KoMaDo   江古田!町内会BBS : 江古田板★バトルトークへ移行をお願いします  ■ Headline ■ HOME   

江古田板★バトルトークへ移行をお願いしますトップへ ▼カッ飛び最後  全レスを表示

  ペットの埋葬について

01: 名前:AZUKI投稿日:2005/07/05(火) 04:22
ペットの埋葬についての話題を、江古田飲み食いランキング2から移動しました。
続きはこちらでお願いします。

02: 名前:AZUKI(転載)投稿日:2005/07/05(火) 04:23
>素朴な疑問なんですが、ペットって公園に埋めて良いものなんでしょうか?
>私は飼っていませんのでわかりませんが、ハムスター程度の小ささであれば大丈夫なのでしょうか?

03: 名前:AZUKI(転載)投稿日:2005/07/05(火) 04:23
>↓法的に厳密に言えば、ダメなのかもしれませんね。
>これは私的見解や、ハムオーナーの友人達、ハムサイトなどの意見を参考にしながら私なりに葬り方の規準を決めています。公園というのは色んな形があると思いますが、人があまり足を踏み入れないようなうっそうとした森のある公園にしか葬りません。動物の種類もハムや小鳥だけです。埋める時は場所を選び、猫や犬に掘り返されない位深く掘ります。掘った部分の自然形態が荒れないよう綺麗にします。その様に葬っています。私は猫とハムしか飼ったことがありませんが、猫の時は火葬してもらいました。
>「素朴な疑問さん」や皆さんの考える基準はどんなものでしょうか?
>そのご意見も書いていただければ、愛ハムさん達の参考になるのではないでしょうか?いかがですか?
>ただ、この掲示板の趣旨からは少し外れるかもしれませんね^^(2005/7/0)

04: 名前:AZUKI(転載)投稿日:2005/07/05(火) 04:24
>「素朴な疑問」を書いた者です。

>いくら飼い主さんが愛した思い入れのあるペットだとしても
>事情を知らない人からすれば「得体の知れない亡骸」でしか無いと思います。
>例え事情を知っている人だとしても、やはり公園や土手に埋める行為に
>どこまで理解を示してくれるか・・・。
>「小さいから」とか「埋める場所に困っているから」というのを
>他人に対して一方的に理解を求めるのは強引ですし、
>同情はできても、擁護することも難しいと思います。

>「現在ペットは飼えないけど、いつかは飼いたい人間」の僕の見解として、
>やはりどんな大きさのペットであっても
>「他人に迷惑はかけない」というのが飼い主の最低限のマナーですから
>出来る限りは、それを守った飼い方をするのが義務だと思います。
>(多分、現実は難しいんでしょうけど。)

>↓の方が書かれているように、「掘り返されないよう、気づかれないよう」という
>最低限のマナーが守られていれば、
>「小動物レベル(ネズミ/ハムスター/金魚レベル)に関しては
> こちらが気づかない以上、1匹や2匹程度はギリギリ許せるかな。」という感じです。
>だからといって、「気づかれない様、掘り返されない様にすればいいんだ!」ということで
>誰も彼もが公園や土手を掘り返して埋め始めても困ってしまいます。
>1匹や2匹ならまだしも、みんなが埋めだしたり、ネットで埋葬のメッカとして紹介されたら
>見つからないものも見つかるでしょうし、ますます他のペット飼育者、そうでない方が迷惑を被ります。

>実際に僕がペットを飼った場合、同様の悩みに陥ると思いますが、
>「犬や猫だけでなく、小動物や他の動物の埋葬方法や業者を、動物病院やショップが
> 紹介してくれると有り難いな。ネットでも情報があると嬉しいな」と思います。

05: 名前:投稿日:2005/07/06(水) 14:45
えー、全然嬉しくない話題ですが。
この近くでしたら、哲学堂動物霊園というのがありまして、きちんと埋葬できます。

利用したことがありますので。

06: 名前:素朴な疑問投稿日:2005/07/07(木) 00:30
(このスレに限り、HNを<素朴な疑問>に固定しました。)

>両さんへ
哲学堂に動物霊園があったんですね。初めて知りました。
有難いというか、知ってもなるべく利用する機会を避けたいという微妙な感じですね。
仰るように「全然嬉しくない話題」というのは共感致します。

でも、飼育されている方同士の情報網や知識というのはやはり貴重ですね。
僕も幾つかペット関係のサイトをを見学していますが、ペットロスの情報や体験談等はあっても、
亡くなった場合の対処(?)の仕方まで紹介されているサイトはあまり無かったように思います。
(今は飼いたい願望だけの状態なので、ペットとの別れの情報収集は時期尚早過ぎる理由もあって
 殆ど覗いていないというのもありますので、単に調べ方が少ないだけかもしれません。)
多分、紹介されていない理由として、情報紹介や投稿によって盛り下がる恐れの回避や、
亡くなった際の辛い想い出がぶり返す恐れからくるのかな?と思います。

とはいえ考えてみればこういった事は本来、国が行わなきゃいけないんじゃないかな?と思います。
(種類によって)ペットを飼育する際は国からの指導で、国に登録しなければいけないんですよね?
僕はどんな内容のペット可の動物が登録義務のある動物なのかよくわかりませんけど、
「動物を勝手に埋めちゃいけません」という法律を施行した以上、(施行するのは当たり前ですけど)
「埋葬法はこんな形、火葬する場所はどこそこ、埋葬所はどこそこ」という情報も提供する必要があると思います。

情報の対象が法人や業者で、「紹介すること=斡旋すること」になる事で二の足を踏んでいるのなら
紹介できるような対策を講じるべきだとも思います。
様々なペットを飼育する人口がこれだけ増えた現在ですから、
「飼う時は登録しろ!」「どこそこに勝手に埋めるな!」だけではあまりに不親切な気がしますし、
欧米諸国に比べて日本が立ち遅れている部分の一つとも思います。

僕がペットを飼育したら、「亡くなった後の対処(?)法はこういう形で行って下さい。
その為にはこういう機関や業者、埋葬場所があります。」という情報は是非とも欲しいです。

余談ですが、
もし国が「どんなペットでも飼う場合は登録すべし! 迷子防止に監察や情報の入った首輪や札を身に付けさせるべし!
     亡くなった際は<(埋葬所にて発行される)埋葬証明書>を提出すべし!
     亡くなってない場合は毎年、国に報告を行うべし!」という事を徹底させるだけでも、
勝手に埋める人はおろか、簡単に捨てる人までも減るんじゃないでしょうか?
「捨てる」といえば保健所に入る動物は結構多いですけど、持ち込んだ飼い主に対しては理由如何によって何かしらの罰則を
与えて欲しいです。それか里親探しの指導をするとかね。
(保健所に持ち込む人は倫理的にも許せないですし、無責任な飼い主によって殺処分に税金も使われます。)
悪徳ブリーダーも減りますし、責任感や現実感の無い未熟な素人ブリーダーも減るでしょう。

これは飼っている人の立場にだけ立ったものではなく、飼っていない人の権利を守ることにも繋がると思います。

07: 名前:名無しのエコダニアン投稿日:2005/07/07(木) 08:12
>>6
ええと、これはどちらかというと「国」ではなく「地方行政」の問題のような気もしますが……
また、あまり「国による監督指導」などの権限を与えたり、またその徹底を期待しすぎると、「ペット行政からの天下り」などのような、笑うに笑えない特殊利権を生み出しかねません。
国が監督するっていうのは、一種の「強制/制限を行う権利を国に許す」ということでもあるわけでして、不届き者をどうにかさせたいから「国にやれ!」(これは地方自治体でも同じですが)というのは、権利放棄といいますか、責任放棄といいますか、少々拙速に過ぎるのではないかなあ、と思います。

もっとも、個々の飼い主の倫理観に依存するだけで解決できない問題であることも確かですので、>>6さんのお気持ちもわかります。
そうした「なんでも行政にやらせる(責任を押し付けると同時に、権力を与え、それに伴う利権を見逃す)」ことで政府が巨大化してきたのを、NGOや市民団体の活動(ボランティアとは違いますが)に委任・委ねる方向に進みつつあるのが昨今の改革の方向ですので、「国がどうにか」「行政がどうにか」を言う場合、法律の整備を言うよりもそうした取り組みをしている団体への協力を訴えるほうが何かとよろしいかと。

別の視点からの話になりますが、動物というのは法的には「所有物」「物」扱いらしいですね。
誰かの飼っている犬や猫を死なせてしまった場合、それは「器物破損」になる、とかなんとか。
その定義のため、死後の動物は「廃棄」または「公共衛生上問題がない状態に処分」する、という位置付けになっているものと思われます。
焼却していない遺体を公園などに埋めるのが好ましくないのは、気分の問題というより疫病予防の問題でしょう。
(日本が基本的に人間に対しても土葬を認めていない理由と同じです)
最終処分、という言い方は適切ではないかもしれませんが、「公衆衛生のための疫病予防」を第一に考えるなら、「焼却処分」(人間風に言うなら火葬)がベターでしょう。
焼いた後の灰はどうするのか、という議論もありますが、これは人間の火葬の場合でも解決しきってはいない問題です(頭、身体のいくつかの骨以外の灰はどうなっているのかというと、全部は持ち帰ってもらえずに「産業廃棄物」として捨ててしまったりする火葬場もあります)。

さらに別の視点から。
「埋葬」という行為は特定の宗教に基づかなくても宗教行為に近いです。
ペット=家族という認識でいる人も少なからずありますし、自分もそうした一人ではあります。
ですが、宗教の概念から言うと「動物を人間と同じように扱うのは、その動物のためによくない」という場合もあるようです。
宗教の多くは「人間の救済」または「人間の優先」がまずあります。「生きとし生けるもの全てを」と謳っている宗教もありますが、その場合でも「人間より仔犬の命を優先しなさい」というものは稀です。(建前としては、どちらも大事、と言うと思いますが)
宗教観の中に「畜生」の存在がはめ込まれている仏教の宗派の中には、「人間と動物を同じ墓に埋葬してはいけない」「人間と同じように葬ってはいけない」と戒めたりするケースもあります。
理由は「畜生を手厚く葬ると、早く次の輪廻に転生できなくなるから」だそうです。

どれが正しく、どれが間違いというものが断言できる問題ではないので、急いで正解を見つけることは難しいと思いますが、様々な「正義と都合」の中からうまく折り合いを付けた答えが見つかるとよいなと思います。

08: 名前:投稿日:2005/07/07(木) 11:48
犬や猫サイズになりますと、具合が悪くなったときに
動物病院で近所の施設のガイドをもらえます。
当然、お金はかかります。

正直なところ、そういうところでないと扱いに困ると思います。
また、それ以外の方法としては、清掃局に連絡すれば処分していただくことも可能ですが
これはどちらかというと、ペット以外の動物に関する方法かと思います。

あまり宣伝するようなことでもありませんし。

なお、哲学堂動物霊園というのは、そういう名称の霊園(哲学堂向かいのお寺の敷地内)で
哲学堂公園内の施設ではありません。

09: 名前:素朴な疑問投稿日:2005/07/10(日) 00:27
   →現体制下では「国」ではなく「地方行政」の問題になってしまいます。
    ただ僕的には「(穴が多いと指摘されている)動物愛護法」の様に
    (細かい地域別の事情もありますが)全国区で施行される統一された観点の様なものが必要な気がしまして。
    ペットに関する問題というのは全国的なレベルで様々にある問題ですし、飼い主側、非飼い主側も様々なので、
    その辺からも地方行政単位というよりも国レベルでの(ある種の)強制力が必要なのではないかと思いました。
    法に解決を求めたのは、日本人(限定ではないし、全員でもないですが)の一部には法による強制や権利、
    義務があるかないかで、態度や考え方が決まってくる傾向があるからで、法限定では無いですが基準の様なものが
    必要では?と思いました。なので「安易な国への依存」という思いつきでの発想では無いです。
    しかしエコダニアンさんが仰った「笑うに笑えない特殊利権発生」は確かに想像に難く無いですし、
    安易に国に依存し、こちら側が権利放棄という形に陥ると、また別の問題が生まれるでしょうね。
    しかも、(倫理観に乏しい)悪い飼い主をより悪い方向へ増長させることにも繋がるでしょう。
    ペット先進国に比べて日本は、行政レベルから市民レベルに至るまで、「ペットに対する考え方の温度差」が
    結構ある国の様に思えますので、根本からの問題解決には時間がかかってしまう気がします。
    飼い主側や(僕の様なペットを飼った経験は無いけど)動物好きな側が、
    地道に活動したり、各種団体と連携したりして働きかけを行い、広めていくのが現状ではベストかもしれません。
    現時点でも活動を行っていらっしゃる団体や個人の方がいらっしゃいますし。
    あくまでペット(動物)好きの側からによる、好きじゃない側への一方的な押し付けにならないよう、
    温度差を埋めながらの「共生」が図れる様になれば良いなと思います。
    また、エコダニアンさんが御指摘された「木を見て森を見ず」の部分も忘れることの無い様にしたいです。

10: 名前:素朴な疑問投稿日:2005/07/10(日) 00:29
名無しのエコダニアンさんへ(上記つづき)

   →確かに動物というのは法的には「所有物」「物」扱いらしいですね。
    立場としては「飼い主の所有品」という形で、人権ならぬ動物権なんて無い感じです。
    なので、ペットに何か危害が及んでも「器物破損」という考え方らしいです。
    その割には「動物愛護法」なんてものが出来て、この矛盾はなんだ?という感じです。
    (まぁ、同法にはペットだけじゃなく野生動物も含みますけど。)
    遺体の埋葬に関しては、これも仰る様に「気分の問題よりも公衆衛生上」の問題でしょう。
    やはり、衛生上の観点からも気分的な問題からも火葬(焼却)してからの埋葬は
    出来る限り徹底して欲しいなとは思います。

   →「埋葬は宗教行為」という言葉には改めて考えさせられました。
    確かに土葬や火葬という埋葬方法は宗教行為の一部ですからね。
    僕も「ペットとは”家族として共生”したい」という思いを持っていますが、
    人間と一緒にしてしまって幸せなのか?という素朴な疑問もあります。
    だからこそ、エコダニアンさんが挙げられた宗教の概念も興味深かったです。
    人間とペットとの関りあい方は、飼い主/ペット間での永遠のテーマかもしれないです。   
    とはいえ、いくら宗教であっても土葬はともかく、鳥葬と風葬だけは避けたいです。

   →どれが正しく、どれが間違いというものが断言できる問題ではないのは仰る通りですし、
    「正義と都合の調整と妥協、実行」は簡単には答えは出ませんからね。
    「木を見て森を見ず」で答えが見つかれば良いなと僕も思います。

11: 名前:素朴な疑問投稿日:2005/07/10(日) 00:30
両さんへ

   →「動物病院で近所の施設のガイドをもらえる」等のフォローは存在しているんですね。
    僕は未飼育者なので、専らネット検索のみで動物病院に行ったことがありませんから、
    初めて知りました。ありがとうございました。
    哲学堂動物霊園の件も併せてありがとうございました。多分、蓮華寺かもしれませんね。
    「動物愛護法施行の割には清掃局にて処分」というのは不思議な感じがします。
    でも飼い主で無い人が(ペット以外の動物を)埋葬(処分)するのも限界があるでしょうし、
    そういう場合、清掃局しか頼る場所が無いのも現実ですから難しいですね。


江古田板★バトルトークへ移行をお願いしますトップへ ▲カッ飛び先頭  全レスを表示



管理者 AZUKI 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --