KoMaDo   江古田!町内会BBS : パソコン板(ハード/ソフト/ネット)★閲覧のみ★  ■ Headline ■ HOME   

パソコン板(ハード/ソフト/ネット)★閲覧のみ★トップへ ▼カッ飛び最後  全レスを表示

  Winnyに関する雑感

01: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 02:32
2004年5月。あのファイル共有ソフトWinnyの開発者が逮捕されました。
容疑は「著作権違反(2003年11月に該当者2名を逮捕)の幇助」というもの。

僕自身はどちらかというと「著作権が侵害されては困る商売」をしている人間です。
同時に、インターネット/ネットワークの草創期からこの世界に足を突っ込んでる人間でもあり、ビギナー向けテクニカルライターなんかの末席にもいたりします。
いろいろ、思うところもあります。

02: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 02:47
注目すべき点がいくつもあるんで、どこから手を付けていいやらと思うわけですが、とりあえず自分ところのBBS、しかも放置版ですから(笑)、独り言くらいのつもりで思いの丈を述べてみたいと思います。

まず、この事件は著作権とネットワークを考える上でいくつかの警告を含んでいます。

・著作物が現行技術でデジタル化されるということは、特別な知識(技術)を持っていなくても著作権侵害を(半ば無意識のうちに、または罪の意識を感じることなく)誰でも行えてしまう
・プログラムの開発者が(日本の国内法の拡大解釈で)逮捕されるということは、開発者の頭脳流出(海外企業への)を促進する

たくさんありますが、まずはこのへんに的を絞ってみます。
先に「頭脳流出」のほう。
今回の「開発者逮捕」というのは、すでに類似の意見が出ているかと思いますが、「交通事故を起こす人間がいるので、自動車メーカーを摘発しました」みたいなもの。
または「鉛筆はラブレターを書くことができるが、同時に脅迫状を書くこともできる」みたいなものというか。
道具は使い方によって犯罪にもなるが、その道具を作った人間を摘発してしまうことは、「同様の道具を作ろう」という後継者を萎縮させてしまいます。
現在、Winnyの紹介サイトの作者が家宅捜索を受けたこともあって、Winny関連コミュニティは猛烈に萎縮を始めています。
こうなると、「Winnyの次を作ろう」と思い立つ人間は出てこなくなります。
または、そうしたソフトを日本国内で作れる能力を持った人間は、日本国外の企業にヘッドハンティングされていくでしょう。
IT(もう死語か)というか、デジタル産業が今後の産業の柱になっていくことが明白である以上、そうした技術者/能力者が海外に散逸してしまうような流れを作ってしまったことは、非常に大きな問題だと思います。

誰もがそうだとは言いませんし、異論があることも承知で言いますと、「コードをひねった基礎的なプログラム」というのはある程度の講習を受ければできるようになります。
ただ、それは「指導に従って作ったもの」いわば、「設計図通りに作ったプラモデルか、その亜流」に過ぎません。
設計図なしでいきなりものすごい彫像を作ってしまう人を、芸術の世界では「天才」とか「異能者」と見ると思うんですけど、プログラムの世界にもそういう「異能者」はいます。
というより、異能者プログラマは希有で貴重な存在であると思います。
そういう人材の流出を促進させてしまうような拙速な逮捕劇が、デジタル産業の新たな枷にならなければいいな、と思います。

03: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 02:59
Winnyがやっているファイル共有というのは、「デジタルデータを複数のパソコン/ユーザー間で複製して共有する」という概念です。

「劣化することなく、まったく同じ内容の複製を作ることができる」というのは、デジタルデータの基本特製であり最大のメリットでもあります。
「コンテンツがデジタルデータとして存在している」というのは、「紙に印刷した本」と違って複製もしやすい。(パソコンなどの機器があれば)
もともと「同じ物を複製しやすくする」ことが目的なわけですから、デジタルデータを複製しにくくするというのはむしろ発想としては退化していることになります。
デジタルデータの複製は、善悪や倫理・罪罰で図るレベルの問題ではなく、純粋に技術上の目的にかなったものでしかありません。

ファイル共有ソフトというのは、その意味で「デジタルデータは複製しやすい」「複製されるのが宿命」「複製されることでオリジナルと寸分違わないものが無限に作れる」ということを、体現したソフトです。
Winny以前のファイル共有ソフトは「複製したファイルを置いておくサーバ」が必要だったのが、Winnyあたりの世代からはサーバが不要になりました。これでますます「複製」が繰り返されていくようになるわけです。

これまでの法規制は、「複製されたファイルを利用した人間」が処罰の対象になっていました。
今回は「ファイルを複製して拡散するソフト」の開発者の意図が「(違法な)ファイルが複製されることを自覚した上のものだ」という点にあります。
では、「自覚したから作らない」で済んだ問題だったかと言えば、いずれは誰かが同じような性能の「ファイルを複製して拡散させるソフト」を作っていたのではないかとも思います。
もしWinny開発者が「開発意図の宣言」をせずに開発していた場合、立件できないことになってしまいます(ので、もしWinnyの次を作る人が現れるとしたら、今度は無宣言かもしれませんね)

が、この宣言は「ファイルを複製して拡散する」ということよりも、「複製されて拡散されるファイルがあまりにも無防備で遅れている」という部分に警告を発したものであると受け取ることができます。
むしろ僕はそのように受け止めています。

04: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 03:12
関連して少し脱線します。

インターネット以前のネットワークというものは、かつてのnifty-searve(@nifty以前の)や草の根パソ通がそうであったように、中央集権型でした。
ホストコンピュータと呼ばれる「上流の親サーバ」に元のデータがあって、それにぶら下がっているクライアントパソコン(端末)が、上流のサーバを「必ず」経由してファイルを複製する、という仕組みです。
これだとユーザーが増えるに従って上流の親サーバへのアクセスが集中することになり、親サーバをスーパーコンピューターにでもしない限り、数万、数百万のユーザーを処理することはできなくなってしまいます。

その次に現れたのがインターネット。これは、ご存じの通り、「上流の親サーバ」に相当するものが存在せず、相互に接続し合ったコンピュータが、データを複製しあい、アクセス負荷を分散させています。
これによって、中規模以下の能力のサーバを並列して繋いでいくことで、超高機能(そして高価格)のサーバ1台と同じことができるようになった。
このことが、今日のインターネットの普及を押し上げたということは今さら言うまでもないでしょう。

ところで、そのインターネットの基本的な仕組みは、ファイルを「パケット」という小包に分けて送信するというもの……というのは、よくインターネットの解説書などに書かれていたかと思います。
僕もそういう解説記事を何十回も書きました(^^;)
これは、小包(=パケット)とされるため、本物の郵便のようにオリジナルデータが細切れにされて右から左へ送られていくもの、と理解されがちです。
面倒を避けるために、多くの解説記事もそう書いています。事実、一面としての理解としては間違っていません。

が、実際には右から左にデータが流れていくわけではないことはうすうす気付いていらっしゃると思います。
電子メールを送れば、相手に届くのと同じ「元の文章」が、自分の手元に残り、送信済みフォルダに入っていますよね。
これはつまり、「自分の手元のデータを複製して、相手のパソコンにまったく同じものをもうひとつ置いた」ということです。

電子メールの送信というのは、「送信」じゃないんです。
メールの「複製」なんです。

また、相手と自分が違うプロバイダを利用している場合(ほとんどの場合はそうですね)、自分のパソコン、自分のプロバイダ、間にある別のプロバイダやサーバ、相手のプロバイダ、相手のパソコンとデータが伝達していきます。

これ「伝達」じゃないんです。
これも、間にある自分のプロバイダや相手のプロバイダ、さらにその間に介在する「知らないプロバイダ」の間で、自分のメールが「複製」されているということなんです。

自分や相手のメールサーバに到達した後、相手が受信してメールボックスの内容を削除すれば、相手のプロバイダからメールのファイルは消えます。
途中、伝達されていった知らないメールサーバも、一定の期間ログを保存した後は、古いモノから順に削除していく……ことになっていますし、大部分はそうなっているはずです。
が、記録はある程度残る。
だから、「メールの送信記録から発信者を特定」なんてことができるわけですね。

05: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 03:21
くどくどと書きましたが、インターネットというのはもともとそういうものなんです。
インターネットというインフラが米陸軍の「秘密兵器」として開発されたというエピソードはよく引き合いに出されますが、wwwという概念が研究者同士で論文を複製しあって閲覧するのが目的で開発されたということは忘れられがちです。
デジタルデータを複製し、拡散する。
そうするのは、インターネットというシステムの基本的な本能のようなものと言ってよいかと思います。
その意味で、ファイル共有ソフトというのは際だって違法だとか、変わったこと、画期的なことをしているわけではなく、インターネットというシステム(この場合はデジタルデータを継承・維持・拡散するための概念)・インターネットの本能に、非常に忠実なものだと言えます。

デジタルデータ/ファイルは複製されて拡散される。
この流れそのものは止めることができないわけです。

となると、どこで「【違法な】デジタルデータを止めるか」または「複製されたデジタルデータを、違法に利用しない、されない、させないためにはどうするか」という話になります。

これまでのWinnyやWinMX利用者の逮捕は、「違法なデジタルデータを送信する者を摘発」という視点に立っていました。
今回のWinny開発者の逮捕は、「違法なデジタルデータの移転手段を撲滅する」というものです。
が、別のファイル共有ソフトが蔓延るでしょうし、そうなればいたちごっこでしかありません。根本解決にはなっていないのです。

06: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 03:30
考え得る遮断方法のうち、現在取られているのは以下の方法です。

・利用者の意識改革(啓蒙により罪悪感を促す)
・利用者に刑罰を与える

ファイル共有ソフトがなくならない、またファイルの複製がインターネットの本能に抗えないものだとするなら、それを利用する人間が気をつければいい、というものです。
ある意味正論ですが、「不注意」や「マナーの存在そのものを知らない」、「罪の意識がないケース」の場合、「罪悪感」や「罰への畏怖心」で注意させるという方法に効果はありません。
それこそ、処罰されて初めて違法であることを自覚するのでは遅すぎます。

これらのファイル共有ソフトやそれを取り巻くコミュニティでは「違法ファイルは流さない」という警告が繰り返されていました。
しかし、そうした警告があっても「方法が提示されていれば、誰でも手を出す」という現実がありました。だからこそwinnyは200万人という膨大なユーザー網を作ったわけですが……。
となると、「啓蒙」や「罪悪感に訴える方法」では、実質的な効果は望めないということになります。

外部からデータの流通を妨げるという方法もありました。
One Point Fire Wallなど、サーバが流通するデータを選別してシャットアウトしてしまう、というものです。
ある意味、これは効果的かつ賢い方法だったのかもしれません。現時点ではベターでしょう。
しかし、いずれ同様のソフトが出てくればいたちごっこです。

コンピュータウィルスは「感染」という表現をされますが、これも「複製され拡散する」というインターネットの本能に適っているからこそ、あれだけ短い期間に広い範囲に蔓延するわけです。
そしてトロイの木馬が感染能力を持ったワームになってずいぶん経ちますが、コンピュータウィルスを完全に阻止する方法は今もってありません。せいぜいがアンチウィルスソフトのバージョンアップをこまめにするくらいです。
(そのこまめなバージョンアップもまた、「パターンファイルの複製」という方法を採っているわけですが)

07: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 03:43
ここで、「複製されるファイルの違法性」についても考えてみましょう。
(あちこちに話が飛びますが)

デジタルデータが複製され、拡散されるのが困る理由。
それは「そのデジタルデータは、複製されて欲しくないから」ですが、どんなファイルが「複製されては困る」のか。

(1)個人情報など「公開されるべきではないファイル(ファイルは違法ではないが、【公開された場合】に損害が発生する)」
(2)著作権者が存在し、それによって収益を上げている(換金価値がある)ファイル(商品プログラム、映像、ゲーム、出版物、音楽など、ファイルは違法ではないが、【複製された場合】に損害が発生する)
(3)猥褻物陳列罪に触れる、存在そのものが違法なファイル(無修正エロ動画とか)(著作権者はおおっぴらに抗議できないが、社会風紀上このましくない。ファイルそのものが違法な場合)
(4)複製を受け取ったものが被害を被る害悪なファイル(コンピュータウィルスとか)(著作権者がどうこう以前に、存在そのものが邪悪な場合)

大きくわけると上記4類が考えられます。他にもあるかもしれません。
それぞれ、(1)(2)は、複製されたファイルそのものは合法だが、複製された元の持ち主に被害が及ぶ場合で「複製/公開する【行為が違法】」としたいケース。
(3)(4)は、複製されたファイルそのものが違法で、複製を受け取った側に被害が及ぶケースで、「複製公開された【ファイルの存在が違法】」としたいケース。

(3)(4)は存在が論外な上に、受益者(この場合、複製されたファイルを受け取る側)が被害を受けるわけですから、被害の拡散を食い止めるという意味では、「そういうファイルが流通することを阻止したい」というものです。
(1)はAntinny(キンタマ/ぬるぽ)というWinnyに寄生するウィルス(4.に抵触)などで多くの「機密データ」が公開されていましたが、そういう「情報の複製公開によって被害を受ける」ケース。
(2)は平たく言えば著作権侵害。

(1)も大いに困りますが、それ以上に問題視されていくのが(2)の著作権侵害のケースなのではないでしょうか。

08: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 03:55
(1)だって困るし、(3)も(4)も社会問題なのに、なぜ特に(2)著作権侵害なのかと言えば。
やはり、「収益の損失」というか「儲かるはずなのに損した!」とする、「予定収入の減益」が絡んでくるからと言えばわかりやすいでしょう。

この場合の「著作権侵害」ですが、デジタルデータの複製は、基本的には「一字一句、ドットひとつ損なわず完全に同じものが複製される」ということですから、「類似意匠の侵害」とか「文章の盗用」といったレベルでの「著作権侵害」とは別種の「損害」が主眼になってきます。
平たく言えば、「出版権」「放送権」「上映権」諸々の著作隣接権によって得られる収益への侵害というのが重視されます。

僕も文章を売って商売している身ですから、思いは複雑です。
自分が書いたのと同じものが一瞬にして広まってしまうという
ことそのものは、文章を書いて発表する本能を持っている者にとってはけっこう魅惑的です。
しかし、自分がもらえるはずだった印税や原稿料が、瞬時に消え失せてしまうとなると、「出すのやーめた」であったりとか、「俺の金返せよ!」といった、浅ましい気持ちが湧いてこないといったらウソになります(^^;)

広く知らしめたい。でも、無価値になってしまうのは厭だ。
このあたりは、相反する心理的葛藤があります。
個人の著作者だけでなく、映像制作会社や出版社にも多かれ少なかれ同様の心理が働いているものと思います。
宣伝して知らしめたい。でも、タダ見は勘弁。みたいな。

実際、コストの多寡はあるでしょうけれども、コンテンツの制作そのものは無償ではできません。
文章などを書いていると「無から有を創り出す錬金術のようなうさんくささ(笑)」や、「投資ゼロでの収益増」みたいな理解をされがちですが、インプットがない状態でアウトプットができないのは、どんな仕事でも同じですし(^^;)

と、愚痴はおくことにして。

デジタルデータが複製拡散していくことを止められないということ自体には同意しますが、複製拡散したデジタルデータの内容が無価値になってしまうことは避けたい。
コンテンツ制作にかかった費用を回収し、次回作を創れるくらいの収益は上げたい。(ウハウハに越したことはありませんが(笑))

この相反する問題を解決する必要があります。

09: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 04:17
少し整理します。

・Winnyに見られるようなファイル共有ソフトの機能は、インターネットの本能であるファイル(デジタルデータ)の複製/拡散に適ったものであり、その機能の発展は止められない。
・進みゆく方向として、「全ての(とは言わないまでも、希求の多い)ファイルは、複製/拡散される」。
・著作権を伴い、「発表」されることを目的に作られたデジタルデータが複製公開されることそのものは喜ばしい
・しかし、単なる複製拡散では「オリジナルデータの作成費用が回収できない」
・デジタルデータの複製拡散手段(=インターネット/ファイル共有ソフト)を抑止することなく、複製拡散流布されたデジタルデータの閲覧費用を徴収するにはどうしたらよいか

とりあえず、こんなところでしょうか。
今さら言うほどの問題ではなく、同様の「再生回数が制限されているファイル」や「料金を支払わないとダウンロードできないサービス」などはすでに存在しています。
ペイサービスも様々なものが試されています。
ただ、そうしたものは「見向きもされない」か、「最初に金を支払った後、無償で使えるデータ形式に書き換えてしまう【神】が現れ、以後は無償データ化してしまう」という、やはりいたちごっこになっています。
例えば映像コンテンツなどは、「画面を録画するソフト」を使えばいくらでも別形式にできてしまうわけで、これでは最初のデータにロックがかかっていても二次複製ファイル以降は無意味です。

このあたりの費用回収方法について、まったく手段が講じられてこなかったというわけではないのでしょうけれども、現状ではデータ提供者側の努力が十分であるとは言えません。
47氏の警告する「複製し放題の未来」と「提供者側の怠慢」はそうしたことを示唆したものだったのではと思います。
あながち、荒唐無稽な予言でも悪質な著作権違反幇助とも言えない気がしています。

そうした対策方法は今も確立されていません。
Winny開発者が逮捕されてWinnyサポートページがなくなったからといって、Winnyコミュニティが完全消滅したわけではないし、Winnyを継ぐ者は割とすぐに現れてくることでしょう。
にも関わらず、今も脆弱なデジタルデータは次々とネットワークに放たれ続けています。

自分のコンテンツを「デジタル化する」ということは、窓を開けっ放しで着替えをするようなものです。
覗く方がもちろん悪い。覗きは違法。でも、覗かれたくなかったら、着替えをするときは窓を開けない、カーテンを閉める、または「着替えない」。

イラクでタクシーに乗っていて武装グループに拉致された。誘拐・拉致は犯罪。掠う方がもちろん悪い。として、でも拉致されたくなかったら、イラクには行かない。
今のところ、そうするしかないのかな、とも思います。
かなり無理矢理なこじつけですが(^^;)

出版界で「電子書籍」が今ひとつ花開かないのは、映像以上に複製を作りやすいということを警戒しているというのが大きいでしょう。
電子書籍として公開されているのは、著作権が切れたものか、切れていなくとも著者が逝去されているものか、損害が少ない新人や無名の著者のものが主流を占めています。
(多少ずつ変わっていくのでしょうけれども)

今は技術(主にソフト)の成熟が、早すぎるコンテンツ供給の増大に追い越されている時期なのかもしれません。
このジレンマが解決される日を、「デジタル時代の著者の端くれ」として心待ちにしています。

10: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 04:35
この文章は、誰も読まないことを前提に(笑)書いていますが、ちょっと書きたかったので(笑)お代はけっこう。

それはそれとして、47氏。逮捕によって名前が知れ渡りましたね。
「カネコ」ってどっかで聞いた名前だよな、と思っていたのですが、

「AniBody」(Windows95時代の人には懐かしい、フィギュアにいろいろなポーズを取らせるソフト)
「NEKO Flight Simulator」(これまたWindows95時代の、そのスジの人は一度はやっている、超有名フライトシミュレーターソフト)

の作者でした。
この人は「3Dオブジェクトを素敵なぶんぶん動かす」ことにかけては他の追随を許さないレベルにいるプログラマだったということですがー……。


PC9801時代に、職業プログラマをしていた友達が、凄く興奮した様子でとあるプログラムをコピーしてくれました。
それは、画面上に「NEKO」という文字が回転するだけの実行ファイルでした。
「NEKO」という文字は横にも縦にも斜めにも回転しています。立体を模した3Dオブジェクトです。
今でこそ珍しくありませんが、PC9801時代、そういったものが動くのを見るのはちょっとわくわくしました。
とはいえ、それを見たのは一太郎がそろそろフロッピーディスク一枚に収まらなくなり始めていた頃。
プログラムは「1個のファイル」ではなく、複数のEXEファイルを複合的に連携させていく方向に動き始めていましたし、HDDの大容量化も始まりつつありました(といっても、まだSASIからSCSIに移りだした頃で、HDDは「大容量40MB!」なんて頃ですが)。
立体を回転させるプログラムを見るのも、決して初めてではなかったかもしれません。

それは、EXEファイルではなく、COMファイル。大きさで言うと、COMファイルのほうが小さく、EXEファイルのほうが大きい。
確か、当時はCOMファイルで動くソフトがだんだん減って、EXEファイルのものが増えて来つつあったような……。
それでも、主流機のスペックは、CPU8MHz、メモリ(キャッシュ)はやっと1MB、HDDのないパソコンだってまだまだ現役……そんな時代です。

当時のプログラマたちは、そんな貧弱なPCを満足に動かすために、できるだけ小さなソフトウェアをひねり出すことに執心していたと思います。
友人に促されて、改めてその「NEKO」という文字を回転させている実行ファイルを見て僕もびっくりしました。

そのファイルは、たった4kb(4000バイト)未満しかありませんでした。
立体の文字を回転(縮小拡大もした)させるという高度なことをやっていて、たったそれだけのサイズ。
「びっくりしたよ。凄い人がいるよ」

その開発者は確か「ネコ」と名乗っていました。
今になって思えば、そのネコ氏こそ、AniBody、NEKO Flight Simulator、そしてWinnyの開発者であった「カネコ」氏、47氏だったのではないか……。
そんなふうに思います。

47氏がまた素晴らしいプログラムを世に送り出してくれることを、今は何よりも深く強く願っています。

11: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 04:41
訂正とリンク。
AniBodyじゃなくて、「ANIME BODY」でした(^^;)

●AnimeBody
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se101490.html [source] [check]
●Neko Flight Simulator
http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se049168.html [source] [check]
●47氏の過去のソフトウェア(Vector)
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an011196.html [source] [check]

●47氏本人のwebサイト(nifty)
http://homepage1.nifty.com/kaneko/ [source] [check]
●47氏を応援するページ
http://www.geocities.jp/help47jp/ [source] [check]

12: 名前:AZUKI投稿日:2004/05/13(木) 04:56
それと、47氏の弁護団が決まったみたいですね。
大阪弁護士会の壇俊光弁護士(クローン携帯、ネットワークセキュリティ、ファイルローグ事件など、その筋で著名な弁護士です)が、弁護団長になるようです。
成り行きを注視したいところです。

13: 名前:若マス投稿日:2005/05/06(金) 05:12
今更ですが・・・・。
Winnyって名前
Win MX の次だから?って聞いた事あったのですが・・・。

『2001年宇宙の旅』と同じ感覚の逆って感じ?

I.B.M→H.A.L

MX→ny

本当なのかな・・・・・。

まぁ、今更どうでもいいけど(笑)

14: 名前:cat投稿日:2005/05/07(土) 00:31

余談ですが、昔、SFファンの間で交わされたジョークを思い出します。

 「SAL8997」 ← 毛が3本足りない

15: 名前:cat投稿日:2005/05/07(土) 00:32

ウワっと、ageちゃったよ。orz


パソコン板(ハード/ソフト/ネット)★閲覧のみ★トップへ ▲カッ飛び先頭  全レスを表示



管理者 AZUKI 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55e --