KoMaDo   江古田!町内会BBS : 江古田板★バトルトークへ移行をお願いします  ■ Headline ■ HOME   

江古田板★バトルトークへ移行をお願いしますトップへ ▼カッ飛び最後  全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [最新レス]

  【がんばれ】江古田計画を勝手に応援【学生】

31: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 00:19
僕は以前、江古田計画の第一世代の方々の説明から、「江古田計画」とは、江古田をどうにかする計画なのではなく【江古田計画】というブランド/CIを新造する計画なのだという印象を得ました。
つまり、「江古田ありき」ではなく、「江古田計画」というブランドの価値を高めるために、「江古田という学生街」を利用しよう、という考え方ですね。
最初のステッカー/シールや江古田計画袋はそういう意図があったことは明確と思います。
「まずは江古田計画を知って貰うことが大切だから」とは、第一世代の方々にクチ酸っぱくご説明いただいたセリフですし。

確かに、「行動を起こすに当たって、集団/組織そのものの認知度を高める」ことにメリットはあります。
一介の学生が何か言うより、「母集団としての組織名」に「認知度の高いブランド性」があれば、母集団に属する学生の発言力は増しますし、何かことを起こしたときに実現させやすくなる、という利点がありますから。

ただ、そういった「母集団のブランド性」というのは、何らかの実績に基づくモノでなければ無意味なのではないでしょうか。
ユニクロにブランド性があるのは、「ユニクロといったら安売り。安売りで評価されたから、ユニクロにはブランド性がある」わけですよね。
でも、江古田計画がやっていることを今のユニクロの例に例えるなら、「ユニクロというブランドを始めました。今後、安売りをしていく予定ですが、その第一歩として、ユニクロといえば安売りだということを先に認知して欲しいと思っています」という宣伝に過ぎません。つまりは、実体がないか不明確なのに、それに伴うイメージだけを定着させようとしているわけです。
これでは人は付いてきません。

その実体の部分として、現時点では「アートによって江古田を盛り上げよう。そのためにアートマーケットを開催する」という手法を取っておられますね。
ですが、現時点では「アートマーケット」と「それが江古田でなければならない理由」の間に乖離があります。江古田計画ではなく「アートマーケット計画」でも問題ないようにも見えます。
つまりは、江古田の名前を借りてはいるものの、ブランドとしても成立しているとは言い難いわけで。

32: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 00:33
江古田計画がまずすべきことについて、外部から同時に「(地域としての)江古田に住んでいる人間」「江古田に関連したコンテンツを扱っている人間」という立場から考えてみたいと思います。

catさんは「客観的な事実として、江古田は美容院と接骨院の街である」と述べておられます。
これはcatさんのページをご覧頂ければおわかりになる通り、catさんの調査と分析に基づいて得られたフィールドワークの結果によるもので、江古田を表すひとつの側面として信頼できると思います。
僕は江古田飲み食いランキング2の管理を通じて、江古田の店舗(特に飲食店と美容院)の多さについて痛感しています。この狭い街に700軒以上(延べ数ですが)が存在していることも、江古田を表す客観的な側面のひとつでしょう。
このように、catさんの研究(といっても過言ではないと思いますが)も、江古田飲み食いランキング2も、どちらも「まず江古田という事象そのものありき」から入り、「つまりは江古田とは何なのか」を自問することから始まっています。

では、ここで問いたいのですが、「サークル・江古田計画」にとって、「江古田」とはなんですか?
「江古田にこうなってほしい」という前に、江古田計画にとって江古田はどんな街であるように思えているのでしょうか?
「学生街」でしょうか?
それは、昼間の街を成立させる人口比として学生の密度が高く、学生が消費を行うことで商店街が潤う(=商店街は学生によって命脈を繋いでいる)という認識からでしょうか?
学生は商店街を食わせているのだから、学生の振るまいや計画について「学生で潤っているはずの商店街は協力して当然である」と考えてはいませんか?
そこまでお考えかどうかは僕には判断しかねますが、もしそういう腹づもりがあるのならそれはそれで「学生と商店街は対等な関係」とは言えないし、商店街の方々からの快い協賛は得にくいのではないでしょうか。

誠実さというのは、「おもしろいかどうか」の対極にあるものではありません。
「ふまじめなことを誠実にやれば」評価も違ってくると思います。
また、「おもしろさを説明できれば」評価も違ってくると思います。
今はまじめでやる気があっても誠実さが見えない。おもしろさを追求しているようではあるけど、おもしろさを説明できていない(だから協賛が、【増えない】のです。協賛1でも協賛はゼロではない。でも協賛が100にならなければ、意味ない。わかりますよね)。

少し主張が散らばってしまいました。
まとめますと、
「江古田計画から見た江古田とは(江古田の定義を明確にする)」
「前提をふまえた上でやりたいことを具体的に説明する」
「やりたいことの持つ【おもしろさ】を具体的に説明する」
「【おもしろさ】が協賛者(商店街や地元住民)にもたらす利益/メリットを具体的に説明する」

まずはこのあたりから入っていくのがよいのではないでしょうか。

33: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 00:49
catさんの業績(笑)について、補足したいと思います。
すでにご覧になっているものとは思いますが、念のため。
http://www.geocities.co.jp/Milano-Cat/2835/ekoda/ekoda.html [source] [check]

それから、アートマーケットについて。
「江古田をアートの街として、江古田以外の人に認知させたい」というのが、アートマーケットを通じての江古田計画の「計画のひとつ」なのだろうと愚考します。
が。江古田ってアートな街ですか? 小竹通り、日芸通り、江古田銀座の一部のシャッターにペンキ画がありますが、それのみをとって「アート」というのはどうでしょう。
「今後アートが増えていく予定」というのであれば、それはますます前述の「ユニクロの例え」と同じなのでは。
住民や商店主、商店街が「学生がアートを街に作ることに寛容であること」と「住民、商店主、商店街自身がアーティスティックであること」はイコールではありません。

「江古田はアートの街」を謳うとき、アートの担い手が学生だけだとしたら、それでは「江古田は」という冠を付けるのには語弊があるのではありませんか?
住民も商店主もアートには「実質、無関係」で、学生だけ(それも一部の)がそれをしている状態で、「江古田を盛り上げた」と言えるのでしょうか。
その意味で、アートマーケットは「フリマに毛が生えたようなもの」以上でも以下でもないように思います。アートマーケットをして「江古田をアートな街として……」というのはツライかな、と。

34: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 01:02
さて、アートについてもうひとつ。

近代アートといえばアンディ・ウォーホールなどが有名ですが、そのあたりから登場したものに「参加型アート」もしくは「鑑賞者が参加することによって生成され、変化していくアート」というような感じのジャンルがありませんでしたか?
浅学なものですから正式な呼称についての知識はないのですが、かつて師事していた先生の個展を拝見した折り、そうしたコンセプトの「アート」の展示がありました。
それは「小さな紙飛行機をたくさん作っておき、鑑賞者には自由にそれを【作品の中】に向かって飛ばして貰う」というようなものだったと記憶しています(何しろ20年くらい前のモノなので記憶もあやふやですが(^^;))。
アンディ・ウォーホールの作品にも「銀色の雲」という作品があったと思いますが、そのバリエーションもしくは類似手法によるものといってもよいのかもしれません(鑑賞者が鑑賞・参加することでアートの形状が変化する、という)。

それを江古田でやったら?
そのような、商店主、商店街の許可が必要で、なおかつ住民(商店主や住んでいるだけの人、子供など地元民一切を含みます)の自由な参加によって完成/進化する「アート」であるなら、話題性もありますしおもしろさを「手にとって感じる」こともできます。
そうした「学生が主導し、商店街の許可/協力と、住民の参加があって初めて完成するアート」を前面に押し出せば、(モノが大きく地域を巻き込むものになるだけに)注目もされるでしょうし、「江古田はアート」「江古田のすべてがアート」という看板にも箔は増えることではないでしょうか。

現時点のアートマーケットは、主催者、もしくは参加者の「個々のアートをバラバラに集めている」という意味では、エゴの寄せ集めであるようにしか見えません(すみません)。
「アート」にどうしてもこだわりたいなら、「江古田でなければならない理由」「協力してくれたのが江古田であること」など、プライオリティをはっきりさせるべきではないでしょうか。

35: 名前:えこだの山賊投稿日:2003/06/11(水) 10:21
また来ちゃった。(バイバイとか言っていたのにゴメンネ)
私のも「乱雑な文章の応酬」に入っちゃうのかな?
熱いウチに書き込んで失敗した(反省)。
AZUKIさんの書き込み見てて我にかえって気がついたけど(笑)、
私なんかは実は第3者では無く「29:」で書かれてる様に地元の商店として当事者なんすよね。
>>29-32
これらに関しては私もほぼ同意見です。
わかりやすく書いてくださってAZUKIさんありがとうございます。
地元の商店(ちゃんと名前出してる意気込みを理解してね)として、
納得出来ない事をちゃんと言いたかったので、熱くなり過ぎてたかもしれませんね。m(_ _)m

36: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:25
たまにはマジレス …っていつもマジレスなんですけどね(笑

江古田計画を勝手に応援するページに
>「江古田の商店街(コンビニ、ファースト フード除く)をほとんど 利用したことがない」学生が、半数以上を占める
とあるのですがこの時点で「学生の街」というのはないのでは?…と。
ただ「3つ大学がある街」でしかない。
外部に「江古田という街」を知らしめるより先にまず江古田に集まる学生達に「江古田という街」に目を向けさせるべきなのでは?
(若マスさんによる)ページを読む限りではそういう感じではあったみたいですが
オフィシャル(?)ページを読むと今ではどうも違うみたいですね。

「アートな街」云々にいたっては本人がそう言いたいのであれば別にいいのでは?…と思います。
それが「アートマーケット」となるとちと「?」ですが。
僕個人としては「アートな街」というより「サブカルな街」って感じかな?
マンガ家さん、ライターさん、などが地味に多いですよね。
まぁ、「実は江古田在住」って人が多いのでそんなに目立ってないですけどね…。
(今、江古田在住を表に出してるのって小田原ドラゴンくらいか?)

37: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:26
続き。

>計画の話し合いの中では何度も「掃除をしたらどうか」という意見が出ます
コレ結構な救いかな…と。
毎度毎度却下されちゃうみたいですけど…(苦笑
…しかも相当下らない理由で。

>学生や、計画に対して最初から批判的な立場
江古田計画第3世代くんの発言(02,07)でとどめを刺したという感じなのですが…。
批判的な意見は多いけどフォローどころかとどめになっているかな…と。
どうですか?
山賊さんも書いているように個人の意見とはいえ「江古田計画」を名乗っている以上…(略
僕が心配することじゃないけど他のメンバーに怒られない?
ついでいうと28の書き込みも「だめ押し」っぽいですよ。

ところで「何をするか?」の話し合いはしているけど「どうしたいか?」というのはちゃんとやっていない気がするのですが。
コンセプト(たとえ絵空事でも)が見えていない状態で何かしても先には進まないよ。

…ところで僕の名前文字バケしてるの?

38: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:29
>>34
それは江古田計画が「アート集団」なのか「アートプロデュース(キュレーション?)集団」かで違ってきますよね。
「ブランド」って話しもあるみたいですが。

※「銀色の雲」は今ICC行くと見れます。(E.A.T.>>http://www.ntticc.jp/ [source] [check])
あーゆートコで見ちゃうと非常にガッカリな感じですけど…(笑

「江古田計画」と「学生」の間に距離というかズレを感じるのは僕だけでしょうか?
「学生である江古田計画」が動いているのですが他の「学生」に興味をもたれていない…というか。
外部や商店よりまず内部に目を向けないと何も始まらないかな…と。

39: 名前:中村克也投稿日:2003/06/11(水) 10:35
>>38
あ、URL間違えたです。
>>http://www.ntticc.or.jp/ [source] [check]

すみません。

40: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/06/11(水) 13:23
応援してるよぉ〜、まったりとね。チラシとか配りに来なさいな。
ていうかウチ−Cafe FLYING TEAPOTでイベントやる学生さんはアンマいないね、トホホ。
でも、ウチウチで小さくまとまっちゃってるみたいで、もったいないぞぉ。
フリーペーパーみたいの作って江古田じゃないとこで置いて貰うとか、
他の街でやっているイベントとかに参加するとか、雑誌とかにガンガン投稿しちゃうとかしないの。

アートといえば、江古田に住んでいる舞台芸術学院のOBが中心となってウチでよくイベントをやるんだけど、
次回のタイトルはナント「江古田国際芸術祭」(8/23&9/8)、
フラチなヤツラですね、勢いは抜群ですが。
出し物は芝居と自主映画と民族音楽などだそうですが、どこが国際で芸術なのか...
まぁ見てのお楽しみ。

41: 名前:"若マス"投稿日:2003/06/11(水) 16:50
>>江古田計画を勝手に応援するページに
>>>「江古田の商店街(コンビニ、ファースト フード除く)をほとんど 利用したことがない」学生が、半数以上を占める
>>とあるのですがこの時点で「学生の街」というのはないのでは?…と。
>>ただ「3つ大学がある街」でしかない。
>>外部に「江古田という街」を知らしめるより先にまず江古田に集まる学生達に「江古田という街」に目を向けさせるべきなのでは?

あのHPは「江古田計画」の一番最初の段階で江古田の商店に配られたものを拝借して書いた物です。
学生に江古田を知ってもらうために企画されたのが「江古田袋」
中に協賛してもらった商店の記載されたマップを入れて配っていたり
マップの商店に学生さんが行って買い物をされたら袋を渡すみたいな・・・・・。
結果、袋が残っているとか会計報告がなかなかされなかったとか
賛否両論?ありましたが最初ということでまぁそんな物かと・・・・・。
それに懲りてか次年度新入生や新しく江古田で生活を始める学生さん達への江古田を認知させていくみたいな事がなくなっちゃったのかな・・・・・・。
失敗を反省し次回に活かして継続していってほしかった企画かな。

初心に帰って学生生活を送る場としての「江古田」を先ず学生さんに知ってもらい
江古田を好きになってもらおうみたいな気持ちを大事にして欲しいな。
若いんだから失敗を恐れずに、就職活動するときに「江古田計画」に参加していましたみたいなことを
言ったら、面接官なりに「あ、あの計画に参加していたんだ」位言わせる人たちになってもらいたいと思います。
いい所は伸ばして悪い所は反省して直して向上して行こう。
まだまだ結果がすぐに出るみたいな事はないけど、周りの大人は手厳しいかもしれないけど
挫けずに頑張って欲しいな。
将来、胸を張って言える「江古田計画」って格好いいじゃん。
期待しているよ。

42: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 16:53
今、発言されている方々の立場の整理と、「江古田計画第三世代さん」の位置づけについて。

えこだの山賊さんは「江古田の商店主」といういわば「商店街の当事者」のお立場から。
catさんは「江古田の観察者兼元々江古田住民(かなり長い(笑)」のお立場から。
飛茶瓶洞主さんは「江古田の商店主であり、元々江古田に長く住んでいる住民」のお立場から。
こばやしさん、中村克也さんは、それぞれ「上京してからもしくは社会人になってから江古田に住んでいる住人(入植組?(^^;))」のお立場から。
僕の場合、江古田歴は18年ほどになりますが、一応は「江古田入植組の長いの兼江古田の飲食店情報サイト管理人」の立場から。

上記発言者に共通するのは、江古田計画に批判的なこと、というだけではありません。
少なくとも、えこだの山賊さん、飛茶瓶洞主さんは江古田の商店主という当事者のお立場です。懐疑派と応援派の違い(笑)はありますが、「学生がしようとすること」に無関心/無干渉ではない貴重な方々だと思います。
その他の江古田住民には、「もともと江古田生まれ江古田育ちの江古田原住民派」と、「上京後、就職後に江古田に住み着いた入植組」がありますが、いずれもこのスレで発言をなさっている以上、「(普通よりは)江古田好き/江古田に興味を持っている人」と判断してよいでしょう。

その上で、江古田計画第三世代さんがどんなお立場かと言えば「江古田計画の参加メンバー」であり、「計画に賛同している学生」でもあります。
もちろん、公式に江古田計画の代弁者としてここにいるわけではないのは承知していますが、少なくとも「外部の人間」よりは江古田計画の趣旨に精通しているだろうと思われても仕方ないと思います。
また、江古田計画の趣旨について(それが個人としての解釈であったとしても)、外部の人間に説明する努力を怠ってはならないと思います(ここで失言すれば、江古田計画へのダメージも少なからずあるわけで)。

過去に、江古田計画についての議論が起こるたびに、「総意を得られているわけではないので、個人としての発言である」または「自分はそう考えているが皆が同じ意見ではない」という発言を伺ってきました。(国会答弁の逃げみたいですが(^^;))
もちろん、「個人として」の立場からの発言であっても歓迎したいと思います。
しかし、個人としての発言ならば、以下についてはお答えいただけるものと思います。
「個人としては江古田計画に対してどういう解釈、どういう理解のもとに支持しているのか」
「そこから自分や協賛者がどんなメリットを得られると第三世代さんご自身は考えているのか」
「それを説明できるかどうか」

43: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 16:53
厳しい言い方になることをお許し頂きたいのですが、「アート」もしくは「芸術」を志す方の中には「文言を呈して説明しなくても通じるのがアートであり、それが理解できる人間は魂の価値が高い」と言わんばかりの高慢さがあるように感じることがあります。
同じ事が江古田計画にも言えます。
「計画の意図について説明しなくても通じる、【アーティスト】にだけ受け入れられればいい」
「批判的な人間の批判的な発言はアートを理解できていないからだ」
「説明が必要な人間には、アートの価値はわからない」
「我々(計画)はアートに理解のあるアーティストだから、アートに理解のない魂の卑しい連中に対して、必死に言い訳をする必要はない」
本意がどうであれ、現時点までの江古田計画及び関係者の取ってきた態度を、【外部】から見るとそう見えます。

商店街の会合での説明会なり、商店主に対しての説明なり、もしくは「シンポジウム」での発表なりが、「すべて」ではありません。
協賛/協力を求めるのであれば、もっと広く門戸を開き、もっと多くの人にも同意を得る努力をすべきではないでしょうか。
批判者の声に耳を塞ぐのではなく、「個人として」ではありますが反論ないし意見聴取をしようとしている第三世代さんの姿勢については、僕は少なからず期待をしてはいます。

が、江古田計画が個人のアートではなく集団(サークルなり組織なり)としてのものであり、なおかつ多数の賛同者を必要とするものであるなら、「一人でもわかってくれる人がいるなら、100人がわかってくれなくてもいい」という【芸術家気取り】の気持ちは捨て去るべきでしょう。
多くの優れた芸術家は、同時に「強力(資金的にも発言力も)なスポンサーを得る努力」をしていました。
それはルネサンス期の話というだけではなかったと思います(教会の発注を得るさらに昔のケースもそうだし、賛同者を得ないと実現できない大規模な近代アートの場合でも、企業、地域の協力を取り付けることは必然でした)。

江古田で何かするに当たって、江古田の商店主、商店街、商工会議所(行政)の協力を仰ぐのは当然ですが、そこで努力を怠ってしまうと「江古田に住んでいる住民(商店主以外)」という層は仲間はずれか「無関心」で終わってしまうことでしょう。
「江古田板のスレ住人(^^;)は、期待していないのに勝手に計画に口出しをしてくる」という迷惑心はお持ちでしょうが(^^;)、それは裏を返すと「誰も江古田を盛りあげてくれなんて頼んでないのに、江古田計画は勝手に江古田に口を出してくる」というオウム返しをそのまま食らってしまうことにもなりかねません。

相互理解には立場と趣旨の解説が必須です。
どうか、息長く説明を続け、一人でも多くの賛同者を得る努力をしてください。
おもしろくないことだから続かないかもしれませんが。

44: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 17:06
「江古田を誰に知ってもらうか」について。

江古田計画の趣旨に「江古田の認知度を高める」というものがありました。
これについてですが、江古田に対する認知を高める必要がある人が誰なのかというターゲットを整理する必要はあると思います。

>>41で若マスものべていますが、
>「江古田について知らない新入生/教養を終えて移ってきた学生に、江古田とはこんな街だ」ということを知らしめる。
これについては、メリットを十分説明できると思います。
1)江古田に対して無知な新入生等に江古田情報を提供する>新入生にメリット
2)紹介される側の商店街は、新入生という新たなマーケットに対して露出する機械を得る>商店主/商店街にメリット
つまりはタウンガイドかそれに準じたものになると思いますが(例としては、武蔵野音大の「江古田map http://www.ekoda.jp/town/moem.htm [source] [check]」や、catさんのご研究、当・飲み食いランキングなどがそれに当たると思います)、実用性と江古田の認知、メリットの全ての点が満たされています。

続いて。
>江古田についての無知である、江古田在住の住民(新規入植組)に対するアピール
これは前述の「新入生向け」のものにも通じますが、江古田にすでに住んでいる人に対して「江古田再発見」を促すものになるでしょう。

ここまでは、「まず江古田について、江古田に住む者が理解し、江古田をよく知ること」を促すものです。
次に必要なのは、
>江古田という存在を、江古田に住んでいない人にアピール
が必要となります。

江古田計画が目指しているのは、この「江古田以外の人へのアピール」だと思うのですが、先に述べた「新入生/入植組(これには原住民も含まれますが)」に対しての「江古田を知らしめる」努力が不十分なまま、誰もよく知らない江古田に「江古田はアートの街」という勝手な肩書きを付けてしまうのは、時期尚早ではないでしょうか。
江古田がアートの街だというのが、新入生/住民(商店主含む)の共通認識になっていない状態で、江古田計画の規定した「アートの街江古田」というイメージを江古田の外にアピールしようとしたら、共通認識のない「アートかどうかわからない江古田に住んでいる人々」から反発や戸惑いが出るのが当然だと思います。

45: 名前:cat投稿日:2003/06/11(水) 17:10
あ〜、なんか皆さん親切ですねぇ。これじゃ、そっけないRESに終始した
わたしが、とんでもなくイヤなヤツに見えちゃうじゃないですか。(苦笑)
そうか。「江古田=若者の活動に熱いアドバイスを惜しまないオトナのいる
街」なんですね。

>>30
>●責任者の連絡先(メールアドレスでも結構です)を明らかに。
この点については、しばらく前から公式サイトで明示されています。

>>32
>「客観的な事実として、江古田は美容院と接骨院の街である」
06で書きましたように、言い切れるのは「美容院」だけです。

>catさんの研究(といっても過言ではないと思いますが)
過言です。>>33の「業績(笑)」ならOKです。「(笑)」←ここ重要

>>29
>おもしろいことにも「しんどいこと」「辛いこと」はあります。
週1回の更新というしばりがキツクなってま〜す。
正直しんどい...。(C)堂本剛

>江古田計画第3世代さん

なんか「孤立無援」ってお気持ちでしょうが、
>批判者の声に耳を塞ぐのではなく、「個人として」ではありますが反論な
>いし意見聴取をしようとしている第三世代さんの姿勢については、僕は少
>なからず期待をしてはいます。
というAZUKIさんの発言に賛同するものです。

46: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 17:45
>>45
じゃ、「江古田についてのcatさんの業績(笑)」で(^^;)

>>30 >>45
メールアドレスですが、「info@ekodakeikaku.com」というメアドが公開されていますね。しかし、これが「責任者のもの」であるかどうかの明確な説明はありません。
更新が滞るのは「知らせることが特にないから」ということで(^^;)、そのあたりは同じwebページ管理者としてよく理解できますが、「責任者」「人数」「現状」などを説明するコンテンツには、それが書かれた時期もしくは最終更新された日時について入れた方がいいと思います。
江古田計画の代表が、今も「武蔵大学の小林さん」なのかどうか。それは去年までのことなのか、最初の年のことのなのかもわかりません。

協賛店などについては一覧ページを設置する予定があるようですが、なかなか公開されませんね。リンク切れで。

それと、やはりまず「江古田について発信している既存のもの」を整理把握することから入った方がいいように思います。
例えば、すでに何度か触れている「江古田に関するcatさんの業績(笑)」、「飲み食いランキング」だけが江古田を認知してもらうための情報を発信しているわけではありません。

・武蔵野音大の江古田map(そういえば、江古田計画公式ページのリンクに武蔵野音大は入っていませんでしたが、現在の江古田計画には音大生は参加していないのでしょうか?)
・Ekoo!(若マス管理の江古田検索エンジン)
・たぶん日刊江古田新聞(Tonkeyさん管理の江古田ニュースサイト)
・江古田大好き(まるびさん管理の江古田飲食店ガイド)
・エコジェネ(えこだの山賊さん責任編集の雑貨店リンク系江古田タウンガイド)

ざっと思いついただけでもこれくらい、もちろん、もっとあります。(えこだの山賊さんは冊子も出していらしたと思いますが)

地域情報を扱い、かつインターネットやその前のパソコン通信のわりと草創期から関わっていて思うことですが、実用情報はどんどん相互リンクを進めていくべきだと思います。
情報共有と類似情報の把握/検索/比較が可能であることが、ネットワークの最大のメリットですから。(江古田!町内会が、タテマエとして(^^;)「江古田関連サイトの町内会化」を目指しているのは、そういった理由もありますが)

もちろん、webコンテンツが全てではないでしょう。
しかし、過去の経験、発信した情報、すでに発信されている類似情報などについて共有していく(共通認識を作るというのはそういうことでもありますから)ためにも、もう少し頑張って欲しいですね。

個人的には江古田計画のサイトは「サイトマップ」が必要じゃないかな?と思いました<自戒を込めて(^^;)

47: 名前:うし@会社投稿日:2003/06/11(水) 17:53
いつも興味深く拝見してます。
僕が個人的に思っていた事はみんな言われてしまいました。
皆さん一見厳しい意見が多いですが「愛のムチ」ですよね(笑)。これを「批判」としか受け取れない様じゃ進歩は無いっすよね。
>あ〜、なんか皆さん親切ですねぇ
ホント、もどかしくてAZUKIさんなんてネタ提供してるし(笑)。

48: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/11(水) 19:02
ふふふ(笑)
商店主じゃなく、学生でもない、でも江古田住まいは短くはなく(でも原住民ほど長くもなく)……。
江古田入植組というのは、なかなか「地域」に参加できないんですよ。
また、アイデアがあっても人手が必要になるような「計画」は、行政組織のような「地域を動かす力」や学生組織のような「機動力、若さと人手」があるわけじゃないですから、実現不可能。

その意味で、「若さ故の(失敗も苦言を言われても多少は大目に見てもらえる)強み」を持っている学生さんを羨ましくも応援したい気持ちはあるんですよ。
江古田計画に煙たがられている最右翼ではありますが(笑)<自覚有り

同じ「入植組」であっても、学生さんの場合「学内で同世代の賛同者(実働者)」を得やすいという意味で、入植組社会人よりは有利な立場にあると思います。
そういう利点をもう少し自覚していただきつつ、外からのちょっかい(笑)にも寛容でいてほしいですねぇ(^^;)

49: 名前:こばやし投稿日:2003/06/11(水) 19:34
横道にそれますが、在・江古田3大学の学生さんは、
どれくらい江古田住まいをしているのでしょうかね???
日芸や音大は1・2年次が別キャンパスなので、
江古田在住率は、それ程高くないと推測します。
武蔵は、関東近郊から進学される方が多いとのイメージを持っています。
で、自宅から通われる方が多いのかなと・・・。
どなたか、この推測に対するご回答をお願い致します。

ちなみにワタクシは、江古田のアパートから池袋のR大へ通っていました。
今もそのアパートに住み続けています(江古田歴13年)

50: 名前:うし投稿日:2003/06/11(水) 23:41
>49
確かに皆学校の近所に住んでるとは限らないですよね。
>池袋のR大へ通っていました
せ、先輩!(笑)

51: 名前:cat投稿日:2003/06/12(木) 00:56
>>50
江古田板には、「昭和42年会」「結石部会」「静岡県人会」などの分科会があるわけですが、今度は「R大同窓会」の成立ですね。
ぜんぜんスレ違いなのでsageときます。 m(_ _)m

52: 名前:僕も第三世代投稿日:2003/06/12(木) 02:36
遅ればせながら僕も計画のスタッフなんで発言しますね。これから言う事は結構オフィシャルな発言として受け取って頂いて結構です。
僕達江古田計画は何がしたいのか?というご質問に返答します。その他の質問にはお答え出来ません。なぜなら活動理念さえ理解していただければ十分だからです。
江古田計画の目指すモノ、それは遊園地です。ディズニーランドみたいな。ほら、TDLって楽しいじゃないですか。年齢差を越えて。もちろん好き嫌いはあるけど。江古田が遊園地だったら楽しくないですか?
つまり、こういうことです。江古田には様々なお店があります。いろんなお店があるけど、大きく幾つかにカテゴライズします。
食:勿論飲食です。
衣:これも勿論衣服です。靴とかも。
アミュウズメント:ゲーセンとか、カラオケとか、ライブのハコなど。
美容:理美容やエステ、僕、男なんでどこまで美容か解らないけど。
マーチャンダイズ系:玩具、文房具、生活雑貨とか、いろいろ
アート系:江古田にご在住のアーティストや、芸系の学生、芸好きの人、音楽とかも。
大きく分けてこんな感じ。かなり乱暴に分類してみました。まだまだあるけどとりあえずこれで話を進めます。
なんか遊園地の要素に似てないですか?江古田=遊園地。
江古田という町にはいろんな側面があって、それぞれが素敵です。多分・・・。
その素敵な側面を住民、学生は勿論、江古田外の人にも知って欲しい。その発信の切り口の一つにアートがあっても良いんじゃない?
別に、食でもいいですけど。なにから切っていくかはあんまり問題じゃないです。だってみんな江古田遊園地の大切なパーツなんで。
ただ今はアートなだけです。次はアートと他のジャンルをミックスするかもしれないし。アートしないかもしれないし。だけど、江古田のパーツは使います。それでいつか江古田が遊園地みたく、TDLみたく老若男女楽しめる所になれば良いなと思います。
江古田計画ってこんな感じです。どうでしょうか?言葉足らずで御免なさい。
ミクロとマクロの視点で説明してみました。
ここからは僕個人の話です。
なんか協力するとかしないとか、そんな言い合い悲しいです。もちろんご指導ご鞭撻とそうじゃないモノの区別はついています。
難しい話は僕自身そんなに賢くないからわかりませんがこれだけは解ります。
みんな江古田が好き。間違ってますか?
江古田が今よりもっと素敵になれば、誰が何しても良いし、協力して行きたいと思いますよ。
なんか小さい団体とか、店主とか、住民とかの枠に囚われないで大きな仲間意識で考えたいです。
窮屈に考える意味無いですよね?
だって江古田にいる人はみんな江古田遊園地のスタッフなんだから。
随分勝手なこと言いました。すいません。

53: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 04:12
>>52
ご意見ありがとうございます。

まるで意味がわかりません。

54: 名前:AZUKI投稿日:2003/06/12(木) 04:31
……何度か読み返してみましたが、やっぱり意味がよくわかりません。
最初の第三世代さんのほうがまだ「言い分」がわかります。

なんとなく読みとれた部分を「言い換え」します。

●疑問・質問には答えない。こちらの言い分が伝われば、その他のことは興味ない。
●江古田計画は、「江古田で遊べればそれでよい」というのが方針だ。
●江古田計画は、現時点での会規にある「三大学の学生に限る」という規定を近い将来変更し、「江古田が好き」という商店主、住民の参加を認める予定だ。

つまり、「江古田で遊びたいサークル」であり、「自分たちが江古田で遊べば江古田が全国区になる」と信じているわけですね?
広島の「街づくりシンポジウム」とやらに参加したそうですが、そのレポートはいつ公開されるのですか?
江古田で遊ぶことと「街づくり」にはなんの関連が?

もしかして、協賛金を集める市民運動の手法を学びに行っただけですか?

で、どうも過去ログをきちんと理解されていないようですが、「切り口」のことを云々しているわけではありません。
「江古田計画にとっての江古田を理解できているのか?」
「江古田計画の方針・理念を、江古田計画関係者以外もしくは批判的な住民に理解できるような説明ができているか?」
ということを問うているのですが。

これに答えられないもしくは、「答える気がない」のだとするなら、「オフシャルな発言」ほど曖昧な言い方しかできないサークルだ、という判断となりますが、それでよろしいでしょうか?

55: 名前:僕も第三世代投稿日:2003/06/12(木) 05:17
え?ええええええ?意味分からなかったんですか?
言い分じゃなくて、理念ですよ。理念。他のこといくら言ったって言い訳臭くなるから言いたくありません。結果とか活動を見てもらえればそれで十分。
あと、「江古田計画は」っ言い方で括らないで下さい。AZさんなら江古田をこうしたいとか、そんなご意見お待ちしてます。
江古田をみんなで考えたいです。過去ログ理解してます(笑)
「江古田で遊ぶ事」って、計画が遊ぶんじゃないです。みんなです。江古田の人みんな。僕も含めて。
AZさんにとって江古田ってなんですか?みんなに知ってもらいたくないですか?いい町だよって。
ちょっと質問してみた。

56: 名前:こばやし投稿日:2003/06/12(木) 06:39
>>52
>江古田計画の目指すモノ、それは遊園地です。ディズニーランドみたいな。ほら、TDLって楽しいじゃないですか。
揚げ足を取るみたいですが、「江古田をTDLみたいな場を目指す」はどうかと思う。
個人的には、両者は対極的な位置があると思うからです。
TDLは清潔で秩序ある空間。アメリカの理想を具現化した空間とも言えます。
そこには、現実のアメリカが直面している諸問題が一切排除されています。
それに対して、江古田は現実の街であります。混沌とした空間です。
ここのBBSを見て頂ければ分かると思いますが、様々な意見を持つ方々が同じ街で生活を続けています。
>これから言う事は結構オフィシャルな発言として受け取って頂いて結構です。
・・・と発言されてる以上、もう少し言葉の意味を考えて頂いた方がよいかと思います。

57: 名前:うし@会社投稿日:2003/06/12(木) 08:45
>52
今までのレスをホントによ〜くお読みになっていますか?
>「江古田計画は」っ言い方で括らないで下さい
これ「オフィシャルな発言」?自己矛盾してないですか?
もしかして「理念(あなた方の言う)」は別に理解して欲しいとは思ってないのかな。
だったらむしろ何も言わない方が良いのではないですか。
自覚されてないかも知れませんが「遊園地」とかステレオタイプな発想から抜けきれてない様に見えるし(違ったらごめんなさい。でも違うなら表現力不足です)、僕には具体的なものが無いから抽象的な事しか言えない、という風にしか受け取れないです。

58: 名前:うし@会社投稿日:2003/06/12(木) 08:55
それからもうひとつ。
>だって江古田にいる人はみんな江古田遊園地のスタッフなんだから
例えあなた個人の意見であっても、あなた方が勝手に思っている「枠に囚われ」てしまうのはイヤです。

59: 名前:中村投稿日:2003/06/12(木) 11:32
ものすごくあたりまえだけど江古田って「遊園地」じゃなくて「街」だと思うんだけど…。
「遊園地」に似ていると言われてもなぁ、「僕も第三世代」くんがあげたものにそんなに特殊なものはないかな…と。
そんなんどこの街にもあるじゃん?

正直いって江古田を「好き」かどうかと聞かれたらよくわからないんですよね。
「感心」はあるけど「好きか?」と聞かれたら「…どうだろう?」って感じ。
もちろん「嫌い」じゃないよ。
でなきゃ十年近くこんなところに居着いたりしない。
はっきり言って便利だとも思わないけど居心地はイイかな…と。(「慣れ」だけかもしれないけど)
僕にとっては「暮らしている街」でしかない。
「暮らしている」って中には「遊ぶ」ってのももちろん含むけど、少なくとも「レジャー」ではない。

アートって切り口に関しては最初から否定するつもりはない(肯定するわけでもないんですけどね)のですが
・アートって?
・何故に(江古田という街が)アートなのか?
だけ、君達の考えを聞かせてもらえるとうれしいです。

…などと。

…あ、二子玉とかは「遊園地」の素質十分かな(笑

60: 名前:飛茶瓶洞主投稿日:2003/06/12(木) 12:10
アートっていってもイロイロだよね、絵画・イラスト・写真など2Dもの、詩・小説など文学もの、
映画など映像もの、
音楽や芝居などLIVEものなどなど...
「遊園地」の様なというなら、様々なアトラクションを揃えないとね。
そして、それらがどうアートなのかの見極めどころとかね、
ただアートっぽいくらいでも良いのか、
たぶん「江古田計画」メンバーの中でも度々話し合われていると思うけど、
「玉石混合でも楽しく」とかみたいなことを。
ッポイモノでも徹底しないと中途半端でTDLはおろかドレミファ公園にもなんないよ。
もったいないよー。


江古田板★バトルトークへ移行をお願いしますトップへ ▲カッ飛び先頭  全レスを表示

 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [最新レス]


管理者 AZUKI 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --