」ではありますが反論ないし意見聴取をしようとしている第三世代さんの姿勢については、僕は少なからず期待をしてはいます。

が、江古田計画が個人のアートではなく集団(サークルなり組織なり)としてのものであり、なおかつ多数の賛同者を必要とするものであるなら、「一人でもわかってくれる人がいるなら、100人がわかってくれなくてもいい」という【芸術家気取り】の気持ちは捨て去るべきでしょう。
多くの優れた芸術家は、同時に「強力(資金的にも発言力も)なスポンサーを得る努力」をしていました。
それはルネサンス期の話というだけではなかったと思います(教会の発注を得るさらに昔のケースもそうだし、賛同者を得ないと実現できない大規模な近代アートの場合でも、企業、地域の協力を取り付けることは必然でした)。

江古田で何かするに当たって、江古田の商店主、商店街、商工会議所(行政)の協力を仰ぐのは当然ですが、そこで努力を怠ってしまうと「江古田に住んでいる住民(商店主以外)」という層は仲間はずれか「無関心」で終わってしまうことでしょう。
「江古田板のスレ住人(^^;)は、期待していないのに勝手に計画に口出しをしてくる」という迷惑心はお持ちでしょうが(^^;)、それは裏を返すと「誰も江古田を盛りあげてくれなんて頼んでないのに、江古田計画は勝手に江古田に口を出してくる」というオウム返しをそのまま食らってしまうことにもなりかねません。

相互理解には立場と趣旨の解説が必須です。
どうか、息長く説明を続け、一人でも多くの賛同者を得る努力をしてください。
おもしろくないことだから続かないかもしれませんが。

44: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 17:06
「江古田を誰に知ってもらうか」について。

江古田計画の趣旨に「江古田の認知度を高める」というものがありました。
これについてですが、江古田に対する認知を高める必要がある人が誰なのかというターゲットを整理する必要はあると思います。

>>41で若マスものべていますが、
>「江古田について知らない新入生/教養を終えて移ってきた学生に、江古田とはこんな街だ」ということを知らしめる。
これについては、メリットを十分説明できると思います。
1)江古田に対して無知な新入生等に江古田情報を提供する>新入生にメリット
2)紹介される側の商店街は、新入生という新たなマーケットに対して露出する機械を得る>商店主/商店街にメリット
つまりはタウンガイドかそれに準じたものになると思いますが(例としては、武蔵野音大の「江古田map http://www.ekoda.jp/town/moem.htm [source] [check]」や、catさんのご研究、当・飲み食いランキングなどがそれに当たると思います)、実用性と江古田の認知、メリットの全ての点が満たされています。

続いて。
>江古田についての無知である、江古田在住の住民(新規入植組)に対するアピール
これは前述の「新入生向け」のものにも通じますが、江古田にすでに住んでいる人に対して「江古田再発見」を促すものになるでしょう。

ここまでは、「まず江古田について、江古田に住む者が理解し、江古田をよく知ること」を促すものです。
次に必要なのは、
>江古田という存在を、江古田に住んでいない人にアピール
が必要となります。

江古田計画が目指しているのは、この「江古田以外の人へのアピール」だと思うのですが、先に述べた「新入生/入植組(これには原住民も含まれますが)」に対しての「江古田を知らしめる」努力が不十分なまま、誰もよく知らない江古田に「江古田はアートの街」という勝手な肩書きを付けてしまうのは、時期尚早ではないでしょうか。
江古田がアートの街だというのが、新入生/住民(商店主含む)の共通認識になっていない状態で、江古田計画の規定した「アートの街江古田」というイメージを江古田の外にアピールしようとしたら、共通認識のない「アートかどうかわからない江古田に住んでいる人々」から反発や戸惑いが出るのが当然だと思います。

45: 名前:cat投稿日:2003/06/11(水) 17:10
あ〜、なんか皆さん親切ですねぇ。これじゃ、そっけないRESに終始した
わたしが、とんでもなくイヤなヤツに見えちゃうじゃないですか。(苦笑)
そうか。「江古田=若者の活動に熱いアドバイスを惜しまないオトナのいる
街」なんですね。

>>30
>●責任者の連絡先(メールアドレスでも結構です)を明らかに。
この点については、しばらく前から公式サイトで明示されています。

>>32
>「客観的な事実として、江古田は美容院と接骨院の街である」
06で書きましたように、言い切れるのは「美容院」だけです。

>catさんの研究(といっても過言ではないと思いますが)
過言です。>>33の「業績(笑)」ならOKです。「(笑)」←ここ重要

>>29
>おもしろいことにも「しんどいこと」「辛いこと」はあります。
週1回の更新というしばりがキツクなってま〜す。
正直しんどい...。(C)堂本剛

>江古田計画第3世代さん

なんか「孤立無援」ってお気持ちでしょうが、
>批判者の声に耳を塞ぐのではなく、「個人として」ではありますが反論な
>いし意見聴取をしようとしている第三世代さんの姿勢については、僕は少
>なからず期待をしてはいます。
というAZUKIさんの発言に賛同するものです。

46: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 17:45
>>45
じゃ、「江古田についてのcatさんの業績(笑)」で(^^;)

>>30 >>45
メールアドレスですが、「info@ekodakeikaku.com」というメアドが公開されていますね。しかし、これが「責任者のもの」であるかどうかの明確な説明はありません。
更新が滞るのは「知らせることが特にないから」ということで(^^;)、そのあたりは同じwebページ管理者としてよく理解できますが、「責任者」「人数」「現状」などを説明するコンテンツには、それが書かれた時期もしくは最終更新された日時について入れた方がいいと思います。
江古田計画の代表が、今も「武蔵大学の小林さん」なのかどうか。それは去年までのことなのか、最初の年のことのなのかもわかりません。

協賛店などについては一覧ページを設置する予定があるようですが、なかなか公開されませんね。リンク切れで。

それと、やはりまず「江古田について発信している既存のもの」を整理把握することから入った方がいいように思います。
例えば、すでに何度か触れている「江古田に関するcatさんの業績(笑)」、「飲み食いランキング」だけが江古田を認知してもらうための情報を発信しているわけではありません。

・武蔵野音大の江古田map(そういえば、江古田計画公式ページのリンクに武蔵野音大は入っていませんでしたが、現在の江古田計画には音大生は参加していないのでしょうか?)
・Ekoo!(若マス管理の江古田検索エンジン)
・たぶん日刊江古田新聞(Tonkeyさん管理の江古田ニュースサイト)
・江古田大好き(まるびさん管理の江古田飲食店ガイド)
・エコジェネ(えこだの山賊さん責任編集の雑貨店リンク系江古田タウンガイド)

ざっと思いついただけでもこれくらい、もちろん、もっとあります。(えこだの山賊さんは冊子も出していらしたと思いますが)

地域情報を扱い、かつインターネットやその前のパソコン通信のわりと草創期から関わっていて思うことですが、実用情報はどんどん相互リンクを進めていくべきだと思います。
情報共有と類似情報の把握/検索/比較が可能であることが、ネットワークの最大のメリットですから。(江古田!町内会が、タテマエとして(^^;)「江古田関連サイトの町内会化」を目指しているのは、そういった理由もありますが)

もちろん、webコンテンツが全てではないでしょう。
しかし、過去の経験、発信した情報、すでに発信されている類似情報などについて共有していく(共通認識を作るというのはそういうことでもありますから)ためにも、もう少し頑張って欲しいですね。

個人的には江古田計画のサイトは「サイトマップ」が必要じゃないかな?と思いました<自戒を込めて(^^;)

47: 名前:うし@会社投稿日:2003/06/11(水) 17:53
いつも興味深く拝見してます。
僕が個人的に思っていた事はみんな言われてしまいました。
皆さん一見厳しい意見が多いですが「愛のムチ」ですよね(笑)。これを「批判」としか受け取れない様じゃ進歩は無いっすよね。
>あ〜、なんか皆さん親切ですねぇ
ホント、もどかしくてAZUKIさんなんてネタ提供してるし(笑)。

48: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 19:02
ふふふ(笑)
商店主じゃなく、学生でもない、でも江古田住まいは短くはなく(でも原住民ほど長くもなく)……。
江古田入植組というのは、なかなか「地域」に参加できないんですよ。
また、アイデアがあっても人手が必要になるような「計画」は、行政組織のような「地域を動かす力」や学生組織のような「機動力、若さと人手」があるわけじゃないですから、実現不可能。

その意味で、「若さ故の(失敗も苦言を言われても多少は大目に見てもらえる)強み」を持っている学生さんを羨ましくも応援したい気持ちはあるんですよ。
江古田計画に煙たがられている最右翼ではありますが(笑)<自覚有り

同じ「入植組」であっても、学生さんの場合「学内で同世代の賛同者(実働者)」を得やすいという意味で、入植組社会人よりは有利な立場にあると思います。
そういう利点をもう少し自覚していただきつつ、外からのちょっかい(笑)にも寛容でいてほしいですねぇ(^^;)

49: 名前:こばやし投稿日:2003/06/11(水) 19:34
横道にそれますが、在・江古田3大学の学生さんは、
どれくらい江古田住まいをしているのでしょうかね???
日芸や音大は1・2年次が別キャンパスなので、
江古田在住率は、それ程高くないと推測します。
武蔵は、関東近郊から進学される方が多いとのイメージを持っています。
で、自宅から通われる方が多いのかなと・・・。
どなたか、この推測に対するご回答をお願い致します。

ちなみにワタクシは、江古田のアパートから池袋のR大へ通っていました。
今もそのアパートに住み続けています(江古田歴13年)

50: 名前:うし投稿日:2003/06/11(水) 23:41
>49
確かに皆学校の近所に住んでるとは限らないですよね。
>池袋のR大へ通っていました
せ、先輩!(笑)

51: 名前:cat投稿日:2003/06/12(木) 00:56
>>50
江古田板には、「昭和42年会」「結石部会」「静岡県人会」などの分科会があるわけですが、今度は「R大同窓会」の成立ですね。
ぜんぜんスレ違いなのでsageときます。 m(_ _)m

52: 名前:僕も第三世代投稿日:2003/06/12(木) 02:36
遅ればせながら僕も計画のスタッフなんで発言しますね。これから言う事は結構オフィシャルな発言として受け取って頂いて結構です。
僕達江古田計画は何がしたいのか?というご質問に返答します。その他の質問にはお答え出来ません。なぜなら活動理念さえ理解していただければ十分だからです。
江古田計画の目指すモノ、それは遊園地です。ディズニーランドみたいな。ほら、TDLって楽しいじゃないですか。年齢差を越えて。もちろん好き嫌いはあるけど。江古田が遊園地だったら楽しくないですか?
つまり、こういうことです。江古田には様々なお店があります。いろんなお店があるけど、大きく幾つかにカテゴライズします。
食:勿論飲食です。
衣:これも勿論衣服です。靴とかも。
アミュウズメント:ゲーセンとか、カラオケとか、ライブのハコなど。
美容:理美容やエステ、僕、男なんでどこまで美容か解らないけど。
マーチャンダイズ系:玩具、文房具、生活雑貨とか、いろいろ
アート系:江古田にご在住のアーティストや、芸系の学生、芸好きの人、音楽とかも。
大きく分けてこんな感じ。かなり乱暴に分類してみました。まだまだあるけどとりあえずこれで話を進めます。
なんか遊園地の要素に似てないですか?江古田=遊園地。
江古田という町にはいろんな側面があって、それぞれが素敵です。多分・・・。
その素敵な側面を住民、学生は勿論、江古田外の人にも知って欲しい。その発信の切り口の一つにアートがあっても良いんじゃない?
別に、食でもいいですけど。なにから切っていくかはあんまり問題じゃないです。だってみんな江古田遊園地の大切なパーツなんで。
ただ今はアートなだけです。次はアートと他のジャンルをミックスするかもしれないし。アートしないかもしれないし。だけど、江古田のパーツは使います。それでいつか江古田が遊園地みたく、TDLみたく老若男女楽しめる所になれば良いなと思います。
江古田計画ってこんな感じです。どうでしょうか?言葉足らずで御免なさい。
ミクロとマクロの視点で説明してみました。
ここからは僕個人の話です。
なんか協力するとかしないとか、そんな言い合い悲しいです。もちろんご指導ご鞭撻とそうじゃないモノの区別はついています。
難しい話は僕自身そんなに賢くないからわかりませんがこれだけは解ります。
みんな江古田が好き。間違ってますか?
江古田が今よりもっと素敵になれば、誰が何しても良いし、協力して行きたいと思いますよ。
なんか小さい団体とか、店主とか、住民とかの枠に囚われないで大きな仲間意識で考えたいです。
窮屈に考える意味無いですよね?
だって江古田にいる人はみんな江古田遊園地のスタッフなんだから。
随分勝手なこと言いました。すいません。

53: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 04:12
>>52
ご意見ありがとうございます。

まるで意味がわかりません。

54: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 04:31
……何度か読み返してみましたが、やっぱり意味がよくわかりません。
最初の第三世代さんのほうがまだ「言い分」がわかります。

なんとなく読みとれた部分を「言い換え」します。

●疑問・質問には答えない。こちらの言い分が伝われば、その他のことは興味ない。
●江古田計画は、「江古田で遊べればそれでよい」というのが方針だ。
●江古田計画は、現時点での会規にある「三大学の学生に限る」という規定を近い将来変更し、「江古田が好き」という商店主、住民の参加を認める予定だ。

つまり、「江古田で遊びたいサークル」であり、「自分たちが江古田で遊べば江古田が全国区になる」と信じているわけですね?
広島の「街づくりシンポジウム」とやらに参加したそうですが、そのレポートはいつ公開されるのですか?
江古田で遊ぶことと「街づくり」にはなんの関連が?

もしかして、協賛金を集める市民運動の手法を学びに行っただけですか?

で、どうも過去ログをきちんと理解されていないようですが、「切り口」のことを云々しているわけではありません。
「江古田計画にとっての江古田を理解できているのか?」
「江古田計画の方針・理念を、江古田計画関係者以外もしくは批判的な住民に理解できるような説明ができているか?」
ということを問うているのですが。

これに答えられないもしくは、「答える気がない」のだとするなら、「オフシャルな発言」ほど曖昧な言い方しかできないサークルだ、という判断となりますが、それでよろしいでしょうか?

55: 名前:僕も第三世代投稿日:2003/06/12(木) 05:17
え?ええええええ?意味分からなかったんですか?
言い分じゃなくて、理念ですよ。理念。他のこといくら言ったって言い訳臭くなるから言いたくありません。結果とか活動を見てもらえればそれで十分。
あと、「江古田計画は」っ言い方で括らないで下さい。AZさんなら江古田をこうしたいとか、そんなご意見お待ちしてます。
江古田をみんなで考えたいです。過去ログ理解してます(笑)
「江古田で遊ぶ事」って、計画が遊ぶんじゃないです。みんなです。江古田の人みんな。僕も含めて。
AZさんにとって江古田ってなんですか?みんなに知ってもらいたくないですか?いい町だよって。
ちょっと質問してみた。

56: 名前:こばやし投稿日:2003/06/12(木) 06:39
>>52
>江古田計画の目指すモノ、それは遊園地です。ディズニーランドみたいな。ほら、TDLって楽しいじゃないですか。
揚げ足を取るみたいですが、「江古田をTDLみたいな場を目指す」はどうかと思う。
個人的には、両者は対極的な位置があると思うからです。
TDLは清潔で秩序ある空間。アメリカの理想を具現化した空間とも言えます。
そこには、現実のアメリカが直面している諸問題が一切排除されています。
それに対して、江古田は現実の街であります。混沌とした空間です。
ここのBBSを見て頂ければ分かると思いますが、様々な意見を持つ方々が同じ街で生活を続けています。
>これから言う事は結構オフィシャルな発言として受け取って頂いて結構です。
・・・と発言されてる以上、もう少し言葉の意味を考えて頂いた方がよいかと思います。

57: 名前:うし@会社投稿日:2003/06/12(木) 08:45
>52
今までのレスをホントによ〜くお読みになっていますか?
>「江古田計画は」っ言い方で括らないで下さい
これ「オフィシャルな発言」?自己矛盾してないですか?
もしかして「理念(あなた方の言う)」は別に理解して欲しいとは思ってないのかな。
だったらむしろ何も言わない方が良いのではないですか。
自覚されてないかも知れませんが「遊園地」とかステレオタイプな発想から抜けきれてない様に見えるし(違ったらごめんなさい。でも違うなら表現力不足です)、僕には具体的なものが無いから抽象的な事しか言えない、という風にしか受け取れないです。

58: 名前:うし@会社投稿日:2003/06/12(木) 08:55
それからもうひとつ。
>だって江古田にいる人はみんな江古田遊園地のスタッフなんだから
例えあなた個人の意見であっても、あなた方が勝手に思っている「枠に囚われ」てしまうのはイヤです。

59: 名前:中村投稿日:2003/06/12(木) 11:32
ものすごくあたりまえだけど江古田って「遊園地」じゃなくて「街」だと思うんだけど…。
「遊園地」に似ていると言われてもなぁ、「僕も第三世代」くんがあげたものにそんなに特殊なものはないかな…と。
そんなんどこの街にもあるじゃん?

正直いって江古田を「好き」かどうかと聞かれたらよくわからないんですよね。
「感心」はあるけど「好きか?」と聞かれたら「…どうだろう?」って感じ。
もちろん「嫌い」じゃないよ。
でなきゃ十年近くこんなところに居着いたりしない。
はっきり言って便利だとも思わないけど居心地はイイかな…と。(「慣れ」だけかもしれないけど)
僕にとっては「暮らしている街」でしかない。
「暮らしている」って中には「遊ぶ」ってのももちろん含むけど、少なくとも「レジャー」ではない。

アートって切り口に関しては最初から否定するつもりはない(肯定するわけでもないんですけどね)のですが
・アートって?
・何故に(江古田という街が)アートなのか?
だけ、君達の考えを聞かせてもらえるとうれしいです。

…などと。

…あ、二子玉とかは「遊園地」の素質十分かな(笑

60: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/06/12(木) 12:10
アートっていってもイロイロだよね、絵画・イラスト・写真など2Dもの、詩・小説など文学もの、
映画など映像もの、
音楽や芝居などLIVEものなどなど...
「遊園地」の様なというなら、様々なアトラクションを揃えないとね。
そして、それらがどうアートなのかの見極めどころとかね、
ただアートっぽいくらいでも良いのか、
たぶん「江古田計画」メンバーの中でも度々話し合われていると思うけど、
「玉石混合でも楽しく」とかみたいなことを。
ッポイモノでも徹底しないと中途半端でTDLはおろかドレミファ公園にもなんないよ。
もったいないよー。

61: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/06/12(木) 12:25
ごめんごめん、「江古田計画」HPの写真を見ると、イロイロ楽しげなのね。
花屋敷くらいは行ってるかな。
出品者募集のポスターとかフライヤーとかさ、写真入りで作ったりしないの。

62: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 14:45
>>55
どうもやっぱり過去ログは頭の中に入りきらなかったみたいですね。
加えて、現在の質疑の状況もうまく把握できていないみたいですね。

このスレの発端は、「江古田計画という学生の集団が何かやっているようだが」という、「江古田計画の関係者でも、江古田の学生でもない、江古田の商店主や江古田の住民側からの、【学生・江古田計画】への疑念」というところから始まっています。
批判的な意見が多数を占めているのは、

・江古田計画の主張・理念や何をしたいのかなどについて、具体的によくわからない
・江古田計画の過去の活動の問題点を指摘する(改善点を提言しているケースもあり)
・江古田計画が地元の「協賛」を得たいなら、活動に関して具体的な説明をする努力をすべきだ

です。議題がたくさんありすぎると理解できないようなので、問題点をある程度簡略化しました。
ここでの質疑は江古田計画の枠に賛同する以前の段階のモノだということをまず理解してください。
「江古田計画はでくくるな」ではなく、「江古田計画の考え」を地元住民/商店主が質問しているのです。
「オフィシャルな発言(に近い)」が、そんなテキトーなものなのだとするなら、無視どころか「反・江古田計画キャンペーン」を繰り広げたくなりますが。

あまり長いと理解できなくなるようなので、ここで一度切ります。

63: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 14:53
>>55
>他のこといくら言ったって言い訳臭くなるから言いたくありません。
まず、これが「説明責任を欠いていて甘えがある」という根拠です。
以前にも書いていますが、言い訳臭くなってもイイからどういう意図なのか説明し、同意を得る努力をしてください、と言っているわけです。
理念がわかってもらえればそれでいい、みたいなことを繰り返していますが、それは僕が最初の頃にも書いたように「理念に同意できれば、それに続く具体的な手法や活動の全てに賛同できるわけではない」であり、「理念を文字面だけ表示するのではなく、具体的なメリットを説明できなければ賛同者は増えない」であります。
理解できているというなら、理解に従った解答をください。

>結果とか活動を見てもらえればそれで十分。
結果とか活動が伴っていると断言できますか?
江古田計画の活動は、現在のところ

「袋を作った」
「ファイルを作った」
「フリマもどきを定期開催」
「地元の縁日に屋台を出した」

ですよね。
街作りにも江古田の全国的アピールにもなっていませんよね?

もちろん、最初からでかいことをヤレとはいいませんが、せめて活動のロードマップは出すべきでは?
「今すぐは無理ですが、○○○をやろうという計画があり、現在の活動はその資金集めです。または、実現のためのコネ造りです」
というなら理解もできます。

しかし、江古田計画は3大学の「3年生だけ」で構成されていますよね。
活動期間は1年。前の世代の活動計画、ノウハウやコネは受け継がれているんですか?
所属期間が3年間はある、中学や高校のクラブにも劣る短さなんですけど……。

64: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 15:04
それと、ここまでにこばやしさん、うしさん、中村さんから同義の意見が出ていますが、江古田は現実の街であり、TDLは空想の街です。
江古田は「生活空間(ケの地域)」であり、TDL(近い所だったら豊島園も)は、「祝祭空間(ハレの地域)」だと思います。
袋とファイルはCI的なものだったと思いますけど、それ以外の活動である「アートマーケット」と「縁日への屋台参加」は、「ハレの演出」ですよね。
(ケとハレってわかりますよね?)

むしろイメージに近いのは、「お台場一丁目(台場)」や「福袋7丁目(池袋ナンジャタウン)」、「なると町(新横浜ラーメン博物館)」なのではないかと思いますが、僕の読みは間違っていますか?
「江古田の街並み、商店街の雰囲気は、(それほど古いかどうかはともかくとしても)今流行のレトロ系アミューズメントテーマパークにちょっと通じるものがある。江古田そのものをそうしたテーマパークであるかのように位置づけて発信することはできまいか」というのが江古田計画の考えですか?
確かにこれだったら地域の協力は不可欠、しかも「日常空間としての現実の街」と「祝祭空間としての遊技場」を融合させることもできなくもないような。

ただ、一点失念されていることがあるとすれば、「住民」の存在です。
お台場一丁目も福袋7丁目もなると町も、実際にそこで暮らし、そこから外部の仕事場に通勤しているような住人がいませんよね?
(福袋7丁目は、僕が知る限りでは表札がかかっている実在の個人はナムコの社員と熱湯安価さんだけだったと思いますけど、その場合だってあの「街」に住んではいません)

江古田計画は、江古田に住んでいる「住民」について、もう少し考慮すべきなのでは?

65: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 15:14
↑お台場一丁目以上に、TDLには「住民(地元居住の商店主も、賃貸暮らしの住人も、住宅街の住人も含む)」がいませんね。

「○○○を通じて地域の活性化を図ろう」という趣旨そのものに反対するわけではありませんし、むしろ賛同したいと思っています。
が、「○○○」の部分に具体性がなかったり、もしくは「活動そのものが粗雑」では、やはり応援する気にはなれません。
……と書くと「応援してくれとは頼んでいない」という反論を戴くわけですが(笑)、よく考えてください。

何かを実現しようと思ったとき、それが誰の手も借りずに誰にも迷惑を掛けずに一人(最小単位として)で実現できるなら、別にとやかく言うことは何もありません。
が、誰かの許可や協力が必要で一人ではできないものをやろう、と思い立った瞬間から、

1・積極的な協力者(及び当事者、関係者)
2・消極的な協力者(協力はしないが邪魔もしない)
3・無関心
4・積極的な反対者

に分かれていきます。
江古田計画当事者は(1)。商店街の大部分は(2)。
住民の大部分はおそらく(3)<認知度が低いため
(4)は今のところあまりいないと思いますが、(1)〜(2)が(4)に化ける可能性が高いと思います。
江古田計画当事者(1)は、(2)〜(4)をできるだけ説得して、積極的な賛同者(1)を増やす努力をするか、(3)をせめて(2)にする努力が必要になります。
この努力を怠ると、(4)が増えていきます。

今の「江古田計画第三世代」「別の第三世代」両氏(ハンドルがわかりにくいです)には、特に(3)〜(4)を(2)以上にする努力を期待しています。
「別に興味を持ってくれなくてもイイ」という態度を続けると、(2)〜(3)が、どんどん(4)になっていってしまいます。
あなたがたはそれをくい止める努力をすべきなのでは?

66: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 15:25
この議論にしても、現時点では江古田!町内会のBBSで喚起されたものであること、また我々の大部分が「江古田計画の部外者」であることなどから継続してこのスレで行っていますが、可能なら江古田計画の掲示板http://8430.teacup.com/ekokeit/bbs [source] [check] のほうでやったほうがいいですか?
ただ、それだと

・ヒートアップして口汚い発言(笑)になったとき、後々、江古田計画の印象が悪くなるかもしれない
・江古田計画のBBSはスタッフ/協力者のための連絡掲示板であって議論板ではない
・江古田計画に批判的な発言が「掲示板荒らし行為」と見なされる可能性もある
・江古田計画に不都合な発言は「理念から外れる」という理由で削除されるかもしれない(江古田板は、商業荒らし以外は反対意見も残す方針ですが)

そういう配慮からここで続けているわけですが。

67: 名前:桑折(でざいん屋)投稿日:2003/06/12(木) 16:17
アートマーケットやらを催したりファイルやら袋やらを作ったりしてるんだから、企画書があると思うんですが
それを見て見たいですな。
各商店から出資を募ったりしてるわけですし、まさか口頭で口先三寸だったわけでもなかろうし。
まさか親のスネ齧るように金が湯水のように沸いて出てくるとでも思ってるんじゃなければ、必要なモノだし。

つーかね。
>>52
僕も第三世代氏の書き込み読んでね、AZUKIの人と同じような、というよりももっとダメだという
感想しか出なかったんよ。

言ってることが観念すぎ。
何言ってんだか。って感じ。

「理念だから観念的でいいんだ」 なんて言わないでね。
理念でも他人に通じるように説明する方法はあるから。

そのためにも、企画書見せてください。
目的/企画意図、対象者、スケジュールとロードマップ、出納だけでない金銭の見積もり、etcetc...
書くことはいっぱいあると思うので。
そして、その企画書を他人に見せて、それで金を引き出せるか? 協力を得られるか? 江古田在住
以外の人の目を江古田に向けられるか?
話はそっからですな。

68: 名前:悠稀天為投稿日:2003/06/15(日) 03:09
●住民として一言。
遊園地には住みたくありません(笑)
学校とか仕事場の周りが遊べる所っては魅力的なことかと思いますが、住んでる地域が遊園地だったら嫌だなぁ、と。
その人の性格にも寄るんでしょうけど、あんなにウルサイ場所に住めるわけがないと思う。

●スレ住人さんたちの愛の鞭(笑)
3年前まで学生だった立場を踏まえた上で、厚かましくも少しばかり意見させていただきたいと思います。
スレ住人の皆さんのおっしゃっていることは、必ず役に立つはずである!
おっしゃっていることというのは、以下などを指しています。

・観念的な意見では人を説得できない
・企画書を見せてください
・説明し、同意を得る努力をしてください

つまりですね。
地元商店会の皆様に企画の意図、メリット/デメリットをご理解いただいて寄付金をいただくためには、こういったことをするとか、改善したほうが効果があるわけです。
「学生」というのは社会人から見ると「甘いな」と思われてしまうことが多々あるのですが、このスレ住人さんたちの愛の鞭を実行してみると、「この学生はひと味違う」と思ってくれること間違いありません。
このスレ住人さんたちは「甘いな」って言うだけじゃなくて、「こういうのを見せてよ」と言ってくれているのは明確ですよね。
手法まで教えてくれるなんて、なんて優しいんでしょう。
すでに鞭ではありません(笑)

この辺りを受けて行動できると江古田計画さんの企画に賛同してくれる人も増えるんじゃないかなぁと思います。

69: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/15(日) 20:10
手っ取り早い所として、江古田計画第一世代(OB)の方々にアドバイスを求めるのがいいのでは、とも思います。
学生の視点からの主張をし、江古田計画を立ち上げ、そして今第一世代はすでに就職して社会人となっているのでは?
(社会人1年目では、学生時代の何かにアレコレかまうゆとりはないかもしれませんけど(^^;))

少なくとも、「観念的な理念だけでは、社会ではなにひとつできない」ということについてくらいは、第一世代の人々も同意してくれることでしょう。

それと、もうひとつ気になっていることを。
今ここで発言している「オトナ」たちのうち、えこだの山賊さん、飛茶瓶洞主さん、若マス(さん付け省略(笑))のお三方は「江古田で地元で商店主」というお立場ですが、それ以外に「江古田には住んでいるだけ」という住民もいますね。
例えばカフェインレスさん、こばやしさん、悠稀くんなどなど。
デザイン屋さんと僕の場合、「江古田に住みつつ、江古田で仕事もしているが、商店主ではない」という感じですが。

で、「住民に賛同を取り付ける」とか「住民に協賛を求める」という選択肢はないんでしょうか?
僕ら、蚊帳の外?(^^;)

70: 名前:中村投稿日:2003/06/15(日) 23:02
>69
僕も「江古田に住みつつ、江古田で仕事もしているが、商店主ではない」にあたります。
ついでいうデザイン屋(兼作家)でもあります。
でもって東京山奥にある某美術大学で非常勤講師なんてしちゃっていたりします。
…って僕ってば"江古田"と"アート"と"大学生"にリンクしちゃってる人間じゃないですか!!…(苦笑

…江古田とアートと大学生は全くリンクしてないみたいっすけど(笑

71: 名前:cat投稿日:2003/06/16(月) 18:21

>江古田計画の皆さん

なぜ、自分たちの理念が通じないのか。なぜ、批判ばかりで賛同してもらえないのか。
なぜAZUKIさんの文章/書き込みは長いのか。
頭を悩ませていらっしゃると思います。

で、>>69でのAZUKIさんの提案(OBの方にアドバイスを受ける)に添えて、わたしからもひとつ。
スタッフの皆さんの所属ゼミの先生や、皆さんが信頼していいる先生に...
01 計画の趣意書・活動歴のプリントアウト
02 このスレの過去ログのプリントアウト
...をお読みいただいて、アドバイスを受けるというのはいかがでしょうか?
ここでの討議には関係のない「第3者」の目から、本スレのオトナ連中の計画に対する認識や提案について評価していただくというのも、ひとつの策だと思うのですが。
うまくすれば、ここのオトナを黙らせる (^_^; いいアイディアを授けてもらえるかもしれません。

72: 名前:黙らないオトナ(笑)AZUKI投稿日:2003/06/16(月) 21:07
江古田計画の言う「江古田を全国区に」ですが、「知らしめるためには、江古田の特色が必要だ」「そこで、江古田計画は江古田の特色を【アート】と定義づけた」ということかと思います。
夕張映画祭やソーランがそうであるように、また「電脳山田村」がそうであるように(笑)、「後付のイベント性質をもって、無個性な街に活気と特色を与えよう」という考え方ですよね。

ただ、その手法というのは「人口が少ない」もしくは「どちらかといえば人口は減少傾向にあり、街の活性化が必要」「街に閉塞感があり、派手さ(活気)がない」などの前提の街に対して行われる「町おこし」「町づくり」の手法ではないかと思うわけです。
だから、同じ概念・理念に基づき、テコ入れに成功して活気が出た「地方都市」というのはたくさんあると思いますし、その意味でも理念や手法そのものはあながち間違っていない。

でもそれは、どちらかというと人口過密な都心の住宅地である江古田にそのままかぶせてもいい理念でしょうか?
「人がいなくて消費が少なくて寂しい」
「人がどんどん離れていくので寂れる一方だ」
少なくとも、この「危惧理由」は江古田にはあまり似つかわしくないように思います。

つまり、「江古田とはどんな町か」「江古田には何がなくて、何が必要か」「必要だと発案者が考えるものは、江古田の住人にも必要とされているものか」を十分に煮詰めなければ、住人かつ商店主の同意も、「住居を構える」住人の同意も得られない。
「江古田はどうあって欲しいか」の前に、「江古田は今どうなのか」「江古田の問題点は何か」があり、「それはどのような工夫によって改善しうるか」「その工夫を【楽しむ】と同時に、【個性】としてアピールし、問題点の改善に役立てることができるか」という解決策の提示に結びつかなければならないと思います。

江古田計画が「江古田にはアートが必要だ=江古田にはアートがない」だから「江古田をアートで活性化しよう」と考えているなら、アートがないことを問題点と考える「住民の賛同者」を探さなければなりません。
でも、このスレでの意見を拝聴する限り、住民はアートに溢れた江古田や、遊園地のような(これは「遊び場」とか「にぎやかな」というニュアンスで使っている観念的な言葉なんだろうと思いますが(^^;))江古田は特に期待していないというか。

そもそも、渋谷原宿新宿のような「遊びに行く街」と、「帰ってきて一息吐き、眠りにつくための町」では性格や期待される事柄が違うのは当然だろうと思います。
江古田にそのどちらを期待するのか? まず、そこから絞り込んでいくべきだし、その上で賛同を集めるべきではないでしょうか。
江古田計画の理念については、http://www.ekoda.org/ [source] [check] や、http://ekodakeikaku.com [source] [check] でかいま見ることができますが、少なくとも「現状についての分析」は特に示されないまま、「要望とそれへの協賛」だけが羅列されていたような印象が残ります。

ちなみに、AZUKIの文章/書き込みがなぜ長いのか。
それは、「相手の認識力がどの程度かわからないから、理解に必要な前提や判断に必要な要素の全てを羅列するから」です。
「きっとわかるだろう」「この一言で理解してもらえるはずだ」というのは、相手の理解力/能力に依存した甘えでしかありません。
自分が必要な条件を十分に提示せずに、掲示板で出会った未知の相手の理解力にのみ依存して、自分に都合のいい理解を導き出そうというのは、少々都合がよすぎるのではないかな、と思うわけです。

「いらんことまで言い過ぎ」と言われればその通りなんですが(^^;)

73: 名前:黙らないオトナ(笑)AZUKI投稿日:2003/06/16(月) 21:20
ちなみに、江古田は「マクドナルド国内2号店」だの「松屋1号店」だの「天下一品の都内2号店」だの「イタリアントマト創業者が故郷に錦を飾った店」だのといった、ファーストフードの草分けに縁のあるファーストフード店があります。
それとは別に、最近では「めしや丼」「てんや」「かつ田」「よってこや」「和民」「牛角」といったフランチャイズ系列店がどんどんのしてきています。

この現象を「江古田になかったものがどんどん揃っていく、便利になりよいこと」と考えるか「地元商店主=住民による個性ある店が減り、江古田が無個性化していくので寂しい限り」と捕らえているのか、そのどちらに立つかによっても、「では江古田にはどうなってほしいか」という導き出される答えは変わってくることがわかるはずです。
(個人の価値観の問題ですから、どちらが正しくどちらが間違っているとは特に定義しませんが)

ただ、そこのところを「江古田計画としてはどう考えているか」をのべず、それに対する協賛を十分に得ないまま「わかってもらえなくてもいい」という態度をもって【オフィシャルな方針】として、「自分たちがどうしたいか」だけを言い散らすというのでは、「1年でいなくなる学生さんは気楽でいいねぇ」という反応しか得られなくても仕方ない気がします。
おそらく、最初にリアクションをしてしまった「江古田計画第三世代」さんと、「別の第三世代」さんは、今は学業がお忙しいかそうでなければ「泥沼に足を突っ込んだことを悔いて、身を低くしている」か、「残り13人の第三世代」と作戦会議中のいずれかではないかと思いますが、何か建設的な回答をお伺いできることを楽しみにしています。

「意見を聞くのが目的で、それに対する回答を用意するのが目的ではない」なんて、どこかのお役所みたいなこと言ってたら、大言壮語するだけのペテン師になっちゃいます(^^;)
どうか、どうか、発展性と継続性のある計画に昇華していただきたいものです。

74: 名前:中村投稿日:2003/06/16(月) 23:03
6月下旬に3大学合同説明会とやら説明会があるみたいだけど…
この調子で大丈夫なん?

「僕も第三世代」は評判落とすための偽者ではないのか?…と思いたい今日この頃。

75: 名前:うし投稿日:2003/06/16(月) 23:31
>68-73
あまりに反応が無いのでオトナは「太陽政策」(笑)に転換しちゃったのかと。
江古田計画がフェイドアウトしちゃったらちょっと寂しいですよね?>ALL
このままではない事を祈ります。

76: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/17(火) 12:50
>>74
「老けてますけど新入生です!」と強弁してもぐりこんでみるとか(笑)
こうなったら、オトナ部会も「合同説明会(と称するオフ会)」をやりますか!(笑)
そろそろ、1年ぶりに。

77: 名前:こばやし投稿日:2003/06/17(火) 20:29
>「老けてますけど新入生です!」と強弁してもぐりこんでみるとか(笑)
荒れる株主総会みたいになりそう・・・(笑)

>こうなったら、オトナ部会も「合同説明会(と称するオフ会)」をやりますか!(笑)
説明しに来た江古田計画の方を小一時間問い詰める会ですか?(笑)

78: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/17(火) 23:43
息抜き長くし過ぎて呆けて見ていたら書くタイミングを逃しました。 作戦会議はやってません、元祖第3世代です(笑)。
皆様 御意見ありがとうございます 途中仲間が混乱させてしまいましたが、仲間の発言についても後々説明したいと思います。
>30 から答えていくとすると・・・長い・・・多い・・・夏休み終了直前に泣く宿題の山のようですわ。
要点を というか問題点を都度まとめて頂いたAZUKI さんの提起に答えていく形でご勘弁を・・・
それにしても な、長い・・・ 

79: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/18(水) 00:45
さて、これまでのレスを見返すと、実に様々な視点から問題点を指摘していただいたようです。
(仲間の書き込み以降 52位から66位までは混沌としているので 取り敢えず黙殺させてもらいます)
私への質問もあったので私の立場について最初に答えます。といっても最初から反応大きそうですが。
私がここでこうして書き込んでいるのは”これまで説明や情報公開を怠ってきたから、それを変えたい。その始まりになりたい”というのが本心です。
初めに計画の現状を書き込んだのも情報公開しようという気持ちからです。もちろん、初めに皆様に御意見を頂こうかとも思いました。
結果的には極論や脆弱な点を吐露したにすぎませんでしたが。言い訳をしに来たわけではないので「失言するとダメージ」等という言葉が出ると少し悲しいです。
なら代弁者か? 代弁する努力を今まさにしているのです。私論とまざっているので、公式な方向性(タイムリーな)など全てを網羅したHPでの情報公開の必要性を改めて感じました。
・「個人としては江古田計画に対してどういう解釈、どういう理解のもとに支持しているのか」
学生によるまちづくり。まちをつくる一部を担い、商店街と協力してムーブメントをつくる 江古田を学生の視点からとらえて街を盛り上げる様々な可能性をみつけ、実行する。
将来的には 江古田で学生が様々なことを発信できる環境が創られれば良い。 同時に知名度も上がれば江古田が活性化する。こう理解しています
「自分や協賛者がどんなメリットを得られると第三世代さんご自身は考えているのか」
自分・・・社会性の向上/一つの街について学生の身分でありながら 真剣に考えて可能性を探るという経験を得られる
協賛者・・・長期的なメリット 江古田が盛り上がり 来訪者や住民が江古田をより振り返るようになり商店の売り上げが増加する その”新たな街”を創る学生への協力をしたという自己満足が得られるということ
      短期/中期 協賛はほとんどボランティアに近いかもしれません
「それを説明できるかどうか」
・・・↑でいいのかな・・・

80: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/18(水) 00:49
>79
19行目の訂正 来訪者や住民、学生が〜

81: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/18(水) 01:52
一応私の立場を説明したつもりですが、不十分でしょうか。
勝手ながら次に進ませていただきます。
>29〜>51、>67〜現在まで (見事にその間はスルーで)
私なりにご指摘を 単純に、より単純な形で 解釈してみました。
・計画自身が 目的/活動すること(イベントを行うこと)についてもっと詰めて、明確にする
・計画の情報公開 理念より一歩進んだ概要/↑の明確にしたこと/計画の”江古田”の解釈/企画書/会計
・計画の 学生/住民/商店街/商店/協賛店/協賛者への説明努力
・計画がより多くの学生を巻き込むには
・江古田=アートではない??アートマーケットが一方的である
AZUKIさんは この5倍の量の問題提起をして下さいましたが 多すぎますので(すみません)。

・計画自身が 目的/活動すること(イベントを行うこと)についてもっと詰めて、明確にする
これは計画自身でも最重要課題になっています。世代交代の弱点です。また、これを長所と捉える事もできます
また閉鎖的にならないように(これ以上) 他大学、もちろん江古田在住の学生も参加するようになりました
江古田のまちについて、より具体的な考察をする必要があるので、 江古田の利用者への街頭での聞き込み 学生への調査 商店街/商店へのヒアリング 説明会などの実施 議論の場の主催
ざっと考えただけでこれだけ私達に出来ることがあります。また、これらのデータの情報公開なども必要。
・計画の情報公開 理念より一歩進んだ概要/↑の明確にしたこと/計画の”江古田”の解釈/企画書/会計
これは絶対ですね。公開、発信、対話これらすべてが同時にできるのはHPです。いわばHPの毎日更新ということでしょうか。
リンクも増やすべきでしょう。(音大は諸事情により遅れています)。責任者の連絡先なども明記すれば私達へのコンタクトもとりやすくなります。
HPの宣伝ももっとしなければならない。。。他の、例えばアートマーケットやまちづくりを実践している方々との交流レポートなども考えられます。
これなどは外部の人の注目を引くかもしれませんね。
・計画の 学生/住民/商店街/商店/協賛店/協賛者への説明努力
学生→広告/宣伝にとどまらず積極的な説明の機会を設ける アドバイスを頂いた”教授に声をかける”ことは既にしています。
住民→とりあえず現状維持 HPでの宣伝 イベントの際商店にポスターを貼らせていただいていますが、その強化。
商店街/商店/協賛店→宣伝 説明の強化 協賛店へは定期報告をする。協賛者へはHPでリンクをお願いしたり、江古田(計画)をHP上や 知り合いに宣伝してもらう

82: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/18(水) 02:11
続きです。
・計画がより多くの学生を巻き込むには
>81
の最後に書いた学生→〜 に加えて、大学自体にまちの利用を促進させる そのようなプロジェクトを進められたら面白いですね。
これ以上だと 理想論になってしまいそうなので簡単には言えません。ただ 日芸、音大の江古田キャンパスが非常に人が少ないので それこそ日芸なら所沢まで説明会に行くべきですが、やはり”利用するのはまだ先”の人達に江古田を一生懸命説明しても徒労におわるという理由で、かなり厳しいものがあります。
中野江古田に女子大があるので そのへんも巻き込もうと計画中です。
・江古田=アートではない??アートマーケットが一方的である
このトピックは慎重にお話ししていきたいと思います。
現在進行中のイベントですので、特に慎重に。
ごめんなさい、このトピック後日でいいですか?
キーボードの前で考えすぎて目が痛い・・・
皆さんパソコンと、どれくらいの時間向き合ってますか?私は連続2時間が限界です。休憩挟んでも、、、
一日3時間以上はパソコンに向き合えません。これって病気ですか?それ以上モニター見ていると、頭痛がして9時間以上の睡眠が必要になってしまうのです。=朝起きられない。

83: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/18(水) 06:11
>>78-82
お疲れさまです。
僕は職業柄「メシ、風呂、寝る、打ち合わせと移動」以外の大部分をモニタの前で過ごしています(^^;)

いただいた回答について、評価できる部分が多数ありました。(というと偉そうなので(笑)、問いかけに対してのリアクションが得られたことを「いいことだなと思った」ということぐらいに捉えてください)

ただ、これでもまだ、もっとも重要な部分があやふやだと思います。

>>79
>学生によるまちづくり。まちをつくる一部を担い、商店街と協力してムーブメントをつくる 江古田を学生の視点からとらえて街を盛り上げる様々な可能性をみつけ、実行する。

ムーブメントを作るって、どんなムーブメントですか?

>〜同時に知名度も上がれば江古田が活性化する。

活性化とは、どんな状態を念頭に置いていますか?

>自分〜
については、了解しましたが、
>協賛者・・・長期的なメリット 江古田が【盛り上がり】 来訪者や住民が江古田をより振り返るようになり商店の売り上げが増加する
>その”新たな街”を創る学生への協力をしたという自己満足が得られるということ

繰り返しますが、「盛り上がる」というのはどういう状態を想定していますか?
「自己満足がメリット」というのは、少なくとも公式見解には書かない方がいいと思います。
ここでの御発言については、公式とは捉えていませんのでかまいませんが、「自己満足を満たしてやるから協力しろ」といったら、協賛者は引くか怒るかのどちらかですから(^^;)

>短期/中期 協賛はほとんどボランティアに近いかもしれません
↑コレじゃダメだと思いますよ(^^;)

いろいろありますが、詳しくはまた後ほど。

84: 名前:cat投稿日:2003/06/18(水) 17:08
>>81

>”教授に声をかける”ことは既にしています。

>>71 での書き込みの趣旨は、このスレでの「ひっかかり」を解消するためにアドバイスを受けましょうということです。

「ひっかかり」とは、ふたつの点を指します。
01 江古田計画側の趣旨が「オトナ側に伝わらない(ようだ)」
02 オトナ側の提案・アドバイスが「計画側に理解されていない(ようだ)」

「こういうことをやっているんですが、先生、なんかいいアイディアありません?」というレベルの話ではありません。

事実、>>83で、「これでもまだ、もっとも重要な部分があやふやだと思います。」と言われてしまっているわけですよね。
>>78 で「作戦会議はしていない」とお書きですが、わたしは、むしろ、しっかり作戦会議をしてほしいところです。
そうした作業を通じて、計画のメンバー間の誤解も解消されるだろうし理解も進むだろうし、何より、ここで助言をしてくださっている方々へきちんとした回答ができるようになるのだとも思います。

話の長いオヤジ(達)につきあうのは大変でしょうが、がんばってください。

85: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/18(水) 17:27
◆movement
━━ n. 動き, 運動, 動作; (pl.) 動静, (一連の)行動; ((単複両扱い)) 活動グループ; 軍事行動; 運転; 機械の動く部分; (社会的・政治的)運動, 動向; (小説などの)筋の運び; 【楽】楽章; リズム; (絵画などの)躍動性; (商品の)出回り; 便通 (bowel 〜).
in the movement 風潮にのって
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=movement&kind=ej [source] [check]

◆活性化
(2)社会・組織などを活発にすること。
「社内の―を図る」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT= [source] [check]活性化&kind=jn

◆盛り上がり
(2)さかんになること。たかまり。
「世論の―」「―に欠ける」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT= [source] [check]盛り上がり&kind=jn

いずれも「○○○を×××する」の×××に相当する語であって、【何を】盛りあげるのか【何を】活性化するのか、【何の】ムーブメント(風潮)を高めるのかがわからないわけです。
そこに「江古田の」という文字を入れるのはけっこうですが、「江古田の【何を】盛りあげるのか?」と、やはり具体化は必要です。
そこがなければ、盛り上がる理由がなく盛り下がっている宴会で、司会者が躍起になって「盛り上がりましょう!」「盛り上がってるかい!」と絶叫するのと同じようなものです。
盛り上がるためには根拠と理由が必要なんです。

そこのところの根拠と理由を知りたいわけですね。

86: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/18(水) 22:45
>ムーブメントを作るって、どんなムーブメントですか?
何かをする ということです。
例えますと、
・学生に向けて 江古田を振り返ろうキャンペーンを打つ。これは音大さんが実行しているような”エコマップ”などが該当します。
・商店街/その近辺で計画が イベントをする。アートマーケットなどが該当。

>活性化とは、どんな状態を念頭に置いていますか?
今以上に住民/学生が江古田を利用する機会が増える ということです。
イベントをすることにより学生からお年寄りまで、江古田に在住/通学している人が足を止める。
→継続してイベントを行うことにより、江古田で面白いことをたまにやっている と思ってくれる人が増えれば、それだけでも様子は違ってくるだろう。
そんな願いを抱いています。もちろん、江古田を利用する人がどう感じるかはわかりませんので、「学生が江古田で何かを定期的にやっている」程度にしか思わない人もいると思います。
利用する人が増えたかどうかは朝から晩まで何年も調査しない限りわからないし、増えても商店(街)の売り上げが増加するか、私は断定出来ません。何故なら、商店(街)の売り上げは 外部からの働きかけだけで増加すると言い難いからです。商店(街)が利用者を増加させて販売を促進させるには、ご自身の経営努力などが大きく影響されると思うのです。
ただ、これから計画の活動がより密接に商店(街)と協力していくであろうことを考えると、活動の拠点は大学と商店街になる事が予測できますし、計画が少しでも歩く人を立ち止まらせることにより、商店(街)としての”まち”がどのような変化をみせるのかが非常に楽しみです。
よって私はこう思います。
・計画の活動=売り上げ向上 に直接繋がることはなくとも、歩く人を立ち止まらせることが出来る。江古田を利用する人に商店街を注目させることが出来る。

>協賛者・・・長期的なメリット 江古田が【盛り上がり】 来訪者や住民が江古田をより振り返るようになり商店の売り上げが増加する
>その”新たな街”を創る学生への協力をしたという自己満足が得られるということ

↑をふまえた上で、この発言は矛盾しています。私は 盛り上がる=利用者(足を運ぶ)が増える、と位置づけています。例えば 池袋で頻繁に買い物をする人が池袋ではなく江古田で買い物するようになるかどうか。
・・・わかりません。計画の活動は「へぇ〜。江古田にこんなに沢山お店があったなんて知らなかった〜。今度まちを歩いて見ようかな。」と気付かせることは出来ると思います。

87: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/18(水) 23:13
>84
「この掲示板で色んな人がこんなことを言っている。さて、どうやって活動に反映させてゆくべきか。」
計画に伝えて、答えを出し、掲示板で発言する(あるいは HPで発表し、更新のお知らせをする)のは当然私の義務です。
作戦会議という言葉→この掲示板の為 オンリー に、計画一同で掲示板への対応を考えるという印象をもってしまったのです。

突然湧いた身も知らぬ学生の集まり=江古田計画 が信用と期待を得るには、やはり「継続的に行動していく 計画性を持ったイベントなりを打っていく」のが一番効果的である と改めて感じます。もちろん情報を公開し、発信していくことも同時進行です。

>「こういうことをやっているんですが、先生、なんかいいアイディアありません?」というレベルの話ではありません。
そういうレベルの話ではないことは理解しています。「ひっかかり」の解消の為にこの議題が存在しているのですよね?
私の発言に軽々しいもの、口先だけの印象を持ちますか?少なくとも私は本気で考えて発言し、皆さんの書き込みを受け止めています。

88: 名前:こばやし投稿日:2003/06/18(水) 23:56
>>86-87
>何かをする ということです。
>例えますと、
>・学生に向けて 江古田を振り返ろうキャンペーンを打つ。これは音大さんが実行しているような”エコマップ”などが該当します。
>・商店街/その近辺で計画が イベントをする。アートマーケットなどが該当。
「エコマップ」の効用は学生に限らず、江古田在住の住民の多くに有効ですよね。
また、イベント=「アート」マートと言うのが不明。
「アート」を選択した必然性・蓋然性について、全く言及されていません。
あと、「など」ってなんでしょうか。
曖昧で、具体性のない言葉の繰り返しになっていると思います。

>利用する人が増えたかどうかは朝から晩まで何年も調査しない限りわからないし、増えても商店(街)の売り上げが増加するか、私は断
>定出来ません。何故なら、商店(街)の売り上げは 外部からの働きかけだけで増加すると言い難いからです。商店(街)が利用者を増
>加させて販売を促進させるには、ご自身の経営努力などが大きく影響されると思うのです。
江古田計画は、結果の判断しがたい活動に対し、協賛金を募っていると言う事になりませんか?
あまりに軽率な発言だと思います。

>私の発言に軽々しいもの、口先だけの印象を持ちますか?少なくとも私は本気で考えて発言し、皆さんの書き込みを受け止めていま
>す。
前にも言いましたが、BBS文字のみでやり取りされます。
誤解を招く表現は、極力排除すべきです。
(それ故、AZUKI氏は長文になっているのだが・・・)
また、江古田計画第3世代が軽率な発言をする事で、
江古田計画全体が同様の意見をもった集まりだと誤解を受けます。
(個人的、オフィシャルな発言を問わず・・・)
ここに書き込まれた意見に対し、説明しようとの熱意は感じられますが、
いかんせん稚拙であると感じてしまいます。
もう少し、言葉の意味を読み取って頂きたいし、
その上で言葉を選んで回答して頂けたらと思います。

89: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/19(木) 00:56
>>86-87
>何かをする ということです。
>例えますと、
>・学生に向けて 江古田を振り返ろうキャンペーンを打つ。これは音大さんが実行しているような”エコマップ”などが該当します。
>・商店街/その近辺で計画が イベントをする。アートマーケットなどが該当。

確か、音大の江古田mapは、3年生(だったかな)が江古田校舎に移ってくるにあたって、江古田の街がわかりやすいように、という配慮で作成されているものだと聞いています。
が、これは江古田計画の手柄ではなく、すでに連綿と続けられてきた音大の江古田学友会執行部広報の実績です。
類似企画としてあげるなら、当江古田飲み食いランキング2もそれに当たりますし、同様の目的を持ったサイトはすでにいくつもあります。
後追いであってももっと使いやすいとか、もっと便利なものを江古田計画が企画中であるならば、早く実現して欲しいです。

アートマーケットが「江古田を盛りあげる必然性・蓋然性を持っているかどうか」についての説明について不十分であるというこばやしさんの指摘ですが、僕も同じように思います。
盛りあげるための方法論がなぜアートでなければならないのか? それは賛同を得られるのか? もしくは、十分に賛同を得られる説明をコレまでしてきているか? それは口頭のみか? 文書が残っているなら、ぜひとも見たい、ということです。

音大の江古田学友会の話がちょっと出ましたが、学友会の江古田mapは、インターネットによる飲食店ガイドが登場する以前にあっては、江古田でもっとも具体的かつ実用的なガイドだったと思います。
何処に何屋があるか、というだけでも十分実用性があります。
これに匹敵する「具体性のある計画」を、江古田計画が出せるかどうか?ですね。

90: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/19(木) 01:00
少なくとも、アートマーケットは「テーマが絞られたフリマ」以上でも以下でもなく、江古田である必然もありません。
現時点では、僕はそう解釈しています。

「日大、音大があるからアート」ということなら、武蔵大学の立場は?
「アートというわりに、日大、音大のコラボレがあるわけでもない」
「漫画家、アニメーター、音楽関係者が多く住む街=アート」ということ?
「アートと街の結びつきの部分が、希薄すぎるのではないか?」

これらに対して、江古田計画第三世代さんは、どのような回答をお持ちでしょうか。
それこそ、極論だけど仮に「アートマーケットはおもしろいから、渋谷でやらないか?」って言われたとき、アートマーケットは簡単に渋谷に移転させることができるでしょう。
江古田でなければそれができない、という必然はどこにもないわけで。
もしくは、江古田の商店主がアートを欲している、という蓋然性もないわけで。

そうしたところへの説明をもう少しお願いできればと思います。

91: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/19(木) 01:13
>江古田計画第3世代が軽率な発言をする事で、
>江古田計画全体が同様の意見をもった集まりだと誤解を受けます。

AZUKI さんの書き込みの様に理論的であり 且つ誤解を招かない文章を書くのが どうも下手で、、、
そして稚拙な書き込みを続けると より多くの誤解を招き続けることになるのでこれ以上の発言は控えようと思います。
近い未来に 江古田計画公式HPが今より具体的な情報を発信するので、そちらを見て頂きたいです。。
個人で書き込んでいると、どうしても主観を拭い切れません。というより私の文章力が未熟なので、伝わらなかった部分が多いと思います。
途中の仲間の書き込みなどの謎、アートについての回答は不完全ですが、これらもきちんと公式に発信したいと思いますので宜しくお願いします。

江古田計画公式HP
http://ekodakeikaku.com [source] [check]

92: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/19(木) 01:33
>AZUKI さん
書き込む時間が一緒になってしまい、、、疑問を投げかけて頂いているのに、ご免なさい。
ご説明する意思は十分にあるのですが、常に空回りしてしまいます。
アート (他、問題提起して頂いたトピック)については 公式HPでの具体的な情報を発信したあとに、必ずここで(引き続きこの場をお借りすると思います)ご説明/意見交換を再開したいと思います。
オフィシャルな見解が出たあとなら、私の意見と計画の方向とが混同せずに済むと思いますし、私の稚拙な文章での説明が原因で議論がちっとも先に進まないと感じました。
一方的ですが、公式見解が出るまで暫くお待ち下さい。以後も江古田計画への応援を何卒宜しくお願いします。

93: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/19(木) 03:05
ここでの継続しての発言については、いつでも歓迎です。
「公式見解」がいつになるのか(第三世代のうちに出るのかどうか)については我々部外者には量り知ることができませんが、遠くない時期に「公式見解」を拝見できることを楽しみにしています。

現状の江古田計画HPは隅々まで目を通すよう心がけていますが、工事中のままになっている箇所も多数ありますよね。
そうした部分をしっかり発信していくこと、このスレで打ち出された疑問などに対して、一問一答のQ&A/FAQを用意するなどして、より「具体的」な情報発信をなさるのがよろしいかと思います。

ちなみに。
もし、本当におもしろいことをやろうというなら、そしてその計画に【なるほど、そりゃおもしろい】と賛同できるなら、僕は商店主でもなんでもないけど自腹を切る準備はありますよ。
ただ、身銭を切るだけのおもしろさを十分納得できるように説明していただければ、という条件は付きますが。全然関係ない話なんですが、靖国神社近く(早稲田通りの入り口)の街灯ってご覧になったこと有ります?
あれって、テントウムシのフェイクがくっついてるんですよね。
ああいう、さりげないフェイクが街のあちこちにあったら、それを見つける(=それがある街に行かねば見られず、それを探して回る)楽しさがあっておもしろいかも。
近いところでは、池袋ナンジャタウン福袋七丁目のギミックや、ジブリの森美術館の「ささやかなイタズラ」が、それに当たると思います。

まず、そういう「仕掛け」を先行しているテーマパークなどを見て回ってみても何かのヒントが得られるのでは?

94: 名前:こばやし投稿日:2003/06/19(木) 06:45
>また、江古田計画第3世代が軽率な発言をする事で、
ここ、呼び捨てにしちゃってすいません。

95: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/20(金) 00:05
ところで、江古田計画第三世代さんが完全に沈黙されてしまう前にひとつお伺いしておきたいことがありますがよろしいでしょうか。

もし、「江古田計画」が計画している何らかの計画と同様、もしくは類似の計画を、江古田計画以外の組織・団体または個人・有志がやりたい、もしくは企画を進めている場合、江古田計画さんはどのような対応をなさいますか?
・共闘関係?
・提携関係?
・計画を明かしあって共同歩調?
・後発の計画が江古田計画の先行している計画とまったく同じ内容だった場合、差し止め要請?
あくまで、相手が「江古田計画のことは知らないし、自分たちは独自にやる」と言い張り、なおかつやろうとしていることが江古田計画とまったく同じだったら?という仮定の話なんですが。

この質問=江古田計画と敵対的な組織の実在をほのめかすもの、ではありませんし、江古田計画オトナ部会(笑)を自称しているこのスレの住人に、何か共通の企みがある、ということを保証するものでもありません。
単なる興味からの質問です。


昔話になりますが、ずいぶん前、最初の世代の頃の話になるんだけど、江古田計画の存在について知ったものの、関係者に接触する方法がなかったんで、あの江古田計画のマークをちょっと改変したバナーを作って「江古田計画応援してます」ってやったら、江古田計画第一世代の方々に大変叱られた記憶があります。「勝手なことすんな」と。
僕としては、「それがおもしろそう」だったら、自腹切って協力してもいいよ、というか手伝いたいね、という気持ちは今も変わりません。

が、「何かをしたいという気持ち」ばかりが先行して、「何をしたいのか」が見えてこないまま、すでに3世代目に及んでいるのが現状なのですね。

というわけで、江古田計画。
どう進んでいくか、これからも楽しみにさせていただきたいと思います。
応援しています。がんばれ。

96: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/20(金) 23:34
>もし、「江古田計画」が計画している何らかの計画と同様、もしくは類似の計画を、江古田計画以外の組織・団体または個人・有志がやりたい、もしくは企画を進めている場合、江古田計画さんはどのような対応をなさいますか?
>あくまで、相手が「江古田計画のことは知らないし、自分たちは独自にやる」と言い張り、なおかつやろうとしていることが江古田計画とまったく同じだったら?という仮定の話なんですが。

対応ですか? う〜ん、私達の存在を知らないと言い張り、でも活動内容が一緒の場合ですよね?
私は 興味を持って情報を集めると思います。もし江古田計画を本当に知らない様子なら、連絡を取ってみるかもしれません。
一つだけ確実に言えることがあります。活動内容が一緒である場合、12商店街が混乱してしまいますね。
2つの団体が混同されてしまって、事態が混乱した時点で、(ここからは予測ですが)江古田計画と新規の団体で何らかの話し合いをすることになるのではないでしょうか。

これからも応援宜しくお願いします。

97: 名前:cat投稿日:2003/06/21(土) 00:20

高円寺『ハート・トゥ・アート』:高円寺で開催される地域密着型アートイベント
http://b2c-1.rocketbeach.com/~heart-to-art/ [source] [check]

ここ、紹介したつもりになっていました。今さらですが、リンク貼っておきます。

98: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/21(土) 00:54
?式に、より具体的な最新の情報を発信するまでは暫く発言を慎むつもりです。
が、、、完全に沈黙するという意味ではありません。
いつでも質問等は歓迎しますので宜しくお願いします。
質問が私個人ではなく計画全体に向けられたものである場合は、現段階では答えられませんが ひとつの意見として皆に伝えます。

99: 名前:cat投稿日:2003/06/23(月) 18:33

>江古田計画第3世代さん

差し出がましいようですが、2点。

01 公式サイトのリンク集で、「長崎大学山口ゼミ」がリンクデッドになっていませんか?
02 「山口ゼミ」のサイトの「まちづくりシンポ」参加記録のページに、以下のような記述があります。
> 江古田計画は、東京都中野区の江古田地区をたくさんの人に知ってもらおうという目的でたちあがった団体です。
お気楽なページですので誤記を責めるのもなんですが、やはり正確を期すべく訂正をお願いした方がよいのではないでしょうか。
すでに申し入れをされているのであればゴメンナサイです。

100: 名前:cat投稿日:2003/06/23(月) 20:35
っていうか、シンポ開催者の広島修道大商学部によるチラシ自体が間違っているんですね。
全国的には「江古田=中野」なんでしょうか。(笑)
↓ PDFファイルです。

http://comm.r1.shudo-u.ac.jp/~kawana/sympo03.doc [source] [check]

101: 名前:cat投稿日:2003/06/23(月) 22:58

↑ スイマセン。PDFではなくてDOCファイルですな。
ついでなので、HTMLバージョンにもリンク貼っておきます。(同じ物ですが、イラストや申し込み欄の表組みは表示されません。)

http://www.google.co.jp/search?q=cache:pPH-iZm-X1oJ:comm.r1.shudo-u.ac.jp/~kawana/sympo03.doc+%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja [source] [check]

102: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/26(木) 04:52
> CATさん
デッドリンクのご指摘有難うございます。修正します。
ハート・トゥ・アートご存じなのですね!高円寺で行われる、大変素敵なアートイベントです。ハート〜さんの運営方法は参考にさせてもらってます。
>100
チラシの間違いは指摘しましたが修正していないようです。
「中野ではなく練馬だよ」と軽く訂正して済ませたのが原因かもしれないです。なにしろ全国区ですから。山口ゼミ誤記=指摘します。


103: 名前:江古田計画第3世代投稿日:2003/06/26(木) 05:04
企画の告知をさせていただきます。

江古田計画3大学合同説明会を行います。
・江古田計画の活動説明
・江古田の歴史、利用者への調査、学生の視点を基に江古田の新たな可能性を探る
・自由参加のディスカッション
以上を中心に約1時間のプログラムを予定しています。
どなたでも参加できますので、時間の余裕のある方は奮って御参加下さい。
場所:武蔵大学 8号館(新しい建物) 8702教室(7階)
日時:7月4日 16時半開場 17時開始
宜しくお願いします。

江古田計画公式ホームページ  http://ekodakeikaku.com [source] [check]
メールアドレス  info@ekodakeikaku.com

104: 名前:こばやし投稿日:2003/06/29(日) 00:29
↓スレ違いかもしれないけど、こんな話もあるってさ。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/space_exploration/ [source] [check]

105: 名前:中村投稿日:2003/07/04(金) 14:13
久しぶりに来たけどあれで終結っぽ感じなんですね。

>>104
超遅レス(しかも更新されちゃってるし…)ですがロマンあるハナシですねぇ。
バイトで工面ってのがこれまた…。

ところで今日の説明会(?)行く大人部会の人っています?
行きたいところですが週末の17時に仕事終わるような大人なんていないっつの。
…って、いたらゴメンナサイ&レポよろしくです。

んもう。

それよりも大人部会(飲み)やりません?

106: 名前:cat投稿日:2003/07/04(金) 19:41

>中村さん

なにもsageなくても。(笑)

>…って、いたらゴメンナサイ&レポよろしくです。

... に、わたしも1票。

107: 名前:"若マス"投稿日:2003/07/04(金) 21:25
誰か行きましたか?
今日大学生っぽい子が何やら覗いたりみたいな
変な行動する人が何人かいたけど・・・・・。

108: 名前:AZUKI投稿日:2003/07/04(金) 22:19
すっかり忘れていました(T_T)
つっても17時はまだ仕事をしていました<今もしています。

なんとなく7/4が土曜日のような気がしていて(^^;)、「時間取れたら行こう」とか思っていたのですが(^^;)
というわけで、行った方がいましたらレポよろしくに僕も一票。

それよりも、オトナ部会やりたいですなぁ(笑)
今週末はちょっとものすごいコトになっていますので時間が作れませんが、7末くらいとかいかがでしょうか。

金・土・日のいずれか、または何時くらいスタートならオトナは来れるのか。

オトナ部会(という名の飲み会かもしれませんが(笑))、やる方向で参加希望者&スケジュールの都合をお伺いしたいと思います。
どうでしょう?

109: 名前:こばやし投稿日:2003/07/06(日) 23:45
「アキバおそうじ志隊」ってイベント(?)があるらしい。
街の清掃も、企画者の工夫次第で継続的なイベントになるんだね。
またまた、スレ違いでスマソ。

110: 名前:AZUKI投稿日:2003/07/07(月) 05:38
江古田計画とは直接関係ないけど、話題の流れでこちらにご紹介。
江古田の山賊さんのところの、

◆江古田駅周辺地域ポイ捨て防止キャンペーン
http://sanzoku.kir.jp/poisuteboushi/ [source] [check]

しまったぁ。全然気付いていませんでした(T_T)
今やってる修羅場が抜けたら、江古田!町内会からもバナーを貼らせていただこうと思います。

111: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/07/07(月) 10:03
「一人でも始められるもんね」とひっそり始めました(笑)。
そろそろコチラをお借りして告知させて頂こうかと思っていたのですが、
取り上げて下さってありがとうございます。

環境美化は「ゴミ拾い」ってすぐ思われがちですが、捨てなきゃ拾う必要無いので(笑)。
「捨てない、捨てさせない」を目標にしてキャンペーンを始めました。
「ポイ捨て防止」で「禁止」じゃないところがミソです。
頭ごなしに「ダメ、禁止」って言うよりも、
皆で意識して、声掛け合って行きませんか?って意味で「防止」にしました。

エコジェネで知り合った他のお店にも御賛同いただいてチラシを配ったり、
Webサイトを作ったりしてアピールしています。
http://sanzoku.kir.jp/poisuteboushi/ [source] [check]
皆様からの御意見も是非お聞かせ下さい。

112: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/07/31(木) 15:50
学生さんは、もう夏休みですかねぇ、一時の賑わいもうそのような...
で、アートマーケットといえば御近所・高円寺で『ハート・トゥ・アート』というイベントがありますね。
http://b2c-1.rocketbeach.com/~heart-to-art/echords-02.html [source] [check]

113: 名前:こばやし投稿日:2003/08/14(木) 21:17
こんな企画、面白いと思いませんか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030814-00000025-kyt-kin [source] [check]
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2003aug/14/W20030814MWC3Z100000025.html [source] [check]
http://www.uchimizu.jp/ [source] [check]

114: 名前:中村投稿日:2003/08/15(金) 11:13
>>113
面白い!!
参加しようっと!!

115: 名前:cat投稿日:2003/08/16(土) 22:40

>>113
こういう話、好きですねぇ。

116: 名前:上村@江古田計画HP担当投稿日:2003/08/18(月) 01:01
管理人様
お世話になっております。
開催と中継が決定致しましたので、現在急ピッチで更新していますが公開は明日になりそうです。
詳細は明日の朝メールしますので、宜しくお願いします。
メーラー不具合でこちらに失礼しました。

117: 名前:116の訂正投稿日:2003/08/18(月) 01:05
管理人様
明日は今日のことでした。
もう1時ですものね。

118: 名前:AZUKI投稿日:2003/08/18(月) 14:41
ということで、さっそくリンクしました>上村さん
町内会トップページ/ランキングのメニューの2箇所に、仮バナーを掲示してあります。
ブースが全部埋まって、大成功するといいですね。

119: 名前:上村@江古田計画投稿日:2003/08/19(火) 14:59
江古田計画です。
管理人さま、ありがとうございました。
突然ですが、告知をさせてください。
第7回アートマーケット
9月15日(敬老の日)
ばしょ:旭丘銀座商店会 メイン会場は東京三菱銀行駐車場です。
出展ブース:40 
今回はステージを特設し、パフォーマンスや音楽ライブの発表の場とします。
また、飲食店の出店があります。
協力:旭丘銀座商店会 ほか

詳細は江古田計画HPにてご覧下さい。 http://ekodakeikaku.com [source] [check]
リンクフリーです。
相互リンクも大歓迎ですので、ご連絡下さい。

120: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/08/22(金) 13:05
御連絡を頂いた事もあって「江古田計画」さんと「エコジェネ」が相互リンクしました。
「江古田駅周辺地域ポイ捨て防止キャンペーン!」にも御賛同頂きました。
エコジェネ→http://sanzoku.kir.jp/ekogene/ [source] [check]
ポイ捨て防止→http://sanzoku.kir.jp/poisuteboushi/ [source] [check]

「江古田計画」さんも色々あって少しアプローチの仕方を整理されたようですね。
私もHPを見させて頂いてそれを自分なりに理解したつもりです。
私が一番引っ掛かっていた「非営利組織」的な記述もなくなり、
「会社」みたいなものとされていたので自分なりに納得しました。
私なりには「学生のイベント・サークル」と解釈しています。
志し、やり方は独自の物があるのでしょうが、
現時点でコレ以外の物とはやはり認識しようがないのでご了承下さい。
別に見下している意味ではないので、念のため。
ココから始まると思うので。
コレが活動いかんによって変わってくるのではないでしょうか。

江古田の一商店主の立場からひとつ言わせて頂ければ。
そうでない方もいらっしゃると思いますが、
正直言って江古田の商店主、商店会の方々は少なくとも以下のような
「色メガネ」で見ていると思って頂いた方がよろしいのかと思うのですが。
「(お客さんでもある)江古田の学生さんがやっていることだから協力(協賛)してあげよう(例え曖昧な所があっても学生さんがやっている事だから、まぁイイじゃない)。」
この事に甘えてしまわないように気をつけて下さいね。
江古田の商店の方々は生活をかけて店をやっています。
この不況の深刻化している状況で、意味も無く払えるお金なんて基本的には無いと思います。
協賛で出されるお金は商店主さん達の働いて得た貴重な財産です。

例えば。
大学のサークルさんが私の所に発表会などの協賛広告(パンフに載ってるアレ)を依頼に来た時の例を上げましょう。
●特に来た当人&サークルを(個人的にも)よく知っている訳でもない。
●広告効果がほとんど無く「おつきあい」の意味しか無い広告である事を知っている。
●また得にそのサークルのメンバーが常連客でもなんでも無い。
●そのお金で◯週間生活できる←必死!
→誰が見ても、協賛広告を出して広告料を払う事はナシでしょ?

最後に、元気に「江古田で遊ぶ」事を楽しんで頂ければと思います。

欲を言えば.......
アートマーケットの収益を何かに寄付するとか、もうひとひねりあるとカッコイイんだけどなぁ(笑)。

121: 名前:AZUKI投稿日:2003/08/22(金) 14:14
えー、唐突ですが。
今回のアートマーケット第7回の概要を見て思ったこと。
露店、ライブ、パフォーマンス、中継……プチ学祭?(^^;)

9/15の中継はTVの前で見ることになるか、適当に時間を外しつつデジカメ持って様子を窺いに行くことになるか、どちらともつきませんが、楽しみにしています。

企画そのものは割と急に決まった(NHKの中継の話が先で、アートマーケット開催はそれに合わせるという形)と聞いていますし、その意味で進行や募集なども苦労されると思いますが、「商店街ではない外部企業(NHK)」と関わって何かするのは、いろいろ大変だと思います。
頑張っていただきたいものです。

で、それを見た後あたり、オトナ部会(という名の飲み会)でも、と思うんですが、皆様のご都合は如何でしょう?

122: 名前:中村投稿日:2003/08/22(金) 18:35
オトナ部会参加しまっす!!

…って僕この発言しかしていない気が?
とういうワケでsage…。

その前に打ち水!?

123: 名前:江古田計画 上村投稿日:2003/08/23(土) 04:01
えこだの山賊さん、相互リンクありがとうございます。

>「学生のイベント・サークル」
>「(お客さんでもある)江古田の学生さんがやっていることだから協力(協賛)してあげよう
>(例え曖昧な所があっても学生さんがやっている事だから、まぁイイじゃない)。」

これからの江古田計画の活動を見て理解していただけたら、あるいはこの認識も変化する余地があると思っています。

AZUKIさん、トップページへのリンクありがとうございました。
>今回のアートマーケット第7回の概要を見て思ったこと。
>露店、ライブ、パフォーマンス、中継……プチ学祭?(^^;)

これから本格的に各所との打ち合わせに入ります。
会場の雰囲気作りなどは特に入念に準備しますので、学祭風になるか、はたまた街のお祭り風になるか、皆様楽しみにしていてください。

>「商店街ではない外部企業(NHK)」と関わって何かするのは、いろいろ大変だと思います。
>頑張っていただきたいものです。

開催が早まったのは事実です。この企画は3ヶ月先に予定していたものでした。
テレビ中継があるだけに全力で頑張るしか方法がありません。

中村さん、当日は是非会場に見に来てくださいね!

124: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/08/23(土) 12:46
ウチはまぁ参加するとか出来ませんので、常連サンなどなどに声をかけてみましたよ。
で、飛茶瓶洞系参加者を紹介。
・たこ☆まさる氏 イラストレーター&ミュージシャン
FLYING TEAPOT で度々個展を開いてます(11月にもやります)
http://takomasaru.net/octopus/index.html [source] [check]
・Ackeyさん シンガー&ミュージシャン
 たこ氏の友人。ゴスペルやスタンダードが楽しめます。
http://www.pp.iij4u.or.jp/~ackey/ [source] [check]
・Trio4 トリオフォー
 なんと紹介して良いのでしょう?映像と肉体派ギャグハプニング、がらくたとモンティーパイソン。
 とにかく、目の離せない集団です。
http://trio4.tripod.co.jp/ [source] [check]
・夏一葉さん ライター フリマで参加
http://www007.upp.so-net.ne.jp/natsu/ [source] [check]
・かねこひろゆき氏(ミュージシャン「なぞのやさい星人あらわる」)は前向きに検討中とか、
 皆さんラブコールを!
http://www.os.rim.or.jp/~kanehiro/ [source] [check]

ということで楽しんでください。

125: 名前:""""""""コ""投稿日:2003/08/27(水) 10:22
_| ̄|○ 打ち水できなかった…。

126: 名前:中村投稿日:2003/08/27(水) 10:28
>>125
_| ̄|○ 名前が化けちゃった…。

127: 名前:江古田計画 上村投稿日:2003/08/27(水) 23:49
江古田計画からのお知らせです。
旭丘銀座商店会と江古田銀座商店会さまのご協力により、
第7回アートマーケットの会場規模が拡大致しました。
旭丘銀座商店会の入り口(東京三菱銀行の前)から、
江古田銀座商店会の踏切前まで(新しいコンビニ、ポプラがテナントのマンションに隣接する踏切付近)までとなります。
ブース数が倍増する事はありませんが、商店会が子供向けの催し物を用意しています。
新しい情報が入りましたら改めてアナウンス致します。

128: 名前:上村投稿日:2003/09/01(月) 20:01
@Niftyのポータルサイトに江古田について書かれています。
もちろん江古田計画も。
http://myhome.nifty.com/koko/030801/index.htm [source] [check]

129: 名前:""""ア""""ホ""""""""オ""投稿日:2003/09/03(水) 00:06
ワタクシも打ち水できなかった(涙)

130: 名前:江古田計画上村投稿日:2003/09/13(土) 20:25
「NPO」というものについて、少し。
江古田計画の活動が非営利であり、まちづくりという一貫した目的を持っている。
商店会と江古田計画の関係は対等であり、主とする「アートマーケット」では共催という形が成立している。
NPO法人として認可を受けるための条件のひとつに「情報公開」がある。

以上の理由から、江古田計画の存在を「非営利活動組織」と位置づけても問題ないのではないかと思いました。
ただ情報公開が足りないために、法人として認可を受けるのはまだ先になると思いました。
組織の人数が少ないので法人になるのはつらいけど、法人になれば組織の信用度などは急上昇。
学生の遊びサークルとは思われなくなるでしょう。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/npo/index.html [source] [check]
http://www.npoweb.gr.jp/ [source] [check]
http://www.npo-hiroba.or.jp/q-a/index.html [source] [check]

アートマーケットまであと2日。

131: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/13(土) 20:39
>>130
「まちづくり」というのが、やはりまだ具体性の点で判然としないという曖昧さを残していると思いますけどね。
また、NPO法人として認可を受ける前に、「NPO」を名乗ってしまうのも問題アリでしょう。
「非営利活動組織」と自称するのは自由ですが……。

情報公開について。
今回の9/15のアートマーケットについては、今のところ順調であるように思います。
非営利活動組織を目指すのであれば、今よりさらに「自省力」「外部からの監察」「閉鎖性の解消」などが求められるでしょう。

アートマーケットまであと二日。
僕はもしかしたら、NHKの番組録画が精一杯かもしれません。
また、翌日が〆切なんで(^^;)

132: 名前:名無し投稿日:2003/09/13(土) 21:01
江古田がちょっと気になって
いろいろとネットしてましたら、
江古田計画と江古田制覇計画という
二つの組織?があるんだけど、なんか関係あるんすか?
なんか紛らわしいっす!
どこに質問していいか分からなかったんでこちらに書き込んでみました。
管理人さんごめんなさい。

133: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/13(土) 22:32
江古田計画は、http://ekodakeikaku.com [source] [check] に子細がありますが、
江古田三大学の有志が、「江古田にアートを」を旗印にまちづくり
計画を進めている企画です。

江古田制覇計画は、「江古田にある飲食店を実際に食べ歩いて、
江古田を制覇しよう計画」ですが、http://sapporo.cool.ne.jp/hokkaidor212/ [source] [check]
hokkaidor212さんという江古田界隈の大学に在学中の個人の
学生の方の、個人的制覇計画(企画)です。
どちらが古い新しい、という後先の問題はよくわかりませんが、
「江古田制覇計画」の精力的な江古田"制覇"活動(笑)は、
わりとよく知られてきたもので、実用性の上で、非常に有用な
ものとなっています。
なお、それぞれ接点がある関係だ、という話は聞いたことがありません。

134: 名前:うし投稿日:2003/09/13(土) 22:54
15日は覗いてみようかなー妻子もいないし(笑)。
>130
批判する意味ではないので誤解なき様にお願いしたいんですが・・。
NPO「法人」云々ですが、法人か否かってあんまり関係ないような気がします。
「組織の信用度」って抽象的な表現をされていますけど、それが「急上昇」するとは?
僕は仕事で企業信用調査や分析もしているんですが、法人だからとか許認可を受けているとかそーゆーのはあまり大きな要素ではありません。
ディスクロージャーだってやれば良いってモンじゃないし。
要は「誰が何をどうやってやるか」が明確かどうか、ではないでしょうか。
過去のレスでもあった通りですけど、江古田計画の方々はちょっと迂闊な発言をして誤解を招くケースが多くないですか?

135: 名前:江古田計画上村投稿日:2003/09/14(日) 02:45
江古田計画は「江古田計画」で、ただひとつです。
そして実際に組織として活動している団体です。
他団体(個人?)さんとは何の関係もありません。いまのところ。

江古田計画をどう表記しようかと、江古田計画HPの管理人として考えていたことを書いてみました。
もう少し勉強して活動の輪を外に向けるように頑張ります
AZUKIさん、うしさんありがとうございました。

みなさんアートマーケットでおまちしています。

136: 名前:江古田駅周辺地域ポイ捨て防止キャンペーン投稿日:2003/09/14(日) 11:49
江古田駅周辺地域ポイ捨て防止キャンペーン!発起人の市川です。

先日、江古田計画の代表の小林さんとちょっとお話する機会があったのですが。
小林さんは私の運営するお店情報の「エコジェネ」と、
この「ポイ捨て防止キャンペーン」を混同されていて正しく理解されているのか不安です。
江古田計画さんはこの「ポイ捨て防止」に御賛同頂いている団体ですので、
お手数ですが上村さんの方から代表の方やメンバーの方々にきちんとお伝え頂けます様お願い致します。
アートマーケットは人が大勢参加されるイベントと思いますので、
是非スタッフの方々、参加者の方々に「ポイ捨て防止」を御理解頂きたく思います。

お忙しい所申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

江古田駅周辺地域ポイ捨て防止キャンペーン!

http://sanzoku.kir.jp/poisuteboushi/ [source] [check]

137: 名前:うし投稿日:2003/09/14(日) 17:40
そういえば、今日新聞に「アートマーケット」の折込が入ってましたね。
前から折込チラシはやらないのかなーと思ってはいたんですが。
明日は晴れるとイイですね。

138: 名前:ポイ捨て防止キャンペーン投稿日:2003/09/15(月) 09:13
江古田計画上村さんからメールにて御回答頂きました。
アートマーケット会場ではゴミ箱を3個設置して下さるそうです。
来場する皆さんもポイ捨てしないで「ちゃんとゴミ箱を見つけて」ゴミはゴミ箱に捨てて下さいね。

江古田駅周辺地域ポイ捨て防止キャンペーン!

http://sanzoku.kir.jp/poisuteboushi/ [source] [check]

ところで、
商店会で配られているアートマーケットのチラシ(私はポプラでもらいました)があるのですが。
そこには「主催:旭丘銀座、江古田銀座」と大きく書かれていましたよー。
うしさんが見た折り込みチラシはソレなのではないでしょうか?
江古田計画さんのチラシには「主催:江古田計画 協力:旭丘銀座、江古田銀座」となっていましたが...。

139: 名前:うし投稿日:2003/09/15(月) 18:18
>138
ご指摘の通り、僕の見た折込チラシは「主催 旭丘銀座・江古田銀座」というヤツです。
ちょっと引っ掛かったのは確かです。

140: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/16(火) 12:55
で、あのー、昨日のレポートなどは……(^^;)

141: 名前:cat投稿日:2003/09/16(火) 13:31

すいませ〜ん。昨日は所用で出ていて、見にいけませんでした。わたしもリポート希望です。
「ひるどき〜」は録画で観ましたが、シャッターペイントがメインな印象でしたね。
何はともあれ、お疲れ様でした。 > 江古田計画の皆さん

>>138-139
わたしが見たのも「主催 旭丘銀座・江古田銀座」のチラシです。「都民銀行・ひがしん・巣鴨信金」が協賛になっていました。
最下段に江古田計画の名前とURLが記載されていましたが、ほとんどの方には、なんだかわからないでしょうね。

142: 名前:桑折(でざいん屋)投稿日:2003/09/17(水) 02:58
運良く仕事にアキが出来たので行ってきましたアートマーケット。
感想を正直に言うと、「年2回以上くらいの頻度でこの規模を継続できれば、まあ成功と言えるんでない?」ってな感じ。

気に入った絵描きさんを発見できたので、それは収穫
http://www.takomasaru.net/ [source] [check]

あ、ステージイベントは要らないね。誰が企画したか知らんけど。
それよか駐車場の片隅でやってた似顔絵バトルをステージに持っていったほうがいいんでは?
ステージ上のモデルには判らないように、固定アングルにして小モニター多数でで各バトラーの描く絵を映すのもいいし、大モニターにしてMC一人とカメラ兼業アシスタント一人くらいつけるのもいいと思う。

とゆーことで、偏った感想でした。

143: 名前:うし投稿日:2003/09/17(水) 08:44
僕もチラっと見ました。というより「通った」という程度なんですが・・。
昼前ぐらいだったのですが、思ったより人出はありましたし、なんというか「それらしい感じ」は出ていたと思います。
>あ、ステージイベントは要らないね
これは同感。ウチの娘は手たたいてましたが(笑)。
ともあれ暑い中お疲れ様でした。

144: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/09/17(水) 11:27
ああっ!似顔絵バトルやってたのですか。
面白いッスよね、盛り上がるし。
たこ・まさる氏は11月にフライング・ティーポットで個展をやります。
彼のでかい絵が見られますよ。
 ジョン(犬)や、やさい星人・かねこサンのLIVEもアリです。

145: 名前:cat投稿日:2003/09/17(水) 11:42

公式サイトのホームページから「ラーメンマップ」に直接ジャンプできるなど、ユニークな武蔵大学ですが、やってくれています。
もう写真つきの紹介ページが...。
http://www.musashi.ac.jp/news/20030916.html [source] [check]

146: 名前:アトマいきました投稿日:2003/09/18(木) 21:24
ま、なにわともあれ、おっさん達には学生のやること全てが気に入らないという、、、
ピーターパン症候群の一種ね。ココは。

でも、髪が緑の人たちが江古田計画に参加してないのがほんと良かった〜^^

147: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/18(木) 23:10
>>146
ぜひ入れて貰おうと思ってるんですが(笑)、大学生限定なんですよね。江古田計画って。

学生のやることがなんでも気に入らないということはありません。
すでに学生には混ぜてもらえないお年頃ですから、「商店街」ではない「オトナ」として、言いたいことがあれば言う、と。
学生さんの側からすれば「部外者が勝手なこと言いやがって!」という不満も多いと思いますし、その意味で髪が緑の人(たち、ではありません(笑)。髪が緑なのは一人だけです(笑))を始めとするオトナの言いぐさが気に入らないこともありましょう。
それは自覚をしています。

ただ、この話題について言えば、究極的には「江古田は誰のもの?」というテーマにぶち当たるのではと思うんですよ。
江古田計画の目的は「まちづくり」ですよね。
では、「街」は誰のもの? 誰が構成しているもの?
もちろん、学生さんも街に参加しています。地元の商店、商店街も当然そうでしょう。
では、地元の商店街だけが「地元のオトナ」でしょうか?
いやいや、それでは「住人」の立場が。住人は「仲間はずれ」ですか?

「まちづくり」を考えた場合、重要なのは「コミュニティの形成」と、コミュニティを円滑にするための「ネットワークの形成」ではないかと思います。
そのコミュニティ&ネットワークの中で、学生さんから見て「オトナ」というのはもしかして「地元の商店街の店主、商会の世話役」だけなんでしょうか?
「住んでいる、暮らしている住人」というのは、蚊帳の外になっていませんか?
現代の都市に暮らす住人同士というのは、確たるネットワークや組織を持っているわけではありません。
建前としての町内会はありますが、実際には回覧板の回ってこないアパート/マンション住人だって珍しくない。というか大部分。
そう考えると、「まちづくり」をするに当たって、街を構成している要素のひとつであるにも関わらず、コミュニティが完全には完成されていない「ただの住人たち」は、簡単に「部外者」になってしまいます。
部外者をそのままにしたまま、「まちづくり」はうまく行くのでしょうか?

この町内会のおっさんたちというのは、いわばそうした「組織に属さない、組織的な繋がりを持たない個人としての江古田住人」たちです。
「江古田!町内会」というのも、別に何らかの公権力や強制力をもった組織ではないですから(^^;)
そうした場での意見を、「おっさんがウザイ」と切り捨てるのもひとつの見方かもしれませんが、それでいいんですかね?(^^;)

……しかも、ピーターパン症候群というのは、またなんか違う気が……(^^;)

148: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/18(木) 23:17
アートマーケットは、スポット的な「コミュニティの機会」を提供しているという意味では、無意味ではないですし意義在ることだと思います。
でも、街というのは「年に2回くらいしかコミュニケーションを持たない場」というわけではなく、日常的に、365日なんかしら動いてるんですよね。
そうすると、「アートマーケット」というハレの舞台以外の、ケの時間でも、江古田の学生、商店主、住人が何らかの「ネットワーク(場所や時間を問わず意見交換が行える機会と仕組み)」を持ち、恒常的なコミュニティを形成していく、ということが重視されてくるのではありませんか?

2/365のだけが「まちづくり」ではないはず。
363/365の「まちづくり」に進んでいかなければ、関わっている人間の自己満足で終わってしまうんじゃないかな、と。
江古田計画が「まちづくり」を掲げないなら、別にあれこれ言うことは何もないんですが、「江古田でまちづくり」を掲げるなら、考えないといかんことがたくさんあるのでは?
という「阻害されがちなオトナの住人」からの意見くらい、まあ聞く耳を持ってくれればありがたいな、と。

149: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/18(木) 23:20
それと、ですよ。
未だにたまに間違われるんだけど、「江古田!町内会」は、既存の「町内会」や「商店街」とは一切関わりがありません(^^;)
ごくフツーの個人の主催するサイトなんで、お間違いなく★

150: 名前:こばやし投稿日:2003/09/18(木) 23:44
「アートマーケット」、単なる歩行者にとっては通行の邪魔になってたと思う(江古田銀座)
それと「アートマーケット」をもって、「まちづくり」となるかどうかが疑問。
「シャッターペイント」の方が「アート」だし、「まちづくり」に寄与する部分が多いかも!?

>>146
江古田が学生のみで構成されている街であるのならば、反論の余地はないね(火暴)

151: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/19(金) 07:00
個人的な願望だけど(笑)、江古田計画には「ロードペインティング」をいつかやって欲しいんですよねぇー。
シャッターペイントは、「日芸」の手柄であって、江古田計画の手柄じゃないじゃん(笑)
「曜日、時間を問わず視界に入り、誰もがいつでも見ることができる」という、恒常性を持ったアートを、江古田のあちこちに仕込んで欲しいですね。
制約がいろいろあって実現は難しいと思うけど。

152: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/09/19(金) 14:07
アートマーケット参加のたこ画伯がアートマーケットのレポートをしてくれていますよ。
http://takomasaru.net/takomagazine.html [source] [check]

153: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/19(金) 15:12
おおー、当日の様子が伝わってくるレポートですね>タコマガジンのレポート
こういうレポートを挙げてるところは、きっと他にもあるんだろうなぁ。
記憶がフレッシュなうちに、公式サイトでもレポート/参加者のレポートへのリンク集を作ってほしいっすね。
当日盛り上がったなら、なおのこと事後で尻つぼみになっちゃうのは惜しいかな、と。

154: 名前:cat投稿日:2003/09/20(土) 12:49

>150
イヴェントなので多少のことはいいと思うのですが、>152のリンク先の写真にあるように、ポストの前にブースを作ってしまうというのはちょっと...ですね。

155: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/20(土) 16:35
>>154
ポスト前のブースについては、catさんに同感です。
せめて投函する人用に1mくらい空けてもよかったと思うんですが……

156: 名前:桑折(でざいん屋)投稿日:2003/09/21(日) 00:21
ふと気になったんだけど、夕方から走り始めたミニSL。ナンバーついてるんだよね?

157: 名前:若マス投稿日:2003/09/21(日) 06:34
>> 夕方から走り始めたミニSL。ナンバーついてるんだよね?
ミニSLが道路を走っていたんですか?
うぉっ、走れK100が頭に思い浮かんでしまいました。
関係無い事ですいません。

158: 名前:桑折(でざいん屋)投稿日:2003/09/21(日) 22:51
いや、ミニSLと言っても、こんな感じのヤツです。
http://takomasaru.net/033/img/ekoda13.jpg [source] [check]
と、たこ画伯のところにあった画像を引っ張ってきたり。

あのあたりって商店街とはいえ公道だよなぁ。とか考えてたら、ヤな考えになったもんで。

159: 名前:アトマいきました投稿日:2003/09/22(月) 19:55
しかし、ピーターパン症候群の広義も理解できないなんて、、、^^;
これでは、江古田計画の方が「遊園地」と江古田を指した意味も理解できないでしょうな。

ポストの件や、ロードペインティングなんて、とっくにこれだけのイベントをやる学生なら考えているのではないんでしょうか?
もう少し、大人の意見を待っていると思うのですが、、、。

と、書くと「あなたの意見は?」なんて言われそうw

160: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/22(月) 21:08
>>159
もちろん伺います(笑)
あなたの意見は?

ついでに、ピーターパン症候群の「広義」の説明、またはあなたの意図する使い方をしているページへのリンク(ソースの提示)は?
江古田計画の方が「遊園地」と江古田を指したことについても、その後詳しい説明がなされなかったのですが。
これだけの計画を考える学生……を、理解できているあなたなら、きっと説明できるのではと期待してもよろしいでしょうか?

ポストの件は、今回のイベントであったことについての指摘ですので、そりゃー改善策も考えているでしょう(が、その時点では気づかなかったということでしょう?)。
でも、「今後改善すべき点であった」という改善案などについては、まだどこにも出てませんね。
少なくとも
http://8430.teacup.com/ekokeit/bbs [source] [check] には出ていません。

それについて意見を言うのも「ダメ」なのでしょうか?

161: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/22(月) 21:15
ピーターパン症候群(今から20年くらい前に流行った言葉なんですが……(^^;))というのは、「いい歳をした大人が、幼児的な行為にこだわること」「幼児的な振る舞いをすること」「いつまでも大人になれず、子供っぽい行為や振る舞いを続けること」というように理解されていますね。これが「広義」だと思いますが、もしかしてもっと特殊な解釈があるんでしょうか?
だとすると、それは広義の、ではなく「狭義の」では……(^^;)

アトマいきましたさんが、これらの意図で「ピーターパン症候群」という言葉を使っているのだとすると、別にこのスレの方々は「学生気分が抜けないオトナ」ではないですし、「学生に対して幼児的にふるまうオトナ」でもないと思いますが……(^^;)
もしかして、「学生がやることを大目に見ない」「学生と同じレベルでものを言っている」もしくは「大人げない」ということを指して「ピーターパン症候群」と仰っておられるのでしょうか?

だとすると……なんで学生がやることを大目に見ないといけないんですか?<根本的な疑問として。

162: 名前:tsujii投稿日:2003/09/22(月) 23:13
「アトマいきました」さん。
 おそらく心情的に学生の味方をしていただいての
書き込みだと思いますが、もしそうなら、荒らしみた
いな挑発的な書き込み方は止めて下さい。

 ここはあまり学生に好意的ではない掲示板に見え
ますが、それでもイベントの告知などでは学生に協
力されています。それに今回のアートマーケットはそ
れなりに認めてくださっている方もいらっしゃるのです。
(その上で書き方が大人気ない方もいらっしゃるようで
すが、それはもっと大きな期待の裏返しでもあるとしま
しょう)

 この掲示板でいろいろ叩かれながらも、江古田計画の
学生がちゃぶ台をひっくり返すようなマネをせず、一生懸
命、真面目に意見や質問に答えようとしている姿勢は
ご理解いただけるでしょうか。
 彼らは、自分達が好きでやっている活動を行うために
敵は作れない、むしろできるだけ多くのヒトに味方になって
欲しいという気持ちで、悔しくても腹が立っても、それでも
我慢して書き込んできたのです。

 江古田計画の活動に最初は冷ややかだった商店街の
ヒトの中にも、学生の味方になってくれるヒトが少しずつ
増えてきました。
 彼らは彼らなりの活動で、ここにも味方を増やそうとして
いるのです。

「アトマいきました」さん、貴方の書き込みは、そういう学生
の努力を無にしようとしているのですよ。
 もし、学生の味方になれるヒトだったら、このような書き込み
はこれ以上しないで下さい。もしくは、ご自身が江古田計画と
完全に無関係であることを宣言した上で発言してください。

 もし、書き込んだのが江古田計画の関係者なら、こういう
大人気ない卑怯なことはするな。
 こういうことが江古田計画自体を潰しかねないことだと自覚
してくれ。 

163: 名前:アトマいきました投稿日:2003/09/23(火) 01:55
私は、江古田計画とはまったく関係がありません。
ただの、先日のアートマーケットを見て感銘を受けた、一江古田利用者です。

意見は?ソースは?荒らし?などいろいろ言われていますが、
私が言いたいのは、もっと大人の意見を学生にぶつけてくれと言う事です。
せっかく、精一杯の大人の態度で接している学生にひどすぎる接し方だと思います。
アゲアシを取るばかりで、なんの議論の発展にもなっていないじゃないですか。
(私の広義を狭義ととらえる姿勢が正にソレです)

とにかく、腹を立てて、我慢して書き込んでいる学生たちの気持ちをもっと大人として考慮すべきではないのでしょうか。

これまでの、荒らし的発言は、謝罪します。

164: 名前:こばやし投稿日:2003/09/23(火) 12:14
「言葉」は、曖昧なものです。
話し手のAさんが投げかけた「ある言葉」の意味と受け手のBさんが受け取った「ある言葉」の意味。
「ある言葉」の意味の解釈にズレがあれば、双方の意思疎通はうまく行きません。
対面で話す場合では、声のトーン・大きさ、表情などで補足出来ますが、
相手と完全なる意思疎通をする事は難しいですよね。
その上、ネットのやりとりだと難しさはさらに増しますよね。
文字のみによるやりとりですから、誤解の生じる頻度は対面で話す場合より多くなります。
ですから、ネットに書き込む場合、特にいろいろな意味に取られそうな語句や
抽象的な表現をする場合には、正確にその意味を理解してなければなりません。
また、受け手として意味がわからなかった場合、その意味を質す必要があります。
そこから、議論が始まると思います。

>>163
で、「ピーターパン症候群の広義」、「大人の意見」の貴方が意味するところを分かりやすく説明して下さい。
ワタクシには、理解出来ませんでした。

165: 名前:こばやし投稿日:2003/09/23(火) 13:25
このスレにおいて、江古田計画の皆さんに対し厳しい意見が飛んでると思います。
なぜなら江古田計画はNPO法人格の取得を目指し、
学生のサークル活動とは一線を画そうとの志が見られるからです。
ですから、ワタクシとしても厳しい接し方とならざるを得ません。
「学生」と言うよりも、「江古田を共有する人々」と言った感じになりますかね。
ワタクシとしては、限りなく「対等」に近い接し方を心がけていますが、
個々の知識量や経験の差で全くの「対等」にはならないとも思います。
ですから、「ポスト前のスペースを空ける気遣い」は出来て当然ものと理解してます。
過去の「遊園地云々」の発言についても、江古田計画メンバーの個人的意見か、
江古田計画公式見解か、明言される事なく書き込まれています。
また、「遊園地云々」発言に対し、ワタクシをはじめとする数名が反論を書き込みましたが、
それに対して「自分の言いたかった事はこうである」との再反論、
「江古田計画公式見解としてはこうである」との説明はなされていません。
また、根本的疑問として、「まちづくり」と「アート」の相関性に対する説明もなされていません。
「アートマート」によって、「ハレ」空間(非日常空間と言い換えるべきか)の演出は、
ある程度のレベルで行われていると思います。
しかし、「ケ」(日常の江古田と言い換えておきます)における「まちづくり」はどうなるのか。
少なくとも、私はこの点についての説明を見た事がありません。
江古田計画の方が不用意な発言をされるたびに、
「所詮、学生のサークルなのかな?」と残念に感じる事もしばしばです。

おそらく江古田計画は、まだまだ発展途上の段階と思いますので、
高い志に、行動が伴うよう切に願う次第であります。

166: 名前:cat投稿日:2003/09/23(火) 17:15

少し違う流れになりますが...。

> tsujii さん

>>164でこばやしさんがお書きのように、(ことにネット上での)ことばづかいには注意が必要です。

> 敵は作れない、むしろできるだけ多くのヒトに味方になって

とくに意識せずにお書きなのでしょうが、適切な表現とは思えません。
人々の「江古田計画」への接し方の違いを、「敵−味方」という対立関係にはめこんで理解・対処しているようにみえるからです。
アゲアシ取り((C)「アトマいきました」さん)のように思われるかもしれませんが、今少し穏便な表現をなさった方がよろしいかと存じます。
「江古田計画」に協力しない人間は「敵とみなす」という態度表明と受け取られてもしょうがありませんし、そういう発想で対人関係を築こうという集団とも思われかねません。

ということで、「このスレに書き込むオトナは、江古田計画の敵だ」と思われているようなんですが...(笑)

> ここはあまり学生に好意的ではない掲示板に見え
>
> この掲示板でいろいろ叩かれながらも、江古田計画の

「学生」に対して、好意的「ではない」わけでも「叩いて(=バッシング)」いるわけでもないと思います。
提示されたプランなどに対して、理解できない部分・不足している部分を尋ねたり注意を喚起しているにすぎないと思っています。
なるほど、シャレにしてもきつい表現やオヤジの説教に思える書き込みもあったでしょう。それに対してカチンとくることがあったことは想像に難くありません。

けれど、少なくとも「学生のお遊び」に対して、無責任なケチつけや敵対意識でそれらの書き込みがなされたのではないことは、その内容から明らかだと思うのですが、いかがでしょうか。
もっとも、「いいオトナなのに、学生相手にすごい情熱(と文章量)でケチをつけているってところが、オトナになりきれていない「ピーターパン」たるゆえんなんだよな」というのが、「アトマいきました」さんの主張なんでしょうけれど。(笑)

167: 名前:こばやし投稿日:2003/09/23(火) 18:00
>>165(補足)

誤解があるかも知れないので補足しておきます。

> ワタクシとしては、限りなく「対等」に近い接し方を心がけていますが、
> 個々の知識量や経験の差で全くの「対等」にはならないとも思います。

この発言は、ワタクシが優れている旨を述べているのではありません。
知識量で言えば、現役学生の皆さんが優れている面もあるだろうし、そうでない部分もあるはずです。
また経験についても、年齢を積み重ねるだけで経験を積んだ事にはならないでしょう。
必ずしも、「完全なる対等な立場」にはなり得ないとの感じで理解して下さい。

>>166(catさん)

>ということで、「このスレに書き込むオトナは、江古田計画の敵だ」と思われているようなんですが...(笑)

それ、感じますね(笑)
そして「敵-味方」や「学生-大人」の二元論では、そのうち壁にぶち当たりますとも思います。

168: 名前:名無しのエコダニアン投稿日:2003/09/23(火) 19:19
>「敵-味方」や「学生-大人」の二元論
現在までの書き込みを見る限りでは
そういった雰囲気は感じられませんが・・・

>提示されたプランなどに対して、理解できない部分・不足している部分を尋ねたり
>注意を喚起しているにすぎないと思っています。
これも違うような・・・

>彼らは彼らなりの活動で、ここにも味方を増やそうとして
>いるのです。
これもまた違うような・・・

住民達は理屈を並べている印象を抱きます。
学生達はあと一歩踏み込んだ説明をするべきだと思います。

169: 名前:こばやし投稿日:2003/09/23(火) 19:32
>>168
今までの書き込みからと言うよりも、
『「敵-味方」や「学生-大人」の二元論へ収斂するならば』と言った感じで理解しておいてください。

> 住民達は理屈を並べている印象を抱きます。
> 学生達はあと一歩踏み込んだ説明をするべきだと思います。

コレって二元論と言うか、「住民-学生」を対比的に見てますよね?
まあ、「理屈を並べてる」突っ込みを入れられるのかオチなので、やめておきます(苦笑)
それよりも、学生さんと言うか、江古田計画の皆様からの説明を期待しております。

170: 名前:ななっしー投稿日:2003/09/23(火) 20:13
最初は私も学生さん側の「楽しいからいいじゃん」的な考えでしたが…。
(私も数年前まで3大学のうちひとつに通う学生でしたし)

全部のレスを一通り見て思ったこと。
オトナの皆さんの意見は、批判するための意見では決してないと思います。

逆にネットでこれだけ真摯な意見を得られるってすごいことですよ?

このあいだのアートマーケットも、開催しているのを知らなくて、
たまたま拝見しましたが、コンセプトが曖昧だなあっていうのは
すごく感じました。

学生さんが楽しくやってるのは見てて「あ〜いいねぇ」と思います。
「楽しく遊園地みたいに」ってのはわかります。
ただやっぱり、“学生さんのお遊び”にしか見えないのですよ。
極端な言い方しちゃうと、「オレたちのセイシュン!」みたいな。

「江古田計画」さんのほうではサークル活動とかお遊びなんかでなく、もっと
高尚なものにしていきたいっていう希望があるようなんですが。

それには、今のままじゃダメでしょ、っていろいろ真剣に考えて、
オトナの皆さんは書き込んでくれてるんだと思いますよ?

171: 名前:ななっしー投稿日:2003/09/23(火) 20:21
私は江古田っていう街がどうなろうと「江古田計画」っていう団体が
この街で何しようと特に興味はありません。

江古田在住だし、江古田のこと大好きですけどね。

ただ、やりとりを見てて、ちょっと口を挟みたくなっちゃったので・・。
スマソ。

172: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/23(火) 23:48
江古田における学生さんの活動が、これまでどういう風に見られてきたかということを、同じ「学生さんのサークルがやっている、と見られている江古田計画」は、まず知っておくことが重要かと思います。

「学生のイベントは、一過性で、その場の思いつき、継続性はなく、協賛金をたかりにくるだけ。また何か新たに江古田にきた学生(3年生)が始めたらしいが、それもいつまで続くやら」
これは江古田に限った話ではないんですが、学生街(に定住している地元民)から見た「学生」というのは、2〜4年で入れ替わっていく、「通過する子供」に過ぎない、という認識です。
もちろん、全員がそうだとは言いませんが、この「見られ方」は、それほど大きく外れてはいないのではないかと思います。

江古田計画が、「そういう見られ方をされないように、長く続けていこう」として、三期まで続いていることについては、評価しています。
でも、掲げている目標が「まちづくり」であるなら、「学生のやることだから」というお情けや子供扱いされるが故のお目こぼしにすがっていてはダメなんでないかな、とも思うわけです。
そういう「学生のお遊び」でやっているなら、別に文句はありません。やれば? というだけのこと。
しかし「まちづくり」という名目で、地域を巻き込んだ何かをしようとするなら、その地域がどんな人で構成されていて、どんな特性を持っていて、どんな需要があって、どんな声があがっているかを知る必要はあるのではないでしょうか?

173: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/23(火) 23:48
その中で、江古田三大学の「3年生に限る」という条件で構成されている(今は会則が変わっているのかもしれませんでしたが、以前伺ったときはそうでしたよ)江古田計画は、
「学生の視点、立場、身分、そのうえで学生だからできること」を目指しているのだろうと思います。それはそれで別にかまいません。江古田が「キャンパスの門の内側」なら。
ですが、江古田というのは、同時に学生以外の生活する街でもあるわけです。
・地元商店の商店主/商店街
・地元大学に通う大学生
これだけが、街の構成要素ではありません。

どうにも忘れられがちですが、
・商店主以外の、「街に住んでいる人」というものもいます。
商店主は、「商店街」「商会」というしっかりした組織がありますから、商会の有力者(^^;)に話を通せば、企画も通しやすく協力も得やすいことでしょう。それはわかりますし、重要なことでしょう。
しかし、それ以外の「商店主ではない、商会に属していない、窓口になる組織や団体を持たない、しかし江古田の住人」というものを、江古田計画はどう見ているのかな? ということが、このスレでたびたび話題に上ることなのでは、と思います。

基本的には、「ただ住んでいるだけの人」は、江古田計画の視野には入っていないような気がするんですよ。
視野に入っていても、アプローチの方法が見つからないのかもしれませんから、断言はしないでおきますが。
ですが「まちづくり」というテーマを掲げるなら、「商店主と学生」だけを相手にした企画では、十分とは言えないのでは?
「住人たち」というのを、折り込んで「まちづくり」を考えるべきでは? と思うわけです。
そうでなかったら、結局は「曖昧で何をしたいのかよく伝わってこないフリマもどきがたまにある」で終わってしまう可能性も少なからずあるでしょう。

……というようなことを、意見を求められていない(ここ重要(笑))オトナどもが、勝手にあれこれ言っているのを見て、「何を勝手を入っていやがる」という気持ちになってしまう人もいるだろうことは、想像に難くありません。
じゃあ、「おー、よくがんばったね、よちよち」と言われているのでは、それでは前身もありません。
それでいいってんなら、管理人特権でこのスレ削除して「これまでの話はなかったことに」という決着も可能ですが、そんなことをしたところで問題の解決には成りません。

174: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/23(火) 23:57
>>168
とりあえず、分量が多くて読む気にならないと思いますが(笑)、このスレの過去ログ読破をオススメします。
誤解が解けます。
また、このスレだけではなく、
http://www.ekoda.jp/cgi/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=ekoda&tn=0002 [source] [check]
http://cgi.ekoda.org/user-cgi-bin/ir-i-bbs/ir-i-bbs.cgi [source] [check]
を合わせてご覧頂くと、この問題のこれまでの経緯を俯瞰することができます。

とりあえず。「江古田のオトナども」というまとめられ方になっていますが、このスレでの発言者の主目的は、
「江古田計画の趣旨について理解したいが、よくわからないので説明を求めている」
「不完全な点については、問題点を指摘し、改善案の提案もしている」
「江古田計画の不備、計画の甘いところなどについて指摘を行っているが、江古田計画を潰すなどのマイナスの目的のためにしているわけではない」
という点については十分踏まえてください。

僕個人としては何の権限も持たない「江古田のオトナども」の一人に過ぎませんが、江古田計画が「トップダウン式押し付けまちづくり(地元住民の声を聞かないまちづくり)」を目指しているのであるのだとしたら、それについては苦言を呈し反対せざるを得ない、と思っています。
そうでないのなら、「公的活動を行う集団・組織は、その資格・構成員の身分に拘わらず、活動場所を構成・共有する人々との間に、対話なり説得なりの場を持ち、意見を聞く耳を持たなければウソ」だと思いますよ。

175: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/24(水) 00:02
>>170-171 ななっしーさん
ご意見ありがとうございます。
学生という身分や資格ではなくなった後も江古田に住み続ける人は少なくありません。
もちろん、「もともとこのへんの学生だった」という人は、オトナになった後も学生気分を維持できるのかもしれませんが(^^;)、そうでないオトナもいます。
また、大江戸線開業・新江古田駅の設置によって、江古田という街は「人の流れが変わった」という話をちらほら聞くようになりました。
同時に、「ただの学生街」だったのが、「都心部への通勤に便利な街」となり、今後江古田もどんどん変わっていくことでしょう。

その意味では、「まちづくり」を考えることは重要だと思いますし、学生がそれを手がけるというのも心強い話だとは思っています。期待もしています。
ただ、「昔ながらの学生の遊び場」で終わってしまうものではもったいないな、とも思います。
NPO法人への格上げを考えるなら、なおのこと「住民不在のままのまちづくり計画」という方向に暴走して欲しくない、というより、そうなってしまったらむしろますます「住民の疎外」が起こるんじゃないか?とさえ思ってしまいます<考えすぎ

コミュニティ造りという点では、良い所をついてると思います。
問題は、「コミュニティという箱に詰める人々の顔ぶれ」を、箱詰めする側の江古田計画が見失ってしまうのは、よろしくないのでは、ということなのかな、とそう思います。
「ただのイベントサークルの仕込み程度にガタガタ言うなよ」と言われたら、まあそれまでなんですけどね(^^;)

176: 名前:cat投稿日:2003/09/24(水) 00:20
え〜、AZUKIさんの書き込みの後では、何を書いても説得力に欠けますが...。(T T)

>>163

> これまでの、荒らし的発言は、謝罪します。

わたしは「荒らし(的)」とは感じていませんが、>>164でのこばやしさんの質問に回答していただければ幸いです。
ここでの討議を「江古田計画」に資すためにも。


>>168

> そういった雰囲気は感じられませんが・・・

用語法の問題で誤解が生じることを「危惧する」というのが、わたしの発言の趣旨です。
また、こばやしさんのご発言は、その「危惧」を敷衍して、リスクを回避するための提案と解しています。

>>提示されたプランなどに対して、理解できない部分・不足している部分を尋ねたり
>>注意を喚起しているにすぎないと思っています。
> これも違うような・・・
>
> 学生達はあと一歩踏み込んだ説明をするべきだと思います。

エ〜ト、「違う」んでしょうか?

それとも、「学生の説明不足はある」が、それに対する「オトナの反応は、不足部分への質問の域を越えたバッシングに近いものである」という意味でしょうか。
つまり、「違う」は「すぎない」にかかるのだと。
それについては、表現上「きつい書き込み」もあったことを、次の行で認めています。

まぁ、モノゴトの受けとめ方は人それぞれですし、ここは「お互い評価が異なってますね」ということで。

177: 名前:cat投稿日:2003/09/24(水) 00:21

>>170

> オトナの皆さんの意見は、批判するための意見では決してないと思います。
>
> 逆にネットでこれだけ真摯な意見を得られるってすごいことですよ?

わたしもそう思っています。
ただ、ひとつだけ。
「批判するための意見」ではあると思います。

批判:物事のいい点については正当に評価・顕彰する一方、成立の基盤に関する欠陥については徹底的に指摘・検討し、本来どうあるべきかを論じること。(「新明解国語辞典」 三省堂)

...ですので。
残念ながら、質問者が納得するだけの回答が得られないために、その先の討議に進まないという実情はあると思います。

178: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/24(水) 00:49
>>170 >>177
「批判」は、「非難(相手の欠点や過失を取り上げて責めること。「不手際を―する」)」と同義語で使っておられる方をたまに見受けます。
オトナの意見が「非難のための意見」かと言われれば、それは明らかにNOでしょう。目的は「非難」ではありません。
>>177でcatさんが説明なさった「指摘・検討し論じること」という意味での「批判」は、確かにしていると思いますが、批判を単純に「非難」と同義に捉えないようにご理解いただけるとよろしいのではないかと思います。

179: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/24(水) 03:46
>>162
そうそう。
ここ最近の疑問、提案、質問には、江古田計画の学生さんたちからの回答はありません。
江古田計画副代表・上村君がこのBBSをチェックしているらしいことは承知していますが、特に意見はないようですね。

前にも出た話ではあるんですが、
「江古田計画としての公式見解」
「江古田計画に参与する、それぞれの学生個人の見解」
は必ずしも一致していないだろうと思っています。
一致していないからこそ、「統一見解が出せないうちは、うかつな発言をするわけにはいかない」という警戒(というか慎重を期す)もあるのでしょうが……

僕はその点について言うなら、「江古田計画自身は、構成員全員に徹底できるほどの統一された指針を持っていない」んじゃないかな、と。
示せる指針、構成員が拠り所にする指針が、ちゃんと共有できていないのは、指針そのものが明確になっていないせいなんじゃないかなと考えています。

だとするなら、「公式見解がまとまるまでは誰にも喋らせない」じゃなくて、「公式見解をまとめるために、もっとオープンにブレストする」ほうがいいんじゃないですか? NPOを目指すならブラックボックスを持つのは得策じゃないと思いますし。
江古田計画内で公式見解をまとめるにあたって意見対立があり、派閥のようなものができている……なんて焦臭い話があるわけじゃないでしょうに(^^;)

江古田計画のスポークスマンは、今のところ上村君だけなのかなと思っていますが、今後はそれではまずいこと、困ることも出てくるでしょう。
「江古田計画に関わっている誰もが、質問に答えられる」ようになるためには、指針の明確化がより一層急がれるのではないでしょうか。
と思いました。

180: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/24(水) 03:52
あと、最近の江古田計画の動きを見て思ったこと。

・アートマーケット(祝祭空間の演出)は悪くないと思う。(イベントの立案の実行のノウハウを蓄積する、という意味に限って言うなら)
・ただ、「模擬店を並べるだけ」では、学祭の縁日モドキの域を出ないし、町内会の納涼祭との差別化もほとんど見られない。
・「まちづくり」は、市民運動が気軽に口にするキーワードだが、「アートによるまちづくり」の具体性が未だに見えてこない。また、「需要に対する供給」なのか、「供給を作り出すことによって需要を掘り起こす」のかも不明。
・アートマーケットは、「祝祭空間の演出」ではあるが、まちづくりは「日常空間」でも行われなければ無意味。「日常空間にアートを持ち込む」とする方向へのアプローチに期待したい。
・NPO法人への昇格については、そうする必要性がわからない。NPO法人になるために「アートマーケット」他を手がけるのだとしたら、それは目的と手段が入れ替わっているのでは、と批判せざるを得ない。
・NPO法人への昇格について、「その他の活動がしやすくなる」という発言が以前にあったが、「その他の活動」が具体性を持っていないのに、それを実現しやすくするための「手段」または「権限」を先に手に入れようとするのは順番が間違っている。

ざっとしたところでは以上です。
江古田計画側から、これについての説明があれば期待したいですね。

181: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/24(水) 04:11
補足と提案

ハレとケ……民俗学の用語(だったと思う)で、「ハレ……非日常の時間と空間のこと」「ケ……日常の時間と空間のこと」をそれぞれ指す。
        非日常と言っても「非常識、非条理」という意味ではなくて、「ふだん誰もいない神社の境内が、お祭りのときだけ縁日でごった返す……などのような、日常的な空間・時間が、なんらかの事情や条件によって「祝祭空間」に変わった状態を指して言う。
        ハレは「晴れ」とも。ケは「穢」とも言われるが、そのへんはいろいろ。

江古田では、「学校に行く、仕事に行く、帰ってきて近所で飯を食う」ための日常生活のために機能しているときが「ケ」の状態。
アートマーケット、納涼会、お祭り、ゆうゆうロードのナイトバザールなど、「日常生活のための場が、非日常的な祝祭空間になること」をさしているのが「ハレ」の状態。

「まち」というのは、ハレとケの双方が定期的または不定期なサイクルを繰り返すことで成立しているもの。
江古田計画の「アートマーケット」を主軸に据えたアプローチは、「ハレ」へのアプローチのみで、「ケ」へのアプローチがない。
「まちづくり」でなく、「お祭りをひとつ増やしたい」のであれば、「ハレ」へのアプローチに徹することでも問題はないが、「ケ」へのアプローチも含んだ「まちづくり」を目指すなら、双方を考える必要があるのでは。

ハレとケの関係においては、ハレというのは「日常であるケ」に、節目を与えるために出現するものでもある。
かつての秋祭りが「収穫祭」であったように、花見が「春の訪れ」を楽しむものであるように、だ。
これを江古田計画の「まちづくり」に照らし合わせて考える場合、「ハレ」であるアートマーケットの意義を「節目」として生かすためには、「ケ」の活動が今以上に重要なのではないか。

極論すれば、祭りの場に御輿やお囃子があるように、「非日常生活にアートがある」のは当たり前。
アートを「まちづくり」の幹に据えるのであれば、「日常生活にもアートがある」という、ケの時間・空間へのアプローチを徹底した上で、その「節目」として、ハレの場として、アートマーケットを位置づけるように構成すべきなのではないか。

お祭りの日にだけ客が来て、その他は閑散としている街・江古田。これでは、「アートによるまちづくり」が効果を上げるとは思えない。
お祭りでも何でもない、ごくフツーの日にたまたま友達のアパートを訪ねてふらりとやってきた街、江古田。
ふと見ると、特別な日というわけでもないのに、街のあちこちでアートが目に付く。
なるほど、この町は「アートでまちづくりがされている」と言っても過言ではない。
そう言わせるものが必要なのでは。

シャッターペイントは、江古田計画とは無関係な日芸の学生による作品であって、江古田計画の手柄や指針に基づいたものではない。
江古田計画は、「真夜中以外にも見られる、シャッターペイント以外のアート」をもって、江古田の日常空間を埋め尽くすアイデアを期待したい。

182: 名前:guretu-an投稿日:2003/09/24(水) 13:00
ざーッと読んだだけの人間がいい加減に書き込む事への申し訳なさを感じつつも
口出ししてみたくなり、いい加減に書き込むのでいい加減に読んでいただきたい。
批判の方法、というか口調といえばよろしいのか、そちらの方もちと硬いかな、
とも思える。というのは批判である以上慎重を記して書き込まれているので
読んでいる当方にも緊張を強いられているような圧迫を感じてしまう。
果たして私自身が学生の自分に何事かをなそうとする時に、きちんと理詰めで
大人に対して十分に説得的でありえただろうかと思い出す。
それは私自身が他人よりより曖昧であったからかも知れないのだが、そして大人に
対して故のない恐れのようなものを抱いていたからかも知れないのだが、
ただただ無軌道に、いうなればやりたいようにしか物事は出来ぬものであり、
私の周辺の学生たちも概ねそのようなものであったように思い出す。
それでよかったというのではなく、そうでしか出来なかったのだ。
江古田計画に参画している人たちも或いは理念らしきものを持っている、あるいは
感じているのかも知れぬが、それはもっともらしく文章にまとめたところで
そこいらにありがちなチラシ的な奇麗事の文面にしかならず、所詮は失敗をもって
思い出と成す、というと大変失礼でもあるのだが、成功していただきたいのだが
というと何をもって成功というのかを指定しなければならないが、ま、曖昧に
自分たちと外の世界の人間とのコミュニケーションが十二分に取れた事を成功と
して考えてみて、すればイベント屋ではないのであるから、私は迷惑をかけぬ
程度ならやりたいようにやれ、とそう思っている。
完璧な企画書があれば成功するか、その可能性が高いか、そうとも私は思わない。
上記のようなチラシ的なものでしかありえぬと思われるからだ。
むしろやりたいようにやっていて、その行為の中から思いもかけぬ「あるもの」が
出てきたりするものだ。
とわざと反対の事、言ってみてみる。

183: 名前:guretu-an投稿日:2003/09/24(水) 13:16
つか、もっと狂えと。大人がもっともらしい意見をつきつけれない程の
迫力ある情念世界を路上に現出せしめろ。
どこにでもあるようなありがちのものを目指した所でなんになる。
何物をも引きずりこまずにおれないような、熱くてやけどをしそうに
なるよな、若さが世界に対峙出来るのはまさにそういう、血がたぎる
ようなものだけだろ。
何故、全裸で江古田銀座を奇声を上げて走り抜けるような、
そういう馬鹿が出ない。捕まってもおりゃ知らんが。

184: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/24(水) 15:57
>>182
ざーっと読んだだけでもご意見は大歓迎です。
口調の硬さは、「相手の読解力がわからないから、万全を期す」というものです。
口調を別にくだいた調子のものにしてもらっても全然かまいませんし、それで必要な用件が伝わるなら口調はなんでもよいと思いますよ。万全を期すと本当に実用的な言葉だけが踊るようになるので、自然、固く聞こえてしまうかもしれませんが。

さて、「学生に理詰めの説明は無理」というのは僕にも経験がありますのでわかります。
僕も当時はどうだったかと言えば、おぼつかない説明しかできずよく先輩や教官に怒られていたものです。が、怒られること揉まれることで、言葉の選び方を学ぶ機会にもなりました。「うまくできないからそのままでいい」のではなく、「うまくできないことを怒られて気づかされる、工夫を強いられる」ことが、結果的に交渉力の鍛錬になっていることは紛れもない事実でして。

ここで確認をしておきたいのですが、江古田計画は「学生主体のサークル(のようなもの)」ではありますが、その活動対象、活動場所は「学生相手」「大学内」ではありません。もし「学生相手に限定され、場所も大学内のどこかで」行われるものであるなら、guretu-anさんの仰るように、やりたいようにやればよい、という意見には大賛成です。
ただ、江古田計画の場合「学生主体のサークル(構成員が学生である)」ということ以外の活動対象、活動場所は、大学に限っていません。
と言いますか、「活動場所」を【江古田という街】にしてしまった時点で、「そこに集う学生向け」だけではなく、「その街に住んでいる全ての人」が、多かれ少なかれ巻き込まれることになるわけです。
そうなると、「学生だから多少は大目に見る」というみそっかす扱いは、いつまでもは許されないことになります。
何しろ、世代交代をしているとはいえ江古田計画はもう3年目ですからね。初代からのノウハウの蓄積が伝わっていないのだとすれば、継続的な企画としては無意味ですし、伝わっているのならば、いつまでも大目に見てもらうわけにはいかないでしょう。
ましてや、NPO法人格への昇格を目指すならなおのことです。

185: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/24(水) 15:57
ともあれ、「コミュニティづくり(=まちづくりとはそういうことです)」を目指す集団が、コミュニケーション能力に乏しいのは非常に問題があると言えます。
美辞麗句の踊る企画書を書け、と言っているわけではないんです。「とても」「すごい」「初めての」「ミステリアスな」「迫力ある」「アートの」「血がたぎる」といった抽象的な表現を盛り込んだ企画書は確かにチラシのように薄っぺらいでしょう。そうした抽象的表現を盛り込んだ、美辞麗句の文章を作れと言われたら、たぶんオトナのほうが経験を積んだだけウワテでしょう(笑)
ですが、求められているのは「説明したいものの度合い(=修飾具合)」ではなく、「説明したいものの要素」です。となると、それらの説明は、美辞麗句のボキャブラリではなく、構成要素の箇条書きで説明されるべきものかと思います。
箇条書きという方法は、確か小学校低学年で習うものと記憶しています(僕の頃はそうでした)。長文の要素を書き出し、人に説明をするためのもっとも基本的な方法であり、同時にもっとも効果的な方法でもあります。
過去にも何度か「箇条書きでお願いします」とお願いし、実際に箇条書きで回答をいただいたこともありました(それでも不十分なことは、また伺うしかないわけですが)

芸術は情念で行うべきものですが、制作進行はメモと時計とスケジュール表で行うものです。江古田計画が表現したいものを表現するためには、江古田計画自身は情念の中ではなく情念の外に身を置いて、冷静かつ的確な作業と能力を求められると思います。
「アートマーケットだから、情念の赴くままにやればいい」という言葉は、ブース参加者はともかく主催者に餞として用いるにはどうかと思います。

186: 名前:cat投稿日:2003/09/25(木) 12:00

>>178
フォロー、ありがとうございます。

187: 名前:こばやし投稿日:2003/09/25(木) 21:55
問いかけに対する反応がないっすね。
ま、これだけの書き込みを前にすれば、気後れもするでしょうけど。
てか、放置プレイなん!?

188: 名前:cat投稿日:2003/09/26(金) 18:42

>>187

また、ちょっと話をずらします。

このスレには、ふたつの目的があったはずです。
ひとつは、江古田計画さんが情報開示することで、多くの人に「計画」を理解してもらうこと。もうひとつは、「計画」をよりよいものにするために、意見交換を行うこと。

ところが、ここへきて、(いわゆる)オトナ側の書き込みについて、「大人げない・アゲアシをとるばかり」という受けとめ方をする方がでてきた。そして、同様の感想をお持ちの方は、当該の書き込みをなさった方以外にもいらっしゃるはずです。

ただ、そのときに、スレの目的を忘れて「オトナ」非難の1行RESに終わってしまっては、なんにもならない。...んですが、その話はおいといて。

で、放置プレイです。( ← しかし、こんなことばが一般化するのも...。)

「オトナ」側の態度や表現に対する非難以外に意見が出ず、このスレがそういう状態になっているということには、3つのことが推測されます。

01 少なくとも内容面については、「オトナ」側の指摘に皆さん納得されている。(っていうか、AZUKIさんがぜ〜んぶ言っちゃったので、つけ加えることがない。)

02 (非難ではなく)提案や意見はあるのだが、AZUKIさんのように書けないので躊躇している。(加えて、反論が帰ってきたらコワイあるいは再反論が面倒くさい。)

03 多くの人にとって、積極的に意見を出すほど江古田計画には興味も期待もない。(> <)

02については、みんながAZUKIさんのように書けるはずもなく書く必要もないので、気にしないで書きましょうヨということで。

けれど、01あるいは03だったら?

なんにせよ、「ゆっくり・まったり・ひっそり(?)」と、意見交換・相互批判が続けられるといいですね。

189: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/26(金) 19:49
AZUKIの名前では書いていますが、僕の意見だって別に「地域の総意」じゃなくて、「地域の個人の一意見」ですからね(^^;)
同意や賛同をいただければありがたいですが、違う見方をしている方もいるでしょう。

「AZUKIが自分のサイトの自分の掲示板で何か言ったからこれでもう結論が出ている」
というような感じでも困るかなとも思いますが(^^;)
ともあれ、アートマーケット第7回も終わったところで(そして、おそらくもう2003年中には次の開催はないんじゃないですか?)、ほっとしているだろうところに追い打ちを掛けるようで申し訳ない気持ちで一杯なんですが……。

190: 名前:guretu-an投稿日:2003/09/26(金) 23:20
私は力もない癖に、またその自覚もなく努力をせず、しかしそれでも
大した自信過剰で傍若無人ですらある多くの若者が嫌いであります。
ありますが、彼らにタガをかけようとする事はよしとしません。
ここでは若者に、自分たち大人の、「ある規格」大人が納得出来る
「規格」を激しく求めているように思われて先のような書き込みを
したのでした。
言葉にしてしまう、という事でありきたりになってしまう事もある、
そう思う。言葉に出来ないとてつもない事こそが祭りの熱に浮かされた
ような何物かではないかとも思う。言葉にしようとする努力は努力として
認めなければならないが、言葉にしたおかげでその言葉に沿った行為を
成そうとしてとてつもない異次元の事がとても陳腐な行為になったりもする
そう思ってます。

191: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/26(金) 23:32
>>190
祭りですることは、「祭りの時間」の中ではそうすべきでしょう。
熱に浮かされたような何者かというのは、それは祭りの中、いわば「ハレ=祝祭の時間、空間」では大いにそうすべきだと思います。

でも、例えば神社の奉納祭を仕切る人たちは、「御輿を担いでいる最中」は熱に浮かされたように張り切ってはいるけど、「御輿の通るルートに車が入らないように迂回路を造る」であるとか、「ポスターや張り紙をする」であるとか、「御輿の維持にかかる費用の寄付を求めて歩き、その会計報告をする」ということをするときにまで、熱に浮かされてはいないでしょう?

「規格」を求めているというより、「熱に浮かされていい気持ちになっている」だけでは具体的にできないこともあるよ、ということを彼らに自覚して貰いたいと思うわけです。
彼らがしようとしているのは、学内で処理される学祭の模擬店ではありません。
「勢い」や「情熱」だけで暴走することが容易に許されるほど、江古田計画と「地元(という複合体)」は慣熟した関係にはなっていないと思います。

192: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/26(金) 23:43
この「地元」というのが、一種くせ者だと思っています。

江古田という町、江古田を「地元」と呼ぶ人には、いくつかの集団、組織、立場があると思われます。

A)江古田に商店を構え、地元に根付いて商売をしている
B)江古田生まれ江古田育ち江古田在住
C)江古田に嫁いできて江古田に住んでいる
D)江古田外で生まれ育ち、今は江古田に住んでいる
E)学生

AとB、Cは多少かぶってるかもしれませんね。
DとEも。

Aは「商店街」や「町会」という組織に属しているかもしれません。江古田計画が「地元」と考え、交渉の窓口にしているのも(A)では?

でも、「街を構成する人数」の多数を占めているのは、B、C、そしてDじゃないでしょうか。
学生の街ですから、当然Eは他の(例えば隣の東長崎と比べても)少なくないとは思います。
ただ、「卒業しても江古田から出ていかないOB」が多いのも江古田の特色の一つだそうでして(地元の不動産屋さんから伺ったお話)。
Bは「町内会」「町会」に属しているかもしれないけど、アパート住まい、マンション住まいのD、Cの多くはそうしたコミュニティに所属しない多数派です。

江古田計画は、「AとEを見てはいる」が、「BCD(特にCD)」をあまり見ていないようにも思えます。
まあ、交渉窓口がないわけですからしょうがないかもしれませんが……

ただ、アートマーケットを見て思ったこととして、「街を舞台に客を呼ぶ」と考えているなら(街の活性化を訴えてAの協力を得ているのだとしたら、それはやはり「客を呼ぶ」または「CDを客にする」を約束しているものだと読めますね)、もっとCDを意識すべきなのでは?
「さあ、見ろ!」「さあ、来い!」だけではダメなのでは。
そんなふうに思った次第です。

193: 名前:bow投稿日:2003/09/27(土) 01:05
大人は若者にタガをかけようとする努力を怠ってはならないと思う。
1行RESにて失礼。

194: 名前:名無しのエコダニアン投稿日:2003/09/27(土) 02:06
>>193
それはそれで必要なのかも。

195: 名前:cat投稿日:2003/09/27(土) 02:10
> guretu-an さん

AZUKIさんの書き込みに屋上屋を重ねる感もありますが...。

> ここでは若者に、自分たち大人の、「ある規格」大人が納得出来る
> 「規格」を激しく求めているように思われて先のような書き込みを

このスレは、「意気軒昂な若者とすれっからしのオトナ」の対立という構図で見られがちなところがありますが、実体はそうではないと思うのです。

たしかに、書き込む人間の「年齢層や職業」と書き込みの「内容」を照らしあわせるならば、「学生vsオトナ」と表現して間違いはないでしょう。

けれど、「江古田計画」さんは、「町づくり」という公共性・社会性の高い事業を活動目的とし、行政や地元商店会(=大人社会)とパートナーシップをむすび、そこから運営資金や人的資源などを引き出そうとしているわけです。

いいかえれば、あるプロジェクトを立案し、その実行のために外部から出資者を募っていこうとしているのですから、学生が運営主体であるけれど、これは形態としてビジネスです。

すなわち、「江古田計画」さん自体が、「オトナの規格」にそって活動していこうとしているわけです。(NPO化の話は、その端的なあらわれだといってよいでしょう。)

ここでのやりとりの論点のひとつが、いわゆる「オトナの規格」に達しているか否かになるのは、そういう事情・背景からであり、「オトナが学生を(無理やり)枠にはめよう」としているわけではないと理解していただく方がよろしいかと存じます。

理想をいうなら、上記のような部分をクリアしつつ、「『学生らしい情熱や発想』を活かす・訴求点として有効に機能させる」ための方法を論じていきたいところです。

>bow さん

そうですね。わたしも、まず「かたち」を作る/確立するところから始めないと、成長はないと考えています。(この辺、guretu-anさんは、また、違ったご意見だと思いますが。)

で、わたしが言及したのは「目的を忘れた/ズレた」(=非生産的な)ものについてですので、その辺ヨロシクです。(^_^; > 1行RESにて失礼。

196: 名前:""g""u""r""e""t""u""-""a""n""投稿日:2003/09/27(土) 12:17
みなさんのおっしゃる事は正当でよく分かる。分かるんですが

197: 名前:guretu-an投稿日:2003/09/27(土) 12:20
失礼しました。
分かるんですが、勝手に私が江古田計画に成り代わって必死に
反駁するそのありようというのは(笑)
また後で。

198: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/27(土) 23:57
>>197
もっと当事者の声を聞きたいところではありますよね(^^;)

199: 名前:guretu-an投稿日:2003/09/28(日) 15:09
通常祭りに意味づけが成されているかと言うと、神や人間への賛歌そのもの
であり、解放であり、この祭りはこういう意味で執り行われている、という
ようには規定はされずに行われているものだろう。
意味づけというのはほとんど後付けのようなもので、最初に意味づけが
なされるのはむしろその祭りに限界を与えるものではないかと考える。
無論プログラミングなどについては緻密に考えられる必要があるであろうが、
最も必要であるものは祝祭への渇望を喚起させる日常の何らかの
下ごしらえというものであろうと思われる。
管理人が先のレスで言っていたように、日常の地域との関わりが恐らくは
最も重要なものであり、例えば「江古田計画」と書いたのぼりでもはためか
せて一日一回は江古田銀座を無意味に往復するとか、そういう馬鹿げた
ことでもよいが、日々高揚感を煽る何らかの行為が大切なのだと思う。
ハレとケでしたっけ、昔はその仕切りがきっちりあった訳でハレの日への
高揚感は嫌が上にでも盛り上がったのだろうが、現在社会では日常の
中にハレもケも混在しており、難しいだろうとは思う。

200: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/28(日) 18:31
周期は短く(または不定期)になってはいますが、今もハレとケは分かれてると思いますよ。
江古田の場合、「通学、通勤の出発点」と「到着点」が混在しているため、個人が感じる「日常と非日常」を街と必ずしも共有できていません。
(個人的には今日はお休みでハレの日だけど、街としては別に個人とは関わりなくいつものケの日、とか)

元々「地域のまつり」というのは、地域が同一の集団行動を取っている(やすみも仕事も概ね同じ、農業)という前提からなり立っていたものと思います。
これが時代が下って、「普段は別々のことをしているけど、祭りでは一致した目的のために同じ行動を取りましょう」に替わった。
元々信仰の対象であった「神様、神社」という場所が祭りの場としてしばしば使われるのは、「一致した目的のために、同じ行動を取るための【場】」として適していたからでもあるでしょう。

現代において、「まつり」というのは(地域の納涼祭などがそうであるように)、信仰は特に伴わなくなってきています。
これは、信仰の多様化、信仰そのものの衰退もあるでしょうけれども、「一致した目的」「同一の行動」「場の共有」のためのスローガンとして、「信仰」は十分な力を発揮しなくなっているということの現れかとも思います。
ですから、「地域振興」や「コミュニティの促進」という(そもそもの目的)が、そのまま「まちづくり」または「まつり」というものの目的に据えられるようになっているのだと思われます。

guretu-anさんの仰るのは、「目的を定めずに何かをすることで、そこから何か新しいものが生まれるのではないか」ということかと理解しています。
もちろん、「本来の目的とは違った盛り上がりや結果を出すこと」も起こりうるでしょうし、そういうことも歓迎すべきコトなのかもしれません。
ただ、その場合でも「何かが出てくることを期待する」という目的を持つことに変わりはありません。

201: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/28(日) 18:41
続きです。

あ、ちなみに「江古田!町内会/飲み食いランキング2/この掲示板そのものの維持管理」に関わること以外での発言については、【管理人】ではなく一個人の【AZUKI】によるものとご了解いただけると嬉しいかな、と。
江古田計画に対するコメントは、「管理人としての発言」ではないですから(^^;)

さて、ここで(といっても返答は期待していませんが)江古田計画の「趣旨」を改めて見つめ直してみたいと思います。
これまでに江古田計画の趣旨として伺ってきたものは、

A・江古田で楽しみたい(江古田を遊び場にしたい)
B・江古田を芸術で盛りあげたい
C・学生による(芸術による)まちづくり(地域振興)
D・江古田計画をNPO法人にしたい

であったと理解しています。
これらそれぞれには、すでに多くの方々からコメントが付いていますので、僕から繰り返すことは特にしません。
で、常々疑問に思っていることは、「それは、【誰】のための試みなのか?」です。

もともとAは教養課程を終えて江古田にきた3年生の方々が思いついた学生らしい遊び心だったのだろうと思います。それは別に反対しません。
Bは「芸術系大学(武蔵大以外)の特色を出そう」という意図からでしょう。
Cは、A/Bを実現するために地域の協力を得るための後付けの要素ではないですか?
DはA〜C(特にC)を容易に遂行する権限を得るための後付けの要素ではないですか?
そして、C/Dは「芸術性」ではなく「市民運動的な実務性」を考慮したもので、武蔵大の影響力が増えてから浮かび上がってきた要素ではないかと思うのですがいかがでしょう?

Aだけだったら、学生のお遊びということで特にコメントも批判も不要であったろうと思います。
Bも結構な話です。
CとDが入ってくると、情熱や高揚感などの抽象的な問題だけでは済まなくなってきます。
このスレのオトナども(^^;)が【心配】をしているのは、このCDの要素についてかと思います。

202: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/28(日) 18:50
続き。
江古田計画が「学生のためだけではない」を公言するのだったら、「地域とどのような繋がり方をしていくか」は考えないわけにはいかないと思います。
が、今のところ「商店街と協力する」で止まっていますね。もちろん、それも大切なことだと思いますけど、そこで止まってていいわけ? とも思うわけです。

「地域との日常の繋がり」についてですが、幟をはためかせて商店街を往復するのは「認知度を上げる」ことには繋がるかも知れませんが、「評価を伴わせる」ことには繋がらないのでは(^^;)
これは、江古田計画の初期のCI計画についても思ったことなんですが、「江古田計画という名前と存在が認知されるのが先行」というのは、明確に【間違い】だと思いますよ。

評価というのは、名前に対して行われるものではあるかもしれませんが、その根拠になるのは「その名前を関した活動内容」に対してでしょう?
「○○○という目的を持ち、○○○という実績を上げている」→「それが【江古田計画】である」
となるべきところが、
「江古田計画を知ってください!」→「へー、で江古田計画ってなに?」→「こういうことをしようと思っています」
という順番になってしまっていませんか、と。

行動ありきであるのはもちろんですが、「名前の宣伝」や「手段と権限の獲得」ばかりが先行して、「何をしたいのか分からない」「これでは協力もできない」というのが、「江古田計画に興味を持つオトナ」の意見。
ちなみに、興味を持たないオトナの意見は「またなんかやってるな」か「なにそれ?ふーん」で終わり、といったところでしょう。

繰り返しになりますが、guretu-anさんや江古田計画の学生さんたちが訴えている内容は、「祭りの当日」には必要かつ重要なことだろうと思います。
が、「ケ=日常」、「祭りの前日まで」、「祭りの翌日から」に必要なのは別のことなのでは、と。
そういう部分が「不明確」なことが、批判の対象(非難ではありません)になっているのではないかと思われます。

203: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/28(日) 19:01
僕や、僕以外にも江古田系HP/掲示板を主催している方々は数多くいらっしゃると思います。
これら、ネット上の活動は結局は「ネットの中だけのこと」に帰結してしまうという問題点を抱えては居ますが、「地域に住んでいるのに、その地域に対して接点がなく、分断・孤立した状態に置かれている個人」に対して「地域」を軸とした「日常的に継続できるコミュニティ」を提供することを、少なからず目的にしてはいます。

ただこれには、「パソコンを使える」「このサイトを知っている」「書き込みをしているか、ROM(読むのみ)している」という条件が伴ってきます。
その意味では、パソコンを使っていない、このサイトを知らない方々はコミュニティから必然的にこぼれ落ちていきます。

僕が江古田計画に期待しているのは、そうした「コミュニティ」作りについて、どのように考えているか、というこの一点につきます。
もし、コミュニティを考慮しない(江古田計画が単独で開催し、客とのコミュニケーションも考慮しない展覧会)のなら、「好きにやれば?」で終わります。それは趣味の問題ですから。

ただ、芸術というものは「作る側」だけでは完結せず「見る側」による意味づけ(その多様化や共有)があって初めて「成立」するものですよね。
それと同様に「参加者を募って盛りあげるイベント」であるアートマーケットなどの江古田計画が目指しているイベントは、「参加者(出典者/購入者/地域)とのコミュニケーション」が計られて初めて意味を持つ性格のものなのではないでしょうか?
いきなり100%をヤレとは言いませんし、そんなことは無理です。
ですが、「コミュニティ」を考慮するイベントとして育てていかないのであるなら、「江古田計画」が「江古田」を冠することには何の意味があるのでしょうか? という疑問にも繋がっていきます。

江古田計画が、「まちづくり」を掲げるならなおのこと「分断し、コミュニティから孤立している人々」を束ね合わせるものに育って欲しいと思います。
本来、「地域」が行うべきことなのでしょうけれども、高齢化や「多様化」がそれを阻んでいます。
学生という、フットワークの軽さ、責任の(オトナに比べれば(笑))軽さ、「善い意味での」無謀さが、自己満足に終わらないよう、期待を寄せています。

そのことが、多くの「批判(非難ではなく)」に繋がっているのだとご理解いただければと思います。

204: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/28(日) 19:07
ちなみに。

「コミュニティが作られること」については、どんどん進めるべきと思います。
アートマーケットによって、新たなコミュニティが生まれ増えていくことは大いに歓迎すべきことでしょう。

ただ、「たまにあるコミュニティ」ではなく、ある程度「継続され、日常化するコミュニティ」が、より必要なのでは、とも思います。
いつも難しい話をしていなくてもいいわけで、雑談から始まるコミュニティもあっていいと思うわけです。

その意味で、「日常的に顔を合わせることは難しいけど、ネットでなら」であったり、「○○○という店にいくと彼らのたまり場になっているらしいので、そこに行ってみる」であるなり、そういうことから始めるのもいいのかな、とも。

205: 名前:こばやし投稿日:2003/09/28(日) 19:41
>>199
>意味づけというのはほとんど後付けのようなもので、最初に意味づけが
>なされるのはむしろその祭りに限界を与えるものではないかと考える。

上記の考え方だと、「意味づけ」とは「まちづくり」になりますよね?
あくまでも「アートマーケット」は手段であって、目的は「まちづくり」ですよね?
となると、はじめから「アートマーケット」に限界があるとの主張ですか?
・・・と言う訳でもないですよね?
ワタクシとしては、「オトナ」の主張は「意味づけ」を要求している訳でないと思います。
むしろ、「アートマーケット」の「まちづくり」ににおける限界について、
この場を通じて問い掛けているのではないでしょうか?
と言うか、ワタクシはそのつもりですけど。


>祝祭への渇望を喚起させる日常の何らかの下ごしらえ
>日々高揚感を煽る何らかの行為

この2つは、矛盾しているのではないでしょうか?
少なくとも、「渇望を喚起」が「高揚感を煽る」にはならないと思います。

てか、AZUKIさんの書き込みとワタクシの主張がかぶってると思いますので、
ワタクシの書き込みは飛ばして頂いても構いません(苦笑)


江古田計画の皆さんは、「まちづくり」・「コミュニティーづくり」を志向されているにもかかわらず、
「顔の見えない集団だな〜」と素朴に思い続けていたりします。

206: 名前:guretu−an投稿日:2003/09/29(月) 21:11
>江古田計画が「学生のためだけではない」を公言するのだったら、
「地域とどのような繋がり方をしていくか」は考えないわけには
いかないと思います。(これで色変わるの?)

それは当然そうです。ただ、ひとつの方法としてとりあえず
何かの行為を起こす。「例えば」のぼりはあくまで「例え」ですので、
江古田計画が出来る何らかの事、それはつまり当初より
何か意味のある事でもなくても注意喚起をする何事かで
あるだけの事柄でもよいのではないかという程度です。
それは祭りが熱を帯びた強いものであるとするならば
それの下地としての日常での微熱の醸成の如き何事か。
むしろ、「江古田計画は毎日何々しろ」という提案のスレの
方が江古田計画の理念などを問いただすよりも有効であるやも
知れぬという思いで書いたものです。
馬鹿馬鹿しい提案の中に使えるものなども出てくるかも
知れません。勿論彼らが取り入れればですけど。

>上記の考え方だと、「意味づけ」とは「まちづくり」になりますよね

まちづくりというと大げさで町にあるショックを与えるくらいの
ものではないでしょうか?
祭りは結果としてまちづくりに発展していくものかも知れませんが
元々もっと刹那的で、であるからこそその刹那性にここの大人たちが
危ぶみや不平を抱いているのでしょう。

207: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/29(月) 21:27
>>206
「まちづくり」は、もともと江古田計画のほうから出てきた発案です。
以下、引用。

引用開始------ http://ekodakeikaku.com/101.html [source] [check]
>(前略)
>江古田の街を活性化させる事を目的に、商店会と協力して活動しています。
>この「活性化」というのは、住民・学生が江古田の街で楽しむことができて、
>江古田に住んでいない人が江古田に遊びに来るような、
>そして3大学の学生も江古田に興味をもつようになる。
>そのような動きをつくることだと考えています。
>(中略)
>私達は、学生によるまちづくりに魅力を感じて活動しています。
>商店会、大学、住民が一緒になって江古田で楽しむことが出来る街
>にしていくように、努力致します。
------------------------------------引用ここまで。

このスレは、主に「住民」と「住民で商店」の「オトナ」の書き込みが多く、学生さんの書き込みはあまり拝見することがありません(拒否しているわけではありません(^^;))。
ただ、「住民のオトナ」としては、「住民が置き去りになっている」観が強いことが、【不審】に繋がっているのではないかと思います。
一般の住民には、商店会のような「情報伝達機構(コミュニティ)」がありませんからね。
おもしろそうだと思っても、「終わった後だった」「関わるチャンスはなかった」「次は半年後だった」というケースは、少なからずあるのでは。

また、活動が「江古田の街」にどの程度フィードバックしているのかが、不明な点も【不審】に繋がっているのでは、と思います。

208: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/29(月) 21:37
実際問題、「学生」は、大学という組織の中でのコミュニティを持っています。
例えば、効果のほどはともかくとしても、「校門前の掲示板」にメッセージを貼ることも、
学内(やはり校門付近など)で呼びかけのチラシを撒くことにも効果はあるでしょう。
学生という同一性の高い層が、大学という校舎の中に詰まってるわけですから。

また、各商店主に対するアプローチも「商店会に働きかける」ということで、解決可能でしょう。
商会に参加している店ばかりではないでしょうが(基本的には参加しているのでしょうが)、組織化されている集団のトップに働きかけることで、「現場回り」を省力化して情報伝達は可能でしょう。

問題は、「住民」です。
・チラシを撒けば効果が上がるのでしょうか。
・理解を普及するためには何をしたらいいでしょうか。

情熱は必要ですが、情熱だけでは【ダメ】だと思います。
住民は、「組織・集団」として存在しているわけではなく、それぞれが分散孤立して存在しています。
学生・商会と違って、必ずしも連携がなされているわけではありません。
学生・商会とのやり方だけで、「住民」もすべて巻き込めるとは思えません。

で、そのための方法を突き詰めていく必要は絶対に欠かせないでしょう。
それをするのには情熱も必要かもしれませんが、情熱だけでは【ダメ】です。
それを具体化する実務をする人間は、冷静さとシステマチックさも求められるでしょう。

江古田計画にはおそらく情熱はあるのだと思います。また、情熱というのは外から「情熱を持て」と言われて持てるものでもないと思いますし。
ただ、その情熱に方向を与え、制御していく術が伴わなければ、情熱もまた空回りでしかありません。
その点について、僕は「住民の一人」として意見を述べ、住民に向けた回答を期待しつづけているのです。

209: 名前:AZUKI投稿日:2003/09/29(月) 21:41
それと、僕は学生さんの企画の「刹那性」に対しては、特に不審は持っていません。
「学生のすることはそんなもんだろう」というのが、まず自身の経験に照らし合わせても共通の見解ではないかと思われます。

ただ、江古田計画は3年続いている集団です。
3年続けていて刹那的ではまずかろうと思います。
また、彼らの失敗が致命的であった場合、同様の企画を考えついた後発の学生さんにとって、江古田計画の失敗が大きな障害になります。
そうならないよう、学生発の企画がどんどん受け容れられていく、その最初の土壌を作るという意味においても、江古田計画には頑張っていただきたいと思っています。

江古田計画をNPO法人に、というのも(再三、手段と目的が入れ替わっていると批判してきましたが)熱意と夢の現れだろうと思っています。
ただ、それについても、そこまで考えているならなおのこと「フットワークが軽いうち」「火傷も小さいうち」に、熱い思いを実感しておくべきではと思うわけです。

210: 名前:こばやし投稿日:2003/09/29(月) 23:21
>>206
>まちづくりというと大げさで町にあるショックを与えるくらいの
>ものではないでしょうか?

これは、違うと思います。
ワタクシは、地味で目立たない事の積み重ねが「まちづくり」の根本と思います。


>祭りは結果としてまちづくりに発展していくものかも知れませんが
>元々もっと刹那的で、であるからこそその刹那性にここの大人たちが
>危ぶみや不平を抱いているのでしょう。

結果として「まちづくり」に発展するかも知れないってところが問題では?
「まちづくり」と言うよりも、「アートマーケット」を目当てにする人々が集まり、
「江古田じゃあ手狭だから、お台場あたりに開催地を移そうか」となる可能性もあります。
まぁ、これは極論なんですけれどもね。
刹那性も、それ自体が問題なのではなく、
刹那性だけでは「まちづくり」は出来ないし、「それ以外のアプローチなないの?」
と言う立場で問い掛けていると言う感じなのです。
もうひとつ、「祭り」と「アートマーケット」を同一視出来ないのではと言う点があります。
「祭り」の担い手は、地域コミュニティーの成員。
「地縁・血縁」で地域との結びつきのある、顔の見える人々でしょう?
じゃあ、顔の見えない江古田計画の皆さんが「アートマーケット」を行う蓋然性はどこ?
地域コミュニティーへの接点・働きかけが曖昧な(と言うか、ほとんどない)まま、
「アートマーケット」と言う「祭り」の様な催しを行っても、
広範にわたる支持は得られないでしょうよって話です。

211: 名前:cat投稿日:2003/09/30(火) 00:36

あらためてguretu-anさんのご意見を拝読していると、なんか寺山修司の「市街劇」みたいなものをお望みのような気がしてきて...。(^_^;
それはともかく、「江古田計画」側の擁護者ではなく、あらたな視点からの批判者ですよね、guretu-anさんは。

さて、肝心の「江古田計画」さんからの発言がないまま、勝手な言い分を続けたいと思います。

わたしは、江古田の商店会と学生との「産学協同プロジェクト」(大げさ!)というところに集約しちゃった方がいいのかとも考えています。

なまじ、住人と何とかがドータラという「まちづくり」を指向すると、めんどくさいことがいっぱいでてくる。むしろ、「商店会の活性化を3大学の学生がお手伝い」というかたちにした方が、住人や来街者との関係性や相互の位置づけも明確化され、何より方針が立てやすい。

実は、わたしには、「江古田計画」ってそういうところ(=商店会活性化)から立ち上がったものに見えてしかたがないんですね。 ← あくまで、わたしの印象です。

ところが、計画を進めていくうちに、活動目的が拡大化された。にもかかわらず、拡大化する/されたときに考えなければならない諸問題が、スタッフ内で充分に討議されたわけでもなく、スタッフ各人に理解されたふうでもない。

公式サイトの各ページを見ると、それがための焦点・方向性のブレのようなものが感じられます。「江古田」なのか「江古田の商店会」なのか。
確かに、いくつかのページは「α版」(というか旧版?)であることが明記されています。それは単に原稿作成が間にあわなかっただけなのでしょう。けれど、同時に、それは、計画内でのブレが内包されたままであることの証左でもあるわけです。 ← うがちすぎ?

「商店会活性化を通じてのまちづくり」という実績を、地道に積み上げていった先に、ここで論じられてきたような全体的なまちづくりが見えてくる。そんなステップでもいいんじゃないかなと思う次第です。

ちょっと、話の流れをそらせて申し訳ありません。

212: 名前:こばやし投稿日:2003/10/01(水) 23:01
>>211
新たな切り口ですね。
が、江古田計画の皆さんは相変わらずの放置なんですけど・・・。

213: 名前:cat投稿日:2003/10/02(木) 11:06

> こばやしさん

もう「腹も立」たなくなって、「敬して遠ざける」という話なのかも。(笑)

「江古田計画」さんが、いわゆる「まちづくり」という方向性をとるとおっしゃっている以上、意味のない提案/お節介であることは承知しているんです。
> 新しい切り口

214: 名前:guretu-an投稿日:2003/10/02(木) 15:03
>新たな切り口

その割りに細かく意見をつけてくる>こばやし氏
俺に恨みがあるのかと(笑

寺山はあまり読んでないのですが、あのアングラでチープな感じは
ハマると恐いと思う>cat氏
高校生の日に女湯覗きをいたしました。反省してます。

どうも江古田計画に対しての物足りなさは、実は「まちづくり」と
いうお手軽な言葉に収斂しているという事に対してのようだと
暫くモヤモヤ気持ちが悪かったのだが、そう思い当たった。

215: 名前:guretu-an投稿日:2003/10/02(木) 17:31
ちょいとまた運営とは別の話で恐縮ですが、アートというものは
思い切り個人的なもので情念的な作業で、それの深みという
のはいかに高みに至るかという事と、いかに自身の不浄な部分
を自己批判或いは真逆の全肯定出来るか、という事が同時に
起きる不可思議な作業であると思っている訳ですが、まちづくり
という耳障りの良い言葉にはプラスの健康的な一面をのみ
イメージさせられる訳です。

アートマーケットが祭りかどうかという話も明確ではありませんが
非日常という部分では多くを共有している訳です。
祭りもまた健康的な開放感と同様に人間のドロドロした部分など
を表ざたにしても許容される、というか、祭りの持つ得体の知れぬ
高揚感などは思い切り不浄な部分があからさまにされるやも
知れぬワクワクドキドキ感なのだと思う。
正と負、天国と地獄、清浄と不浄の乱雑なオンパレードが
その正体ではないのかとすら思う。
サンバカーニバルや仮面で有名な、名前忘れたカーニバルなどを
見てその熱気は何かと思えば、そういう気がするのですね。
私は何を言いたいんでしょうね。

216: 名前:こばやし投稿日:2003/10/02(木) 19:06
別に、guretu-anさんの意見を指して「新しい切り口」と言っている訳ではない。
catさんのアプローチを指している言葉なのよね。
残念でございますた(藁)

217: 名前:guretu−an投稿日:2003/10/02(木) 21:08
(´TAT`) そりゃ大層失礼 >こばやし氏

つまり奇麗事を標榜しなければ、商店街の方の理解は得られない
所に江古田計画のジレンマが存在すると。
本当は「私たちはただ主体的に江古田を楽しみたいんだ」と言うのが
多分彼らの本音であり、「そうする事でもしかしたら街づくりに関与
出来うるかもしれん」くらいの非常に曖昧な想定をあたかも
それが目標だとでもいうように掲げてしまった所がまず
マヅかったのではないか。

218: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/04(土) 07:48
こばやしさんも、guretu-anさんも、ここはひとつ、ま、ま(^^;)

江古田計画のそもそもの目的は「江古田で遊びたい」ということだったと思いますよ。
ただ、「どこでもいいから遊びたい」だったら、ただのサークル活動で済んでいたところが、
「江古田で」と場所を限定させてしまった瞬間から、「物理的な場所」としての地域や、
その地域を実際に取り仕切って(笑)いる既存の組織(町会、商会)との折衝の必要が生まれてきた、と。

そして、「まちづくり」という言葉は、おそらく江古田計画に深く関わっている商工会議所の方や、
コンサル会社の方からのアドバイスの結果なのでは、とも推測しています。
「日常的に江古田という街を維持運営しているのは商店会なのだから、江古田という場所で
何かをしたいなら商店会との関係を良好にすべし」というのは、イベント開催という視点から見れば正論ですし。

あと、これも個人的感想なんですが、「江古田で遊びたい」が「アートマーケット」という形を選んだ
のだとすると、「芸術を小売りするフリマ」という位置づけのアートマーケットは、ちょっと安易だったんじゃないかな、とも思いますね。
どうしても「露店に店を広げる」「恒常的な開催ではなく、スポット的な開催」という形にならざるを得ない気がするし、
ゆうゆうロード(栄町本通商店会)のナイトバザールや、江古田銀座(旭丘銀座商店会)の納涼祭、三大学の学祭と「それはいったいどう違うわけ?」という差別化が不十分だし。

「江古田の縁日をもうひとつ増やしました」という以上でも以下でもない気がするんですよ。

219: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/04(土) 07:59
僕の場合は「イベントを開催し、それによってまちづくりを」となった時点で、彼らが「本来したいのであろうコト」以上に「運営」のほうに目がいってしまうんですよねー。
それはたぶん、「イベント」が「客を呼ぶことで成立する」という性質のもので、僕などは「客の側の人間」だからなのかもな、とも。
江古田計画も、商会も「呼ばれる客側」ではなく「客を呼ぶ主催者側」の視点に成らざるを得ない。
このスレの人々は、基本的には「呼ぶ側」より「呼ばれる側」の視点で発言されてますし。
そのへんの意識の違いが、また対立しているように見えてしまうのかもしれません。

いっそ、「江古田の遊び方を研究する」っていう言い方にしちゃえば、もう少し違った展開があったかもなー、とも思いますねー。
「江古田計画が、江古田の遊び方、江古田の楽しみ方を研究、実践して発表する」
「その遊び方を提示することで、お客が【江古田でしかできない遊びをしに、江古田にまでくる】ことを商会に提示する」
とか。
これなら、「江古田で遊びたい」も果たせるだろうし、商会との利点共有も可能だったろうし。
加えて、「江古田計画のスタイル」というブランド性の提示ができ、「お客」に対するアプローチも、ただの「金を落としに来る相手」ではなく、「江古田計画流を紹介する相手」であったり、
「遊び方を伝授する相手」だったり、と違ったアプローチにもなったんじゃないかなぁ、と。

芸術は、情念を持って作った芸術家が、作品の形にはきだした時点で終わるもの(誰かが見なくても成立する、パーソナルなもの)と、
「観客との合体」や「観客の参加」で成立するもの(誰かが見ることで成立する、パブリックなもの)があるんじゃないかと思うんですが、
「江古田計画」という集団が、「江古田」という場所で、「不特定多数へのアプローチ」を前提に行うんなら、
芸術のタイプは前者のパーソナル・アートではなく、後者のパブリック・アートでなければ【間違い】だったんじゃないかな、と。

それ以上に気にかかることは、現在の江古田計画のリーダーは「武蔵大学」の学生さんだったと思うわけですが(笑)、
もしかして「アート」マーケットを主張したのは、元々は日芸の学生さんだったのでは? アートに対するスタンスが、どうもズレている気がするのはそのへんが原因なんでしょうか(^^;)
「アート」を、表現方法として見ているのか、「まちづくり」の名目として見ているのかは、聞いてみないとわかりませんけどね(^^;)

220: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/04(土) 08:27
NPOへの志向は、いったいどっから出てきた話なのかというのを、ちと想像で。
当初の江古田計画(CIとして江古田袋を配ったりしていた頃)は、まだそれほど「まちづくり」には重点が置かれてなかった気がします。
でも、「学外での活動」「地元との協力」という必要から、「まちづくり」的な要素が付加されたかなぁ、と。

また、江古田計画ホームページのリンクを辿ると、「学生によるまちづくり」を志向している他の街・組織の紹介にたどり着きますが、
それらもまた「商工会議所」が介在している風があります。
何世代目からかはわかりませんが、確か江古田計画は他の街の「まちづくり」を志向するグループ/市民運動の全国大会みたいなの(名前は失念しました)にも参加してましたよね。
広島かどこかの。
そうすると、もしかして将来的には「(何らかの政治目的を持った)市民運動」的な方向に進む目的があって、「学生の」や「アートの」というのは、そこに至るための便宜上の名目なのかなぁ、とあらぬ深読みをしてしまいました。
NPO法人格というのが出てきたあたりから、「なんでかなー」と思ってたので。

なお、くれぐれも、これはあくまで「転がっている材料からの勝手な推測」ということでご笑覧くださいm(__)m

221: 名前:こばやし投稿日:2003/10/04(土) 08:54
>>217
> 「私たちはただ主体的に江古田を楽しみたいんだ」
> 「そうする事でもしかしたら街づくりに関与出来うるかもしれん」

この推論は、イイ線いってると思います。
「遊び」、「まちづくり」、「アート」と言う語は、広範にわたる意味を持っています。
それを曖昧なまま用いる事で、様々なズレが生じますね。
言葉の用法だけでなく、実際の江古田計画の活動においても、曖昧さが垣間見られます。

江古田計画は、ここまでツッコミが入るのだろうか?
てか、ベタなまでにツッコミの余地があると言うのも・・・。
で、何の反論・説明がないのもアレだな(苦笑)

222: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/04(土) 11:06
自己レスと訂正と補足と昔の記憶とかを。
http://ekodakeikaku.com/105.html [source] [check]

江古田計画の「2001〜2002年の活動」を見ると、発足の初期段階から
>練馬区消費生活懇談会にて、学生と商店街との協力について議論が行われる。
> 「江古田計画」発足。初期メンバーは約10人。日芸の影山二郎が代表。
とありました。
つまり、江古田計画は最初から「アート」が主ではなく「まちづくり」が主で、「アート」は従だった、ということでしょうか。
第1期代表、第2期代表はそれぞれ日芸の学生さん。
現在の第3期代表は武蔵大学の学生さん。
「アート」という性格付けにこだわったのは、第1〜2期代表さんの時代ということのようです。

この第1期の時代の「江古田袋」を巡る初期の不手際が、江古田計画への「じんわりとした不審」の源なのかも。
江古田袋の主目的は「江古田計画の認知度を上げるための活動」だったという説明を記憶から掘り返してみる。
江古田袋の(特に同梱のマップの)出来について、「日芸の学生が絡んでいてこの程度?」という声があった記憶もあるなぁ。
このときは、「駅前で配ったとして、持ち歩く時間/期間が短期しかない江古田袋では、認知度を高める(=持ち歩かれる)のに本当に役立っているかどうか不明」という感想を言った気がする。そういう「ロゴ入り袋の宣伝効果」は、「店から駅まで、駅から家までが長い場合」ではないのか、みたいな。
それはそれで何事にも最初はあるので仕方がないとして……

「アート」はやはり「まちづくりのための名目」なのかな? という疑いはますます濃くなってきました。
だとするなら、ますます「まちづくり」の点に対する疑問が軽視できなくなってくる気もしました。

223: 名前:guretu-an投稿日:2003/10/04(土) 16:11
江古田計画に提案。

「江古田ウォーク」の開催。
事前に「江古田!町内会」サイトで江古田の名所・旧跡
だの面白そうな所を十全に絞込み、練り歩くコースを
設定する。
「江古田ウォーク」開催参加者募集ビラを用意し、賛同の
一般家屋や商店の目立つところに貼って呼びかける。
参加費は弁当飲み物代・ビラチラシ代の人数割り。
参加者は当日申し込みではなく事前に申し込み制とする。
参加者に手渡すウォークコースのチラシ・パンフの用意をする。
江古田の町の重箱の隅をつつくような練り歩きを実行する。
が昼飯を挟んだ際の用意だが、昼からのウォークとするなら、
シメに浅間湯か江古田湯で汗を流す。
その後の(例えば三大学の許可を得て)学内にビニールシート
で軽い宴で〆るもまたよろしい。

224: 名前:cat投稿日:2003/10/04(土) 16:15

> AZUKI さん

> への「じんわりとした不審」の源なのかも。

この部分、できれば「AZUKIの〜」としていただきたかったところです。
たしかに「あれっ? これドーヨ」っていう意味ですけれど、一般的には、
「不審船」とか「不審火」とか、ニュアンスがナニですよね。
このスレの流れだと、「江古田計画vsオトナ」とくくられがちなわけです
が、よしAZUKIさんが個人的にそうお思いでも、わたしはそこまでじゃな
いんで。>八方美人(^_^;

...っていうか、わざと挑発してません? (苦笑)

225: 名前:cat投稿日:2003/10/04(土) 16:15

> こばやしさん&AZUKIさん

>>211で「『江古田計画』ってそういうところ(=商店会活性化)から立ち
上がったもの」というイメージあると書いたわけですが、それには、いく
つか根拠がありました。

ひとつは、「勝手に応援サイト」に転載されていた(最初期)趣意書の、
「3大学学生と江古田商店街とで協力し」という部分。
http://www.ekoda.org/w-1.html [source] [check]
もうひとつが、>>222でのリンク先です。

さらに、後者を読んだとき、「あぁ、こことつながるのね」と納得できた
のが、下記のリンク先です。
http://homepage2.nifty.com/nerima/h12/11.htm [source] [check]

「江古田計画」のことを知らない時期に見つけてブックマークしてあった
ものなんですが、おかげさまで「自信が確信に変わりました」。(笑)

そして...

>>218
> コンサル会社の方からのアドバイスの結果なのでは、とも推測しています

>>220
> 何世代目からかはわかりませんが、確か江古田計画は他の街の「まちづく
> り」を志向するグループ/市民運動の全国大会みたいなの(名前は

後者の記述は正確ではありませんが、参加されていたのは事実です。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:pPH-iZm-X1oJ:comm.r1.shudo-u.ac.jp/~kawana/sympo03.doc+%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja [source] [check]

ご覧になればわかるように、「基調講演」は件の「消費者懇談会」を委託さ
れていたリサーチ会社の社長さんです。
なお、第5回のアートマーケットの記録は、同社のサイト上にあります。また、
同社のサイトのホームページには、先の「アートマーケットを応援する」旨
のメッセージが記してありました。(終了にともない、現在は削除。)

「江古田計画」さんと、どのくらいの関わりがあるかは存じませんが、初めか
ら現在に至るまで、同社とのつながりは維持されているわけです。

お断りしておきますが、わたしは、そのことを悪いことだとは思っておりません
し、むしろ、積極的にアドバイスを受ければいいとも考えています。

ただ、ここで皆さんがご指摘されたことについても、もう少し耳を傾けていただ
ければなぁと思います。> 江古田計画さん

226: 名前:cat投稿日:2003/10/04(土) 16:17

> guretu-anさん

お弁当は、「やぐら」のオニギリでぜひ。(笑)

227: 名前:cat投稿日:2003/10/04(土) 17:32

連続で申し訳ありません。>>224のわたしの書き込みは誤読
でした。

> この第1期の時代の「江古田袋」を巡る初期の不手際が、
> 江古田計画への「じんわりとした不審」の源なのかも。

これって、「勝手に応援」サイトのBBSに寄せられた、賛助金を
出されたお店の方からの反応のことですね。
大変失礼いたしました。 > AZUKIさん

228: 名前:guretu-an投稿日:2003/10/13(月) 17:19
祭りは本来は神事として日常から非日常への切り替えが否応なく
「違う世界」への踏み込みとして出来たものだったのだろうが、
現在ではどうやって日常と非日常とのチャンネルを切り替えるかと
いうのが、所謂イベントが成功するか或いは中途半端なままで
終わるかという所の最も重要なポイントではないかと私は考える。
であればこそそのチャンネルをある馬鹿げたものや普通では
考えられぬ事をやらなければならないという主張に結びついて
いるのです。

と話題がないので持論を無意味に概要化してみる。

229: 名前:guretu-an投稿日:2003/10/13(月) 18:38
どうも目的論と手法論と混在していて、つーより私の
頭がついていかないだけなのだが(,笑)
いやそもそも目的など持つなと私は言い始めたのでは
なかったか。
いっその事、江古田銀座での朝市(当然練馬の野菜など)
などやれば・・・競合店はスーパーくらい? 北口マーケット
内に八百屋さんも軒数があるのか、あれば反発は必至
だが。朝市となると祭り的な要素・レベルはかなり
低くなり、超えるのは超え易い。

230: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/13(月) 23:11
>>228
えー、祭りというモノが伴う「狂気」であるとか「バカになれ」であるとかについては、一応理解はできるのです。

ただ、それっていうのは厳密には「祭りではバカになってください」と促された参加者がバカになるのであって、祭りの主催者や祭りを「進行」するものがバカや狂気に走っては、祭りが進行しません(^^;)
で、江古田計画の立場は、「祭りでバカをやる立場」ではなくて、「バカをさせる」または「バカをしても大丈夫なように取り計らう」立場であると思うわけです。
取り計らう立場の人は、バカになったり狂気になったりしちゃいかんのでは、ということで(^^;)

祭り論と「祭り運営論」は別物ということでしょうか。

231: 名前:名無しのエコダニアン投稿日:2003/10/14(火) 13:39
>>AZUKIさま
無限ループしている馬鹿者に律儀なレスありがとうございます。
ほぼ嫌になりながら書いてんだろうなあと、不謹慎な笑いを
浮かべつつ読ませていただきました。

この前新聞で浅草のサンバカーニバルを起こした所以の区長の
記事を読んだのですが、当初リオにカーニバルがどういうもんか
区長と関係者と連れ立って見に行ったのだそうです。
当然その騒然としたカーニバルの様に圧倒され、所詮日本で
こういう祭りは無理だろう、と関係者全員がそう思ったそうなの
ですが、中でただ一人区長だけはこれは是非浅草でやりたいと
そう思ったのだそうです。
これはコンセンサスとか何とか考えていたら全く実現しなかった
でしょう。いわば区長の他人から見ればほぼ「狂気」が成しえた
いや、狂気でなければ浅草には今もサンバカーニバルは
開かれていないでしょう。

運営が不要というのではないのです。
祭りというものははかりごとからどこかで自立的な生き物のように
なる、そういうものではないかと思うのですね。

232: 名前:guretu-エコダニアン投稿日:2003/10/14(火) 13:47
浅草と三社祭、リオのカーニバル、これはただ「祭り」という一点のみ
のつながりしかないのですよ。というかそこに強靭な一点のつながりが
あるというべきか。ともかく普通では一緒には考えないものです。
それがあそこまでメジャーなものに育っていった。

何が言いたいかと言いますと、江古田とアートというのではあまりに
安易なつながりを前提にしてはいないかと。
まあ浅草の区長のような狂人(笑)がいないというのが最も痛いと。

233: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/14(火) 15:54
>>>231-232
船で言えば推進力、車で言えばエンジンに相当する人っていうことですね。
それはわかります。
そういう「熱意」を持っているのが誰なのかは、外からでは図りようがないのですが……

問題は、立派な車体や船殻を持っているのに、エンジンが付いていないのか、
車体や船体のエクステリアの装飾と客を乗せるための予約にばかり頭が向いていて、船の中身が付いてきていないのか
それとも、「立派なエンジン」はあっても、操舵室が付いてないのか。

狂気のような「先覚者」が必要だったとしても、やっぱりそれを支えた助役以下の「実務スタッフ」が正気だったからこそ、成立したものだと思いますよ(^^;)>サンバカーニバル

確かに、「御輿の担ぎ手はいるけど、御輿がない」「御輿に乗る人がいない」「御輿の中はからっぽ」という印象はあるかもしれませんね。

234: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/14(火) 15:58
>>231
その区長の「狂気(のように見える情熱)」があったとして、それでも「やろう」と決めた後の区長自身と関係者のコンセンサス、関係者から街そのものへのコンセンサスが置き去りにならなかったからこそ成功した部分はあるのでは。
狂気は必要条件のひとつだと思いますが、それだけで十分な条件というわけではなく。

>>232
「江古田でアートは安易」これについては、同意です。
それがいかんとは言わないけど、需要がないなら掘り起こす、という覚悟がないんなら、アートを引き合いに出すのは安易すぎるかなー、と思ってました。
(日芸と音大がある江古田なんだから、掘り起こさなくてもアートに対する需要/許容はあるはず、という前提でアートを選んだのだとしたら、ちょっと短絡的かつ安易すぎるかなとも思いますし)

235: 名前:cat投稿日:2003/10/14(火) 18:14

>>229

> いっその事、江古田銀座での朝市(当然練馬の野菜など)

いっそのこと、「江古田合戦」と称して、中野区江古田/江原町(本村)軍と江古田駅周辺(新田)軍にわかれて、北江古田公園あたりで騎馬戦とか。
「本村の誇りをみせてやる〜」とか、「今や栄えているのはこっちだぜ〜」とか叫びながら、流血の惨事!

レフェリーは豊玉の方にやっていただくとかね。豊玉も練馬か中野かよくわかんないところなんで、ちょうどいいかも。

ちょっと狂ってみました。(^_^;

236: 名前:トウリスガリ投稿日:2003/10/14(火) 18:34
江古田でアートが安易、で何がいけないのかなー?
安易って、つまり、江古田をよく知らない人にとっては分かりやすいんじゃないのかな
?テレビとか雑誌でもアートって言葉で江古田を良く見かけるし。
少なくとトウリスガリの私には安易でも分かり易いテーマや名目の方がいいです。
「江古田?どこよ?」
「ほら、日芸のあるとこじゃない?」
「あー、あそこね・・・。」
こんなもんでしょ江古田なんて。例えるなら。
浅草でリオのカーニバルの方が意味が分かりずらいんじゃない?
結果的には大きくなってるからいいものの。
じゃー、なんで、浅草でリオのカーニバル?
全く、地域の独自性がないよ。
浅草じゃなくても出来るじゃん。
高円寺の阿波踊りもそうだけどね。なんで高円寺で阿波踊り?
ここの発言にある、江古田=美容室の多い町である。
こんな所を他者に売り込んでも面白くもなんともないんじゃないの?
美容室関係業者が営業に来るくらいで。
管理人さん失礼しました。削除して頂いても結構です。

237: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/14(火) 19:02
>>236
削除はしません。
それもまた意見のひとつとして残していきます。

といったところで、「江古田でアートが安易」と思う理由について、僕の感想。

「江古田と言えば、日芸があって音大がある。アートの町だよね」
という、そういう認識を持たれている(かどうかはわかりませんが)ことそのものは、それはそれでよいだろうと思います。
ただ、それにそのまま乗っかって、「江古田といえばアートです」というイベントを組んだとして、それは江古田にとってどういう効果があるのか? が、十分に説明できていない(&、当事者も消化できていないのでは?)という点が【安易】だな、と思うわけです。
(ましてや、今の第三期の代表は武蔵大の学生さんであって、三大学の中では学校の方向性・素養としてはアートとは無関係です。また、人文系で市民運動にも理解のある武蔵大系の学生さんが、アートにこだわる根拠もよくわかりません。初代代表は日芸系だったと思いますが、そこからの伝統だからということだとすると、第三世代の人々はどれほど初代のコンセプトを継承できているのか?が気にかかるところです)

で、ここまでに何度か述べたと思いますが、アート=芸術には、「表現者が作品を作り出した段階で完成するもの」と、「観客が見る(参加する)ことによって完成するもの」というものがあるのでは、と思います。
もし、江古田計画が「芸術を志向し、自分たちの欲求をはき出す」というところに主眼を置いているなら、「作品を作った段階で完成するアート」ということになりますね。つまり、【誰も見ていなくても、評価されなくても、かまわないもの】ということになります。

ですが、江古田計画が志向しているのは「地域」と「住民」を巻き込み、かつ「地域を外に向けてアピールする」ですよね。
そこにテーマとして「アート」を持ち込むなら、「勝手に作りました。誰も見なくてもいいです」ではなり立たず、「地域・住民ないし地域の外」に対して参加を促すものにならなければ無意味ですよね。

では、「参加型のアート」「独自性」が出せているか?というと。
「実質、出せてない」と思います。
要因は様々ですが、安易に「アート」を選んでしまったところにも問題があるのでは?と思えるのです。
「理解されなくてもアートだから(仕方がない)」という逃げ道を作っているようにも見えるし、理解できないほうが悪いという逃げ道も垣間見える。

僕は浅草サンバカーニバルや高円寺阿波踊り、(あとは河内音頭でしょうか(^^;))については特にコメントする立場にありませんので、同意も反対もしませんが、江古田計画は「何がしたいの?」というところに、一度立ち戻った方がいいのでは、とは常々思います。

238: 名前:トウリスガリ投稿日:2003/10/14(火) 20:12
あ、江古田計画さんってなんかのアート集団だったんだ?
江古田計画さんの関係者の過去に発言を見る限りじゃ、
私はてっきり、イベントや、企画のオーガナイザー団体だと思うけどな。
↑の方はどこの発言から江古田さんがアートをつくる側であると思ってるのかな?
いや、過去の関係者発言にあるなら御免なさいね。見落としちゃって。
あと江古田がアートのイメージで捉えられてるか?ってあるけど、
正直捉えられてるでしょう。100パーセントじゃないにせよね。
で、浅草の話はどうなんですか?もしかしてレス違いか?

239: 名前:guretu−an投稿日:2003/10/14(火) 20:46
アートで炸裂しているかというと、残念ながら非常に未消化な印象なん
だよね。そこに不満がある訳です。それで所謂世間的な成功例として
まあ出してみただけなんだけどね。
私は特段浅草サンバカーニバルのファンではありませんが、あそこで
成功しているにはそれなりの理由はあると思う。
古い町が非活性化した鬱屈が積もり積もってああいう盛り上がりに
なっているのだと思う。要は区長はともかくも熱を地元に注入したかった
訳なのだと思う。それの良し悪しには言及しようとは思わないが、
江古田計画にそうした熱(のようなもの)が足りないか、或いは
上滑りしている印象なのは何故なのかという事で、私の発言は
成り立っているのですね。
それは祭りがある目的付けやあるべき形が果たして必要かどうか
という私の疑問がありまして、むしろ意味づけや何かが最初にありき
では祭りの純粋なパワーを壊しているのではあるまいかという意見に
つながり、祭りイコールアートっていうのもなんかナーつー意見にもなり、
地域性がないというのはおっしゃる通りなんだけれども、それでも
何らつながりのない浅草とカーニバルが何故にあれほどに盛り上がった
のか、それは純粋な祭りの熱への渇望だったのではないかと
思われたので、丁度私には都合のいい代物だったのです。
俺も必死だな。

240: 名前:guretu−an投稿日:2003/10/14(火) 20:59
江古田=アートのイメージに寄りかかっているように思えた。
それが安直に思えた。
むしろ違うだろう。ヒリヒリするような熱いものは、もの狂おしい
ようなワクワクドキドキするものを得る為には、手元にある
それではなく何か他に、こちらの脳漿が不全になるような、
意外性のあるものこそふさわしい。
そういう感じ、なんだな。

241: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/14(火) 21:53
江古田計画の第一世代は、ポップアート的なものは念頭にあったんじゃないかと思われます。
江古田計画立ち上げの最初の企画が「江古田計画の認知度を高める」っていうところにあり、それを巡って「ロゴ」や「イメージカラー」などのシンボルにこだわったところも、その片鱗かと。
そのへんは、江古田計画をプロデュースしているのであろう、コンサル会社の【アドバイス】も入っているのかもしれませんが。

江古田計画は、アートというのを結果的に「キーワード」のひとつに据えて、「運動として何かをする」という方向にシフトしたんだと思いますが(これまでの関係者の断片的な発言から)、
「何かをしたい」でも「何をしていいのかが上滑り」そこに「江古田で日芸も絡んでたからアートをしよう」という方向に行ったのだとしたら、【順番が逆だろ】という気もします。

したいことがあって、それをするための手段として「アート」というモノが出てくるなら、まあわからないでもないです。
「何かをしたいが、何をしていいかわからないから取り合えずアート」という、そういう意味での安易さが感じられる部分はあります。

浅草サンバの例えにかぶせるなら、「サンバをしたい!(guretu-anさん言うところの狂気/情熱)」というしたいことがはっきりしているならわかります。
でも、何をしたいのかがわりと不鮮明(未だによくわからない)な状態で、組織作りやNPO法人格云々、外部へのPRという「肩書き論」に走り、なおかつ組織作りに励んでいるわりには運営が今ひとつよく見えてこない……
そういう感じですかねぇ。

PS.それとguretu-anさんにお願いがあります。
  もう少し改行(行間を空ける)を入れてください(^^;)

242: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/14(火) 22:06
>>238
江古田がアートのイメージで捉えられているかどうかは、僕もたぶん「大学からの連想」でそう思う人も少なからずいるだろう、とは思います。

でも、それじゃ「アートで江古田を盛りあげるって、何をするわけ?」という疑問にぶつかりません?
江古田とアートっていう結びつきで何かをアピールするとしたら、江古田計画はどれを狙っているんでしょう?

A)江古田はアーティストが多い街
B)江古田(の商店街)はアートに理解がある街
C)江古田(の路上)はアートがたくさんある(供給がある)街
D)江古田(の住民)はアートの需要がある街

「江古田と言えばアート」と一言で言っても、これだけの供給需要の組み合わせや、アピールの差異があるわけです。
アートマーケットという形を取っていますが、江古田以外から連れてきたアーティストの参加が少なからずあるなら、(A)は違いますよね。
商店街との連携で(B)を培おうとしているのだとしたら、それは一応理解できます。
(C)は、シャッターペイントくらいだと思うんですが、あれは【江古田計画の手柄ではありません】。日芸の卒業制作じゃなかったですか?
(D)については「別にそんなことないし」としか……(^^;)

アートマーケットというのは、結局はフリマの域を出ていませんし、ライブイベントを併設したところで、「学外でやっている学祭」「商店街主催じゃない納涼祭」との差別化がどれほどできているんでしょう?
「路上美術館」とか言われたらもう少し「あー」とか思うかもしれませんが、そういう「アート」なわけでもないわけですよね。

以前、「往来/来訪者参加型のアート(アンディー・ウォーホルの作品群のような)を、江古田という街を舞台に、江古田計画がマネジメントするという形」を提案したことがあったと思うんですけど(かなり過去ログ参照(^^;))、
「江古田はアートに理解がある街(場の提供役としての商店会の協力が必要)」
「江古田はアートに興味を持つ住人、持たない住人、住人以外を許容する街である(参加者を募り、拒まない体制が必要)」
「江古田計画は緻密なマネジメントの必要な多人数参加型アートをプロデュースできる(江古田計画の運営力が試される)」
という「アートと江古田」という名目を、はっきりさせられるのでは? という意図からそういう提案をしてみました。

お忘れ&初見の方のご意見もお待ちしています。

243: 名前:トウリスガリ投稿日:2003/10/14(火) 22:23
いや、だからさ、江古田計画さんってぜんぜんアートしてないよね。
AZUKIさんから見ればさ、「ロゴ」や「イメージカラー」を作ったりするだけで
もう「アート」しちゃうことなんだろうか?
まあ、だから江古田計画さんがアート団体に見えるのだろうけどね。
違うんじゃないかと。
あと、サンバカーニバルって「ハレ」だけじゃないかな?
浅草の「ケ」はサンバカーニバルで何が得られたのか?
ちょっと前に随分「ハレ」とか「ケ」とか盛り上がったわりには浅草の一種成功例
が出てきたら、浅草万歳なのも違うんじゃないかと。
結局、ここでいう「成功」は、集客や、知名度がある、その程度のレベルなのかと。
もしそんなレベルなら、『安易』なイメージ付けの方が良いじゃない。
分かり易くてさ。客も来るよ。
何がしたくてアートなのか?
うーん、町おこしなんじゃないのか?「学生による町おこし」。
そうやってHPのTOPにもデカデカかいてあるじゃない。さっき見たけどね。
アートで炸裂!って言ってもさ、江古田計画がアート集団じゃないなら無理な注文
だよね。自分はオーガナイザー団体なんだと。
私は江古田計画をオーガナイザー団体としてみれば、
なんとなくやりたい事分かるよ。いや、わかる気がする。
アートで炸裂はアーティストさんやって下さいと。僕らはその舞台を作るから、と。
そんなもんなんじゃないの?

244: 名前:アトマいきました投稿日:2003/10/14(火) 22:26
みなさん、もう一度「現」代表の挨拶を読んでみてはどうでしょうか?
みなさん、少しずれていますよ。

http://ekodakeikaku.com/101.html [source] [check]

245: 名前:アトマいきました投稿日:2003/10/14(火) 22:31
あと、ココも読み直してみては?

http://ekodakeikaku.com/103.html [source] [check]

246: 名前:""""g""""E""""""""X""""K""""""投稿日:2003/10/14(火) 22:37
ごめんなさい。打つタイミングで前の人と発言が噛み合わなくなってしまってます。

247: 名前:""""g""""E""""""""X""""K""""""投稿日:2003/10/14(火) 22:39
246は僕です。名前が化けちゃいました

248: 名前:トウリスガリ投稿日:2003/10/14(火) 22:40
何度もごめんなさい。名前化けっぱなしです。
トウリスガリ

249: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/14(火) 22:59
元々「アート」を言い出したのは、僕じゃないんですってば(^^;)
「その程度でアート」?というのは、僕の方こそ「えー?」と思ってることで。

とりあえず、僕の意見としてはもう出尽くしていることなのでまとめておきますが、
「江古田計画は、最初と最近では違う」
「江古田計画は、まちづくりを掲げているが、曖昧すぎて何をしたいのかわからない」
「江古田計画は、NPOになって何をするつもりなのか、さらによくわからない」
ということです。

さて、それでは「現代表」の意見を参考に。
http://ekodakeikaku.com/101.html [source] [check]
について。

・江古田の活性化が目的
・活性化=江古田の住民/学生が江古田を楽しめる
       江古田外の訪問者が江古田に遊びに来る

これは、江古田の住民/学生/訪問者が、江古田に興味を持っていないという前提から入っていますね?
訪問者についてはともかく、住民/学生はそうなんですか?>江古田の皆の衆に確認したいんですが(^^;)
この問題提起は、「今まで江古田以外の校舎で教養をやってきて、3年生になってから初めて江古田にきた、武蔵大学以外の二大学の学生さん」には当てはまるのかもしれませんね。
「江古田ってよくわからない」という前提が。

それ以外の(つまりは、【元々江古田にいた】人に、当てはまる前提なのかどうか?
言い方は悪いんですけど、「後からきたんだけど、この街のおもしろさがわからないよ」という学生さんに、「この街はおもしろくないから俺たちがおもしろくするぜ」と言われたら、元々この街を楽しんでる我々って……(^^;)

三大学の学生さん(上京してきた人たち)が、江古田に興味を持っていなくて、江古田の楽しみ方がわからない、だから「三大学の学生が楽しみを見つけられるように」という企画なら、大いにやるべきでしょう。
でも「自分たちはつまらない」を、「住民もそうに違いない」に広げないで欲しいなぁ、という気持ちはありますねぇ。

250: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/14(火) 23:10
>>243
少し整理すると、「彼らはもっとアート炸裂をすべきだ」と言っているのはguretu-anさん。
「場を提供する集団に徹するなら、運営方針を明確にすべきだ」と言っているのは、AZUKI他の方々。
指摘している内容は、重複している場合もあるし、それぞれ違うことを指摘している場合もあるので、一概に「同じ事を言っている」わけではありません。あしからず。

>>245
http://ekodakeikaku.com/103.html [source] [check]
について。

これも、「江古田は詰まらない」「江古田のおもしろさはない/わからない」を前提にしていますよね。
そもそも、「江古田のおもしろさを伝えよう」ということならば、江古田計画の人々自身が、もっと「江古田のおもしろさ」「江古田の楽しみ方」のオピニオンリーダーたるべきなのでは?
「こういうおもしろさ、こういう楽しみ方があるよ」というのを示して、後続者を募るという形式ならまだわかるんですが、「おもしろさを見つけていきましょう」といいながら、「何をおもしろがればいいか」については、具体的に示されない。
そして「おもしろくない江古田をおもしろく」……高杉晋作じゃないんですから、下の句まではっきりさせていただきたいな、と(^^;)

で、「江古田の特色=美術/芸術に対する理解」「江古田の芸術性」が挙がっていますが、実は僕はこの点に関しても疑問があります。

すごく根源的な話になるんですけど、「江古田という街は、本当に芸術に対して理解があるのか?」という。
「江古田という街」というのは、「江古田の商会は音大/日芸の学生がやることに理解がある」という意味なのか?
それとも、「江古田の住民は、みんな芸術好きだ」ということなのか?
では、「江古田は芸術に対する需要や供給が、常にある」という実績があるのか? とか。

「江古田と言えば、芸術系の大学がふたつある街」というのはまごうことなき事実なんですが、それは「江古田という地域が芸術性が高い」ということと、そのままイコールで結んで考えちゃっていいものなの? と。

他の街と比べて楽器屋が多いとか、額縁屋や画材屋がいっぱいあるとか?
江古田在住だと、他の街の人より美術館に行く機会が多いとか?
それってホントかな?

ということを、とりあえず疑っているのですが(^^;)
天の邪鬼ですいませんが、「江古田=芸術的」というのは、もしかしたら幻想かもしれないじゃないですか?
その幻想を前提に加え、その上「江古田は面白くないから面白くしよう」というのは、「江古田がおもしろいと思ってすでに住んでいる、芸術に興味がない住民」はどーなるの?と思ってみたりするわけですが(^^;)

企画者/主催者/芸術家が、観客/顧客を置き去りにしてコンセプトだけで駆け抜けていく(挙げ句に失敗する)というのをどうしても連想してしまうんですよ。
考えすぎですかねぇ。

251: 名前:江古田計画かみむら投稿日:2003/10/15(水) 00:42
今更なのですが・・・
私は「江古田計画がNPOとしての申請をしようとしている」というニュアンスを以前に伝えました。
これは私の独り走り、というか上記の方向性にもっていくのも有りだな、という”江古田計画内”の一人の意見を発信したまでです。
NPO情報の発信によって、皆様に「江古田計画の次の方向性はこれか」という誤った認識を植え付けてしまったことをお詫び致します。
江古田計画内での話し合いが不十分であるという発言が過去に見られますが、話し合いは定期的に行われております。
とにかく「またもや紛らわしい発言をしやがって!」という意見がちらほらと出そうですが、申し訳ないです・・・
NPO申請については現在のところ全く白紙であります。
情報公開と、独り走りの発言とを履き違えていた阿呆でした
どうぞ気にせず議論を続けてください。

252: 名前:guretu−an投稿日:2003/10/15(水) 01:16
あらら、盛り上がっちょる。
 >>235 壊れちょる

253: 名前:guretu−an投稿日:2003/10/15(水) 01:25
そこにある便利なもん、まったり使やええじゃない。
=トウリスガリ
オーウ、どこが便利なんかキッチリ説明してくりや。
=住民
使い方が生ぬるいんじゃい。髪振り乱して使えや。
牛の糞にも段々があるんで。
=愚民

みたいな。

254: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/15(水) 09:40
>>251
ご無沙汰しています。
毎度のことながら、うるさいオヤジどもですみませんm(__)m

では、以後はNPO法人化のことは考慮外とします。

なお、このスレで「江古田計画側からのご意見」をその都度伺えるのがベストではあるんですが(商会と違って組織や代表窓口がない、ただの【住民】が、それぞれいろいろな立場から自由にものを言える場所というのは、あるようでないですから)、もし難しいなら、
・定期的に見ていることだけでもお知らせいただく。
・江古田計画のサイトにあるBBSのほうで、このスレの議論の続きを続けさせていただく。
・後ほど、まとまったご感想をいただく。
などの形でご参加願えればとは思います。

「住民」と一口に言っても、強制力や束縛/拘束力を持った指向性の強い集団ではありません。
見ての通り、アトマ行きましたさん、トウリスガリさん、guretu-anさん、catさん、こばやしさん、うしさん、AZUKIなどなど、意見が必ずしも全員一致しているわけではありません。
江古田計画にとって心地よい意見にだけなびくのではなく、かといって耳に痛い文句にばかり目くじらを立てるのでもなく、そこのところうまく汲んでいただきたいと思います。

「江古田計画」という企画について、それぞれがそれぞれの視点で興味を持っているからこその、しつこいまでの議論があるのです。
こうした企画では、失敗よりも無視のほうが大きな痛手であり、その点「興味を持たれる」ということについては、小さな成功でもあると思います。
その住民の興味が失望の方向に固定されないよう、なんらかの「リアクション」を示していただければと期待します。

255: 名前:guretu-an投稿日:2003/10/15(水) 17:25
先ほどひょんな事から江古田計画の上村君と知り合いまして
残念ながら時間がなくて突っ込んだ話を聞けなかったのですが、
江古田計画は三週間に一回ほどの会合を持っているそうです。

尚、彼は武蔵大学の写真部で、明日から18日(土)までの三日間
飯田橋の西口から外堀どおりに渡り、左折一つ目の信号手前、
家の光ビルの先のスペースパウゼというギャラリーで
五人展を催すそうです。

ひとしきり恐縮しよんしゃったですよ。

256: 名前:こばやし投稿日:2003/10/15(水) 20:29
>>255
わ〜!おもしろ〜!「新たなる展開」って感じで。

257: 名前:guretu-an投稿日:2003/10/16(木) 18:25
>256
私が上村青年の両襟首を締め上げつつ、ここぞとばかりに
小一時間地獄の詰問をする!!

事にはならんでしょう、多分。
客だから♪

拝金の魂もお客の前では、祭りの事なども霞の如く消え入りにけり〜

258: 名前:guretu−an投稿日:2003/10/20(月) 18:07
ちょっと聞いた話では、江古田計画のメンバーには音大生がいないらしい。
学外活動は学校側であまりイイ顔しないのか、規則があるんだかは
知らないが、ともかく学生は楽器の練習に精だせい、という事らしい。

なんだかな〜。
音大の詳しい情報が欲しいものだ。
閉鎖的な体質なのかな。そういや昔、ちょいとしたポスターの掲示を
まるっきり取り付くシマなく断られたのを思い出しましたよー。

259: 名前:かみむら投稿日:2003/10/20(月) 22:57
>guretu-an さま
お世話になりました。
写真展に関係者が来るのかと思いまして、どきどきしてました。。。
計画の活動以外の個人活動を宣伝していただいた→複雑な気分です
また、近日買いたいものがありますのでお店に伺うと思います(私信これまで。
両襟首を締め上げられていたら、多分警察に・・・(笑

今は卒論学祭なんたらかんたらで忙しいので、落ち着いて時間が空いたら
ここでの過去のご指摘などをふまえてHP更新を再開するつもりです。

260: 名前:guretu−an投稿日:2003/10/21(火) 01:35
>>259
heyheyhey

トウリスガリ氏の言う事を少し考えていたのだが、これぞ江古田という
何物かを見つけようとすると、これは限りなく難しい。
確かに三大学くらいの共通認識しか一般的にはないだろう。
これが「練馬」という範囲に拡大すればそれなりのものが出てくるのだろう
が、江古田という狭い範囲の独自の地域性を見出そうとすると極めて
困難な話である。

しかしだからといってその共有認識である三大学ではいアートでござい
というのは少し違うのではないか。というか私はテーマ自体を持つなと
むしろそう主張してきた次第ではあるのだが、その「とりあえず」主義は
嫌いなのである。
私自身といえば限りなく「とりあえずビールね」「とりあえず寝とくか」
などとほぼとりあえず「生きている」程度の人間であるのだが、まあ
とりあえずこういう掲示板だからとりあえず能書きを書いておく。

・・・とりあえず送信しとくか。

261: 名前:名無し投稿日:2003/10/21(火) 18:32
>「江古田の縁日をもうひとつ増やしました」という以上でも以下でもない気がするんですよ
意味不明。それのどこが不満なんだか・・・。
「祭を減らしてくれ」という解釈でいいのだろうか?

262: 名前:武蔵大生投稿日:2003/10/21(火) 18:50
>(ましてや、今の第三期の代表は武蔵大の学生さんであって、三大学の中では学校の方向性・素養としてはアートとは無関係です。
  また、人文系で市民運動にも理解のある武蔵大系の学生さんが、アートにこだわる根拠もよくわかりません
何言い切ってんの?武蔵にも美術専攻があります。実技はないけど素養じゃあります。
勝手な憶測で言い切られんの迷惑です。
そのような憶測で発言がなされているなら、過去の発言への信憑性も疑わしいね。

263: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/21(火) 21:14
>>262
信憑性は、誰が言ったものについても「確実で絶対に間違いない」というものはないと思いますよ。
ましてや、ネットですものね。

さて、「武蔵大学に美術専攻がある」ということと、「江古田計画がアートにこだわる」という二つの要素を結びつけるためには、「江古田計画の武蔵大出身スタッフは、武蔵大学では美術専攻を取っている」ということであれば納得がいきます。
もしそうであれば、発言を修正しますが、そのあたりの「信憑性」はいかがでしょうか?
江古田計画のサイトにはそういった情報は載っていなかったように思いますし、それに関連したお話を伺ったこともないのですが。

>>261
「祭りならなんでもいい」とは思わない、という解釈でお願いします。
ただし、それは僕についてのみでお願いします。他の方の趣旨は僕が断言できることではありません。
「縁日が増えれば増えただけ地域振興になる」というのも、もちろん考え方の一つだと思います。
でもそれなら、不定期開催ではなく、ゆうゆうロード・ナイトバザールくらいに定期開催していけるようになるといいですね。

でも、「バザー付き縁日」と「アートマーケット」の違い、それが江古田から発信される意義については、やはりまだ今ひとつよくわかりません。

>>261 >>262の武蔵大生さんが、それについて何か意見やビジョンをお持ちで在れば、ぜひぜひご説明いただきたいと思います。

誤解のないように繰り返しておきますと、このスレで延々繰り返されているのは、「アートマーケットなんか無駄だからやめろ」ではありません。
「で、結局アートマーケットってなんなの? なんのためにやってるの? どういうつもりなの?」という質問が主かと思います。
それに対して、十分に「なるほど」と思える情報が出てこないので、「なぜ? こういうこと? それともこういうこと?」という質問に対する仮定の無限連鎖が続いている状態に過ぎないと思いますよ。

「努力の過程」を我々は知りません。
ですから「結果」や「様子」で判断するしかないわけです。
もちろん、我々はただの「住民」に過ぎませんから、それを評価する義務も権利もありません。
が、同じ「江古田にいる」「江古田を利用している」というだけで、「評価をする資格」はあると思いますよ。

それを、どう受け取るかは、当事者の向上心の問題です。

264: 名前:江古田代表 小林投稿日:2003/10/22(水) 01:10
お世話になっております。江古田計画代表の小林です。
私の友人の発言がアラシ的なものであり、不快なもので大変申し訳ありません。
友人を弁護するわけではありませんが、友人なりに江古田や江古田計画の事を
考えてくれたものだと思いますので、ご容赦下さい。以後、気をつけさせます。
大変申し訳ありませんでした。ここの掲示板のご意見は江古田計画にとって大変
貴重なものでありますので、これからも変わらずご意見の程宜しくお願い致します。
さて、現在の江古田計画について幾つか、発言したいと思います。
まず、最近のトピックである、
>「江古田計画の武蔵大出身スタッフは、武蔵大学では美術専攻を取っている」
ということであれば納得がいきます。
の件ですが、代表の私を初め多くスタッフが美術コースを専攻しております。
また、芸術系のサークルに所属していたりと、各人美術に携わっております。
加えて、1,2期の日芸生の代表の時にアートの方向を標榜したわけではなく、
本当に各大学の学生の意見をまとめたうえで決定されました。
以上が代表としての意見です。
以下は個人として発言させていただきます
>「縁日が増えれば増えただけ地域振興になる」というのも、もちろん考え方の一つだと思います。
というご意見と
>「バザー付き縁日」と「アートマーケット」の違い、それが江古田から発信される意義については、やはりまだ今ひとつよくわかりません。
というご意見に矛盾を感じています。
祭的なイベントが増えれば地域振興につながると僕も思います。
増えれば増えただけいいとは思いませんが。
では、「江古田の祭り」がなぜ「アート」なんだ言われれば、それは主催が江古田計画
だからと言うしかないですね。というのは、江古田計画から見た江古田はやはり「アート」
が際立って見えるからです。その根拠は過去の話題の重複になりますが、日芸や音大
があることや、芸術に携わっておられる方が多いことがあります。
江古田の比較対照に「下北」や「渋谷」などの街を置きますと、「江古田」=アート
というイメージは薄れるかと思いますが、比較対照に例えば「永田町」を置くとしたら
どうでしょうか?このような背景により「江古田」=アートと決定されました。
つまり、江古田を大きな範疇で考えた場合で出されたものであり、決して
都内や日本でNO1のアート街という意味ではありません。
また僕らが「江古田」と捉えている範囲は西武線江古田駅周辺を中心に椎名町
から桜台辺りを指しています。それは、昔、「ときわ荘」が椎名町にあったこと
などから起因しています。
もう一つ、江古田計画はブランド作りを第一にしている、というのがありましたが
それには少々語弊があります。
つまり江古田計画の目標は、上記に挙げたエリアのブランド化です。
上記のエリアを「アート」を中心に据えた企画で発信していきたいと考えています。
長々失礼致しました。
PS:これだけ盛んな掲示板のなぜ代表出てこない?という方がいらっしゃるかと思いますが
僕自身、パソコンが苦手であるというのがあります。すいません。

265: 名前:cat投稿日:2003/10/22(水) 02:49

>江古田計画代表:小林さん

はじめまして。このスレとは無関係な話題で恐縮ですが、1点、うかがいたいことがあります。

> の件ですが、代表の私を初め多くスタッフが美術コースを専攻しております。

おそらく「比較文化学科」のことと思いますが、同学科は専攻わけされていませんよね。(というか、武蔵大学において、専攻が設置されているのは欧米文化学科だけですので、236さんの「美術専攻」という表現・認識は誤りといわざるを得ません。)

で、同学科のページを見ると、「文学」「思想/文化」「民俗/生活」「美術/芸術」という4つの科目群があげられています。わたしは、これをカリキュラム上の(目安としての)科目分類と思っていたのですが、そうではないということなのでしょうか。

つまり...
01 4つの科目群は、専攻に準ずるような、学生の所属を(厳密にではないにせよ)振り分けるものである。
02 内部では「××コース」という名称が通用し、またコース独自の履修指導などがなされている。
...という認識でよろしいでしょうか。

わたしのサイトでは、各大学の概要を紹介するコンテンツもあるのですが、学科構成などもできるだけ正確にしておきたいものですので、おたずねする次第です。

266: 名前:cat投稿日:2003/10/22(水) 02:52


> 専攻が設置されているのは欧米文化学科だけですので、262さんの「美


> 専攻が設置されているのは欧米文化学科だけですので、236さんの「美

267: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/22(水) 03:03
>>264
ご意見ありがとうございます。
なるほど、武蔵大からの学生さんも美術専攻であるということであれば、それは納得しました。
改めて、過去の発言(認識)について訂正させていただきます。

>>「縁日が増えれば増えただけ地域振興になる」というのも、もちろん考え方の一つだと思います。
>というご意見と
>>「バザー付き縁日」と「アートマーケット」の違い、それが江古田から発信される意義については、やはりまだ今ひとつよくわかりません。
>というご意見に矛盾を感じています。

まず、「縁日が増えればそれだけで地域振興になる」という考え方は、「地域振興」という定義だけで言うなら、「そういう方法もあるだろう」ということで理解できます。
縁日(=屋台が出て、歩行者が路地を往復するバザール、と考えます)というのは、言うなれば「揮発性の高い市場(この場合の「揮発性」とは、guretsu-anさんが好きそうな気がする「爆発しやすさ」ではなく、「消えてなくなる儚さ」と読み替えていただけると助かります)」のようなものです。
日常的にお店をやっている土地の方々のそれに比べれば、地縁の点で薄い「露天商」と客のコミュニケーションを発生させる場でもありますね。

ここで僕が「よくわからない」と思っているものの正体を、改めて自分なりに考えてみたいと思います(うまく説明できていなかった点も多いと思うので)。

今確認しましたように、「縁日」というのは、あくまで「場」である、と。
その「場」を開くための口実が「祭り」であるわけですよね。
浅間さんであったり、ゆうゆうロードであったり、納涼祭であったりするような。
で、これらの「口実となる祭り」に、「アート」を当てはめたのが江古田計画の趣旨であろう、というのも理解できている、つもりです。

で、「アート」を「場」を開くための口実に選んだ根拠は、「江古田三大学に属する江古田計画から見て、江古田=アートというイメージがあったから」ということですよね?

268: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/22(水) 03:03
で、このスレで僕が再三繰り返しているのは、「アート」のイメージは江古田と本当に合致しているのか? ということがまずひとつ。
また、「江古田」で「アート」の街を発信していった場合に、それは

1)江古田がアートである(江古田そのものがアートを発信している)
2)江古田でアートをする(江古田はアトリエである)
3)江古田をアートする(江古田はキャンバスである)※campusではなくcanvasのほう。
4)江古田にアートを持ち込む/呼び込む(江古田は画廊である)

のいずれを考えているのかな? と。
「江古田」と「アート」というのを単純に結びつけたとしても、これだけの違った「見せ方」や「切り口」の選択肢があるわけですよね。
で、どれを選ぶかによっては、「江古田は置き去り」(江古田である必然がない)ことになりませんか?

「江古田にアート関係者がいる」というのは、その人が動いてしまったら江古田である必然はなくなりますよね。
アートと地域性の関連性というのが、やはり現状では今ひとつ薄いような気がしてなりません。
(企画と地縁の薄さ、それと発信者と受信者があまり明確でない点も疑問としてあります)

椎名町「ときわ荘」の話が出ましたが、小林氏は東長崎の「アトリエ村」などはご存じでしょうか?
「江古田地域のブランド化」「アートの関係者がいっぱいいるから」というところから連想されたのはアトリエ村だったんですが。
※ちなみに、アトリエ村そのものはすでに風化して久しい印象がありますが(^^;)

ブランド造り、またはブランド化でもそうなんですが、そういった「ブランド」というものにはいくつかのスタイルがあります。
A「中身は何でも同じだが、ブランド性があればそれが付加価値になり、差別化(価値)ができる」
B「中身の違い、差別化、品質の信頼性を識別するための呼称がブランドになる」
大別するとこのどちらかになると思います。
そして、Aのブランドというのは割と空虚です。
本来、「ブランド」というのはBのような形で育つものなのでは?

その意味で言うなら「江古田をブランド化しよう」というのはすでに手段と目的が入れ替わっているように思えるわけです。
以前にも別の方の発言で「とにかく楽しみたい」が先にあって「何をするか」が従属的なもの、であるような印象を受けました。
むしろ「何をするか」が明確になり、それをしていくことで「○○○をしているのが江古田計画」「○○○と言えば江古田」というようにブランドに「成っていく」のならわかります。
それがなくて、「ブランドを作って、それに基づいて何かする」というのは順番が逆だ、と。

僕が感じる違和感はそのあたりにあります。

269: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/22(水) 03:14
そして、僕が「よくわからない」と思う特に大きな点は、
江古田計画の目指す「江古田のブランド化」は、

1)江古田以外(の人、地域)に対してアピールされるもの
2)江古田在住の人、地域に対してアピールされるもの

のどちらを目指しているんでしょうか?
もし、「アートの江古田」をブランドイメージとして定着普及させたいのだとしたら、(つまり、江古田はすでにアートに関係が深い、そのことを江古田以外に知らしめたい、とか)、江古田計画が目指すのは(1)の方向ですよね。
しかし、アートマーケットという「アートをタネにした縁日」「アートをタネにしたフリマ」風のものは、「縁日」という例えからも(そしてその形態からも)わかるように、「地縁」に重点が置かれたものではないかな、と。つまり、「江古田在住の人、地域に対してアピールするもの(2)」ですよね?

でもそうだとすると、江古田在住の人はアートと関係が深いという前提だとするならすでに「アートの江古田」を自覚している人(地域住民)に対して、アートの江古田を想起させるイベントを行っても、「アートの江古田」を江古田以外に普及することにはなりませんよね。
逆に、「地域住民はアートと関係が深い」という自覚が十分でないから、アートマーケットを行うことでその自覚を掘り起こす、という意図なのだとすると、外部に対して「アートの江古田」を謳うのは「無理矢理作ったイメージをばらまく」ことになりませんか?

ちょっと話が分かりづらくて申し訳ないんですが、結局「アートの江古田」を謳うためには、発信される企画は「江古田の内部向けの企画(アートマーケット)」ではダメなのでは?(それこそ、江古田の外=マスに向かって発信するなら、アートマーケット以外の手段の拡充が必要では)
また、江古田の内部に向けて「アートマーケット」という地縁を築く(ローカルな)企画を行うのだとすると、どうもやはり「江古田という地域」と「アート」は、そのままではイコールでは繋がらないもののように思えてしまいます。

ちょっと前のレスでも書きましたが、「江古田(に、現在住んでいる人々)は本当にアートに理解があるのか?」という疑念は、そうしたアートマーケットの持つちぐはぐさから発生しているものであるように思います。

270: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/22(水) 03:23
これは提案というほどのものではないので聞き流していただいて結構なんですが。

1)アートマーケットに来る客は、江古田の外から来る。
2)アートマーケットで売るアーティストは、江古田に住んでいる。
3)アートマーケットに来る客は、江古田に住んでいる。
4)アートマーケットで売るアーティストは、江古田の外から来る。

単純に、この4種類の人がアートマーケットに参加しています(スタッフ、商会はとりあえず除く)。

A) (2)(4)のアートを、(3)が買うんだったら、「江古田はアートを買ってくれる(理解と需要のある?)街」になります。
B) (2)(4)のアートを、(1)が買うんだったら、「江古田はアートを買いに行く街」になりますね。
C) (2)のアートを(3)が買うんだったら、まさにそれは「縁日」でしょうね。
D) (1)のアートを(4)が買うんだとしたら、江古田である必然ってなんでしょう?

江古田計画の目指すアートマーケットが、「単なる縁日」なら、(C)ですよね。地のアートを、地の人が買うという、そういうコミュニティを作る、という意味で。
(A)(B)(C)は、それぞれ微妙にニュアンスが異なりますが、目指すところは「画廊」もしくは「露店画商」のバザールということなんでしょうか?

もしそうなんだとするなら、「江古田であることにこだわる」というよりも、もっと徹底的に「アートを売り買いする流通システムを作り上げる」という方向に専念して、その上で、「発信地は江古田!」と、最後に冠付けるほうがいいと思いますよ。
現状では、その流通システムなりなんなりよりも、「江古田」というブランドをどうするかのほうに気を取られている気がします。システム造りが軌道に乗れば、厭でも「江古田」というブランドは付いてくるんじゃないでしょうか。
ただ、このシステムが進んでいくと、いずれは「江古田である必然がなくなる(D)」ときがきますね。
そのときに、「江古田でなければならない理由」を、明確に押し出せないと厳しいのでは。

271: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/22(水) 03:30
地元の商会が協力をしてくれるのは、「地域振興」が念頭にあるからだろう、と推察します。

その場合の地域振興というにもいくつかの意味があります。

1)地元の住民が、地元の商店街でお金を落としてくれる
2)地元以外の客が、わざわざ江古田に足を延ばすきっかけになってくれる。

どちらも重要ですが、(地元に住んでいても買い物は新宿/池袋って人は多いですから(^^;))江古田計画が「江古田を江古田の外に向かってアピールする」ということを企画に盛り込んでいるなら、期待されているのは(2)ですよね。

だとすると、江古田計画は今まで以上に「江古田の外に向かって江古田をアピールする」方向に進まないといかんわけですが、それだとするとますます「江古田の何をアピールするか?」が明確になっていなければいけないのではないか、と。
そのとき「江古田と言えばアートです!」と宣伝したとして、江古田に来てみたら「さほどアートでもなかった」「江古田である必然は特になかった」ということになってしまうと、「アピールと内容が合致していない」というマイナスイメージになってしまいませんか?

そういうことから、このスレの問いというのは、「中身はどうなの?」というところに帰結しているのだと思います。

実際、「アート」というのは非常に説明しにくいものです。わからん人には何を言っても、どう説明してもわかってもらえない、そういう類の「アート」もあります。
一方で、誰が見ても「あー」というアートもありますね(^^;)
アートマーケットが「マスを呼ぶために、わかりやすいアートを扱う」のか、「クオリティを高めるために、判る人にしか判らないアートを扱う」のかでも、得られる結果は変わってくるものと思いますが、どちらを目指しているのでしょうか?

272: 名前:名無しのエコダニアン投稿日:2003/10/22(水) 13:23
「江古田でなければならぬ」という考え方を持ち込めばどうにも
果ての無い話にはまりこんで、私など既に頭が痛くなっちまうので
あるが、果たしてどうしたってその必要があるのだろうか?
話が元に戻って申し訳ないのだが、江古田でなければならぬ強い
何物かがあればそれは大変結構なのだが、江古田歴のそれ程
長くない私が言うのもなんなのですけど、江古田にそういうものが
あるのかと。で手じかにあるアートに触手を伸ばすのはいとも
安易ではないのかと。

一度江古田計画はアートもマーケットも消して考え直しても無駄では
あるまいかと思う。
例えばある地域で、独居老人の家を時々訪問して地域の人間の
関係性を深めているというような事はしばしば耳にするのだが、
まあそれは例えばですから、例として、江古田計画が江古田という
地域との人間の関係性を見つめなおしてみると、何か素敵な活動が
見えてくるという事もあるのではないかと思う。

273: 名前:guretu-エコダニアン投稿日:2003/10/22(水) 13:26
つまり
人間らしい感動が欲しい
のですね。

274: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/22(水) 13:43
>>272
>江古田にそういうものがあるかどうか

実は僕も、必要なのはそこのところじゃないのかなー、と漫然と思っています。
江古田計画って、平たく言うと「江古田についての【何か】を、江古田から江古田の外に発信する」ということをしたい(しなければならない)のでは、と思われるわけです。
でも、「江古田についての【何か】」が何であるのかが、実は正しく理解、共有されていないのでは、と。

で、そこに「江古田と言えばアートだよね」ということで、【アート】と入れてみたんだと思うんだけど、

「江古田とアートが縁が深いこと」と「江古田のおもしろさがアートにあること」

っていうのは、別のことなんじゃないかな? とも思います。
ホントに、君らはそれをおもしろがっているのか、と。また、江古田に住んでいる人は本当にアートに「理解がある」のかな、とか。
江古田について、アートについてはなんかよくわからんけど、とにかく「紹介はしたい」ということで、紹介したい気持ちが先走っているんじゃないのかな、と。
もう少し、江古田のおもしろいところをよく理解してみてはどーかなとも思うわけですが。

ここで、
「江古田におもしろいところなんかねーよ。だから、アートとか後から付け加えて演出するんだよ」
という趣旨なのだとしたら、「そりゃー、違うだろ」という気になります。
「江古田のおもしろいところ」を、江古田在住の人に、同時に江古田に詳しくない人、江古田を知らない人に「こんなふうにおもしろいよ」と説明できるようになるためには、まず江古田計画のスタッフが「江古田をおもしろがれる」ようにならないと厳しいのでわ?

江古田以外に教養のキャンパスがあって、3年になってから江古田校舎にくる「大学生」(日芸、音大)は、「アート」だけど「江古田」はよくわかってないんじゃないのかな、と。

以上から、

0)江古田をおもしろがる方法を、江古田計画が徹底的に研究/検証/提案
1)3年になってから江古田にくる日芸、音大生、初めての上京で江古田にきた武蔵大の1年生に向けて、「江古田をおもしろがる方法」をアピール
2) (1)を拡張して、江古田に元々いる人、江古田に最近越してきた住民(guretsu-anさんとか、うしさんとか、この数年に来たニューカマーのエコダニアン)にも「江古田をおもしろがれる方法」をアピール
3) (2)をさらに拡張して、江古田に住んでいない人にも、「江古田をおもしろがる方法」をアピール

結果的に「江古田の楽しみ方」が段階的に広がっていくわけで、足下も固められるし、対象もはっきりするし、「江古田である必然性」もはっきりするし。
その「江古田の楽しみ方」にアートを織り交ぜてもいいと思うけど、そのためにはまず「最小の受信者(アートをおもしろがる人々)」を固めていくことから進めた方がいいんじゃないかな、と。
いかがでしょ。

275: 名前:cat投稿日:2003/10/22(水) 14:39

江古田のおもしろがり方に関連して...

もうどのスレだった捜す気にもなれないのですが(^_^;、「江古田計画」さんに対して、「江古田についてどれくらい知っているのですか/調べてみましたか」という趣旨の問いかけがなされていたと思います。
わたし自身、そのようなプロジェクトを実行しようという場合は、江古田という街のリソースとしての3大学(+2大学が芸術系)には着目するでしょう。
でも、それだけでよいのか。他にはないのか。他と組み合わせられないか。
まぁ、いろいろ考え探してみることはするでしょう。

で、ですね。こんなページがあるんですね。
これぐらいの作業を最初にきちんとしておくと、さらには実行過程でやっておくと、見通しがずいぶん違ってくるんだと思います。

豊玉東小学校:生活科授業記録
http://www.toyotama-e-e.nerima-tky.ed.jp/kenkyu_html/pdf/pdf-zenkoku/p206~207.pdf [source] [check]

276: 名前:AZUKI投稿日:2003/10/22(水) 22:10
ちとオマケ。

需要と供給の話で。
江古田にアートに対する需要が潜在的にあるんだとしたら、「江古田にアートを!」「江古田でアートを!」というのは、地元の需要に合致しているんだから当然受け容れられるだろうと思う。

でも、江古田にアートに対する需要がない、にも関わらず「アートを江古田で」とするんだったら、

1)地元にアートに対する需要を生み出す(アートの理解者を地元に育て、必然性を作る) >地元に対して働きかけ理解を促す
2)アートに対して需要のあるゲスト(地元以外)の理解者を、地元(江古田)に連れてくる >地元の外に対して働きかけ

これ、どっちになるかでずいぶんアートマーケットの性格も、江古田計画の性格も変わってくるんじゃないでしょうか。
というか、どっちか?という定義はできてるのかな?

また、江古田にアートに対する需要が「ある」んだとして。
需要を満たすようなアートを提供できているか。
今のところは「希望者を集めて員数合わせ」なのか。アートマーケットが、プロデュースしていく、という計画はなく、偶然性に任せていくということか。
それでもずいぶん違ってきますね。

どちらにせよ、「需要のないところ」または「需要があるかないかわからないところ」に、供給だけ持ち込んでもウケないよな、と思いまして。
需要がないところに供給をしたいのであれば、それはもう「需要を掘り起こして育てる(SONY式)」しかないよなあ、とも。

「何かをすればきっと売れるだろう、ウケるだろう、成功するだろう」というのでは、ちょっとリサーチが足りないのではないかなー、とか。

「求められていること」をするんだったら、それこそ好意的にも受け止められると思うんですよ。独居老人の介護であれゴミのポイ捨て禁止キャンペーンへの協力であれ(笑)。
でも、「求められていないこと(必要だという認識がまだ育っていないこと)」を始めようと思うんだったら、「必要と思われる、必然性」は自分たちで育てないとアカンがな、と。

277: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/10/23(木) 13:06
ポイ捨て防止キャンペーンも出て来たので(笑)。
お久しぶりです。
ちょっと難しくなって来てますね。
冷めてる私(笑)の簡単な感想を書かせて下さい。

「主旨」は「町づくり」なのか?「江古田をアートな町にする」なのか?
「町づくり」なんでしょ?
「主旨」がしっかりしてるんなら「手段」が変わったってイイわけなんだから。
今のアートマーケットだって初めと違う「手段」だし、今後も違う事やったってイイのではないのでしょうか。
アートマーケットやるために集まってるんじゃないんでしょ?
先の目標も江古田で「デザフェス」って事じゃないんでしょ?
「町づくり」の為に集まってるんでしょ?
「誰の為に、何の為に町をどうしたいのか。町づくりって何?」
基本に戻って「そこん所」を頑張ればイイじゃんて思います。

しかし代表は地域広げてるし(笑)。
桜台(練馬区)江古田(練馬区)東長崎(豊島区)椎名町(豊島区)をまとめて「町づくり」って規模デカっ。

特に桜台は昔に比べて江古田どころじゃなく凄くさびれてしまっているので是非何かしてもらえると嬉しいな。
個人的にも店やってる知り合いも居て、昔の栄えていた頃を知っているもので。
そーだ!北口駅前に広場もあるよ(確かまだあるはず...)。
でもコレは違うか...。

278: 名前:""""シ""""ウ""""オ""""フ""""G""""R""""_""""j""""A""""""投稿日:2003/11/11(火) 17:10
新ネタ、まだ?

279: 名前:江古田企画投稿日:2003/11/16(日) 23:22
江古田計画として事業を展開されてはいかがでしょう?
例えば、「なんでもすぐやる」事業です。
マツモトキヨシの創業者が松戸市でやった「なんでもすぐやる」雑務事業です。
行政サイドとの連携も視野において、隙間産業を開拓しましょう!

例えば…
飲酒店頭のゲロの始末=500円。違法駐車・駐輪の監視=時給650円。
宣伝活動(チンドン=時給1200円)。チラシ配布=時給650円。
看板等の作成=趣味ならばロハ。プロとしての作成ならば費用相当以上。

利益をあげて、なんとしても生き延びていこうと考える事業者としては、
江古田計画の現実性のなさに呆れてしまいます。
カッコつけているんじゃね〜よ!
現実の世界でお金を稼いでほしいと思い事業化を提案しますが、いかがでしょう?

280: 名前:guretu-yen投稿日:2003/11/17(月) 04:24
それはなかなか面白い。つーより現実にやればかなり面白い。
が、「俺たちの旅」で既にやっているのでアイデア自体は
ちょと新味に乏しいきらいはある。
活動資金の調達や、上がった利益の使用法、或いは赤字の
分配などに事前の問題が山積している。

281: 名前:江古田企画投稿日:2003/11/18(火) 02:19
利益をあげるための事業計画を立てましょう。
活動資金の調達は事業計画に基づいて派生することです。
まずは、「なんでもすぐやる」雑務事業の「計画」について、ニーズがどれだけあるかのリサーチ活動が必要でしょう。
(ニーズについての検討がない限り、「利益」や「赤字」については机上の空論です)

当然のこととして、ニーズを得ることができなければ、ニーズを得る可能性がなければ事業計画そのものがなくなります。

282: 名前:guretu-an投稿日:2003/11/18(火) 12:11
地域に喜ばれる仕事ではあって貰いたい。
例えば老人家庭の買い物代行とかね。

ただ私は、江古田計画は地域活性化を重視している、というかそれが
一つの目的で発生したと見ているのでやはり朝市だのそういう方向性
での活動が見てみたいすね。

283: 名前:江古田計画上村投稿日:2004/01/04(日) 05:36
皆様、明けましておめでとうございます。
江古田計画WEb担当の上村と申します。
この場をお借りしてお知らせさせていただきます。
江古田計画公式ホームページが、移転します。
移転の時期ははっきりとしていませんが、来月の15日を期限として
それまでに移転先を見つけて、再度こちらでお知らせ致します。
つまり現在のhttp://ekodakeikaku.com [source] [check]というドメインが消失します。
現在のHPアドレスにアクセスが出来なくなっても、計画は存在しますので
その点にご注意ください。
アクセス不可能になっても、現在稼働している2つの掲示板は維持しますので
大変お手数をお掛けしますが、2つの(またはどちらかの)掲示板への
お気に入りの登録をお願い申し上げます。
江古田計画からのお知らせ、計画への連絡、御意見、ご感想などがありましたら
どちらかの掲示板に書き込みしていただければ迅速に対応します。
続く↓。

284: 名前:江古田計画上村投稿日:2004/01/04(日) 06:06
↑続き。
ほぼ確実に転送設定をしますので、突然わけがわからず江古田計画の消息がつかめない
という事態に発展する可能性は無いと思いますが・・・

江古田計画を応援して下さっている方、私達のHPを定期的にチェックされている方、
また江古田計画の行く末を案じてHPを見守って下さっている方々へ。
現在更新が停止しているのに追い打ちをかけてドメインが消失しますが、江古田計画は活動を続けています。
春が訪れる前(つまり今じゃないか)に新たな活動に向けて情報発信をしますので、
これからも応援・御指導を宜しくお願いします。
ご心配をおかけして申し訳ありません。

相互リンクをしていただいているのエコダニアン・関係者の皆様
事後報告を避けるためにまずこちらでお知らせしました。
移転については順次ご連絡させていただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

2004年1月4日現在の江古田計画公式ホームページ:
アドレス http://ekodakeikaku.com [source] [check]
メール  info@ekodakeikaku.com
予備の連絡先
web担当 akihiko118@hotmail.com

今年も宜しくお願いします。

285: 名前:AZUKI投稿日:2004/01/04(日) 15:11
お知らせありがとうございます。

もしや、レンタルサーバとの契約が切れたのでしょうか?
普通、別のプロバイダと契約しても、取得しているドメインは持ち越せるはずなんだけどなぁ。
いずれにせよ、江古田計画が「継続的なプロジェクト」として長らえ、そして情報発信を怠らないよう努力なさっていくであろうことをご期待申し上げます。

というか、若マス所有のhttp://www.ekoda.org/ [source] [check]に間借りさせてもらうのはいかがでしょう?
と、無責任に提案してみたりして(^^;)

286: 名前:cat投稿日:2004/01/14(水) 17:42
>>283
>移転の時期ははっきりとしていませんが、来月の15日を期限として
そして明日が15日なんですが、大丈夫なんでしょうか。
現行の公式サイト上にも移転の告知は出ていないし...。

287: 名前:AZUKI投稿日:2004/01/15(木) 17:18
>>283 >>286
すでにトップページの画像は表示されなくなっていますね。

288: 名前:cat投稿日:2004/04/01(木) 18:27

新公式サイト始動 and 第8回アートマーケット開催記念age。

289: 名前:AZUKI投稿日:2004/04/01(木) 18:49
復活おめでとー。
4/1バージョンだとさっぱり見えないので(笑)、4/2以降の通常バージョンで新サイトに対応しています。

290: 名前:guretu-an投稿日:2004/04/19(月) 12:02
今回のイラク人質問題で考えた事がある。
彼ら、あるサイト上では三馬鹿トリオと呼ばれたりしていたが、
つまり善意の彼らが何故に被害者でありながら、このような
バシングを受けたかというと、まあ実際は彼らの家族の舞い上がりよう
が反発の原料になったのだろうけれども、その根底には
ボランティアという、言葉で言えば綺麗な自己犠牲のもの、
実はそうあるべき筈であったものが、その精神の根底にわりゃー
ボランティアをやっておりますが何か?とでもいうような驕り、
そのようなものが仄見えた時にとても嫌な感じを受けたのでは
ないかと思ったのだ。

などとこの江古田計画スレに長々と書いたのも、少々コジつけ気味
ではあるのであるが、アートという批判或いは評価の難しい題材の
上で何かをやろうとする場合、より自己に厳しい目を持ってやらなければ
それが、上のボランティアと同じようにたちまちにして他人はシラーと
さめるであろう。アートが題材であるのならば、そのアートがいかに
人と人との緩衝材であったり、理解の窓口であったり、要は人間の
コミュニケーションのどういう役割を果たしているのかまでを提示出来る
のでなければ、面白い企画とはならないであろう、などと考えた。

291: 名前:cat投稿日:2004/04/19(月) 14:37

ちなみに、雨天時は「5月16日(日)に延期」だそうです。>アートマーケット

292: 名前:AZUKI投稿日:2004/04/19(月) 15:32
あうー。
私信ですが、いただいてるメールへの返信が滞っていてすみません>K氏
沖縄行ったり仕事が急に立て込んだり酒飲んだりしてたもんですから(^^;)

293: 名前:投稿日:2004/04/20(火) 15:00
どこで見たのかわすれましたが、高遠氏は「猫おばさん」そっくりという記事を見ました。
なんというか、言い得て妙という感じでした。

294: 名前:cat投稿日:2004/04/24(土) 14:27

エ〜ト、「第8回アートマーケット」の開催が明日(25日)にせまりましたので、あげておきます。>なんの義理も利害関係もありませんが。

残念ながら、どんな出し物があるのか・どんなイベントが何時からあるのかといった情報を、公式サイトから知ることはできません。
面白い出し物に出会えるかどうかは、観客の「自己責任」にまかされているようです。 ← 用語法、ちょっと違うかも。

公式サイトといえば、infoseekの広告が2つ出ちゃっているのを、まったく修正する気がないというのも「なんだかなぁ」という気がします。

295: 名前:うし投稿日:2004/04/24(土) 16:30
江古田銀座などに赤いノボリとか横断幕(っていうのか)がありますね。
あれは結構目立ちますが、それ以外は情報が無いような。

296: 名前:名無しのエコダニアン投稿日:2004/04/24(土) 18:24
そうか。楽しめなかった奴はそれこそ、「自己責任」のかけらもない
不届き者という、そういう仕業なのですね。

297: 名前:AZUKI投稿日:2004/04/24(土) 20:43
初代が築いて、二代目が維持し、三代目がそれを潰す、と言いますが……。
「情熱の継承」というのは、そう簡単にはいかないということでしょうか。

頑張ってほしいんですが、「自分で始めたのではないこと」に情熱を注ぐのって、けっこう難しいのかもしれませんね。

298: 名前:cat投稿日:2004/04/25(日) 22:36

>>295
商店会の方が提供しているということは、それなりの期待がかけられているということでしょうか。

>>296
あるいは、(偶然の)出会いの驚き・楽しさを演出したいのかも。

>>297
「売り家と 唐様で書く 三代目」などと申しまして...。
まぁ、今回ものぞきにいけなかった人間がとやかく言うことではないんですが、公式サイトの掲示板に苦言の投稿がなされているのは気になるところ。

299: 名前:cat投稿日:2004/10/28(木) 22:59

今さらこのスレをageるのもなんですが...

「専修大学商学部創設40周年記念シンポジウム」(11月7日)で、パネル展示されるようです。
http://www.senshu-u.ac.jp/~off1010/simpo/simpo0401.html [source] [check]

  大学生によるまちづくり成功体験(パネル展示)
  16:55〜17:10「江古田計画」武蔵大学・日本大学芸術学部・武蔵野音楽大学

300: 名前:""""シ""""ウ""""オ""""フ""""G""""R""""_""""j""""A""""""投稿日:2004/10/29(金) 11:22
……成功?

301: 名前:cat投稿日:2005/04/05(火) 16:39

また、サイト移転してますな。
http://ekokei.client.jp/top.html [source] [check]

302: 名前:cat投稿日:2005/05/22(日) 21:33

>>299 で紹介したシンポジウムですが、報告が出ています。
専修大学「商学研究所報」Vol.36 No.5
http://www.senshu-u.ac.jp/~off1010/pdf/sho3605.pdf [source] [check]

最初の高校生の報告なんか、大学生のよりいい感じかも。教員の指導はあったでしょうが。

で、来週、第10回のアートマーケットですね。
http://ekokei.client.jp/ekobira.html [source] [check]

303: 名前:うし投稿日:2005/05/29(日) 17:36
アートマーケット行って(通って)きましたよ。
何かこなれてきたって言うか違和感が無くなったっていうか・・イイ感じしましたけどね。
ムスメが結構欲しがったりしたモノもありました。
あと「ビッグイシュー」売ってたりもしましたが、何か一つの方向性を見出したんでしょうか。
5時頃にボールペンを道行くヒトに配っていたのはご愛嬌でしょう(笑)。
結構昼間暑かったですが、お疲れ様でした。

304: 名前:cat投稿日:2005/05/29(日) 21:46

> あと「ビッグイシュー」売ってたりもしましたが

へぇ〜。カンボジアの写真展やフェアトレードの物産販売なんかもあったとか。
もう、「江古田を知ってもらう」っていう方向性はなくなったんですね。


江古田板★バトルトークへ移行をお願いしますトップへ ▲カッ飛び先頭  全レスを表示

 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [最新レス]


管理者 AZUKI 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --