(慈生会病院■に追加)

慈生会病院■(じせいかいびょういん)

○業種
病院
○お店の場所・住所/営業時間と定休日/所在地の目安・外観の特徴
  • 中野区江古田3−15−2
    病院だらけの一角にある、教会の病院?
  • 2010年3月で閉院。
    4月からは別の医療法人の病院(東京病院)が開院。(2010/8/21)

    タグ不可です。

    行ってみた体験談、個人的な感想、批評は↑この黒いスペースではなく、これより下にある青いスペースにお願いします。

  • ○代表的メニュー/江古田住民による個別意見「正直に言ってこう思う」
  • 耳鼻科のおばさん先生、きついです。お金払って診てもらってるのに「よく分かんないね〜」だの「他が悪いんじゃないの?」だの、もう絶対行きたくないな。(2006/09/0)
  • この前、身内が体調を崩して、この病院に行きました。
    外来担当はT(?)先生。

    苦しみながらも怒って帰宅してきたので話を聞いてみたところ、
    担当医師の診察が酷すぎたそうです。
    病に至った経緯や既往症等の話をまともに聞こうとしない上、
    聴診器をあてたりといった詳しい検査や診察も無く、詳しい説明も無い等、
    とても納得できるような診察では無かったそうです。
    心身共に疲弊していた身内は、それらに対して現場で殆ど何も言う気力も沸かず、
    仕方なく薬を手に帰ってきました。
    しかし薬は効かず、身内の症状は傍目からでも「悪くなってるな」とわかるぐらいでした。
    (薬は遅効性のものだったかもしれませんが・・・。)

    でも翌日、外来医師は別の先生ということもあり、再度チャンレンジ(?)したら
    今度の(別の)先生は当たりだった様で、すぐに入院を勧められました。
    つまり身内の病状は入院を勧められる程の内容だったということです。
    (身内が下された診断内容を素人ながらネットで調べたら、結構危ない病気で、
     記載されていた症状が殆ど一致してました。
     「入院する」と聞いて始めは驚きましたが、調べていくうちに、
     入院治療は納得の方法という感じでした。)

    あのまま、最初の医師の診断に従っていたら今頃どうなってたんでしょうね・・・。
    詳しい説明も診断もされず、雑な対応のまま帰され、処方された薬の服用しか無かったようなので、
    恐ろしい結果を招いていた気がします。
    薬を服用して自宅療養するというレベルでは到底無く、絶食・点滴治療を余儀なくされた程で、
    入院中の検査で(良くない部類の)腫瘍のようなものまで発見されました。
    最初の医師には医師なりの、治療に対する考えがあったのかもしれませんが、
    納得・理解し難い診察や対応、別の先生にちゃんと診断された症状の重さと入院等、総合的に考えると、
    やはり最初の医師には疑問を覚えざるを得ません。

    長文、申し訳ありませんでした。


  • 大きな病院で設備は整っているとは思うのですが・・・耳鼻科の若い女の先生は症状を一生懸命説明しているのに「あ、もういいです」とかいってさえぎるし、内科の先生には薬の飲み合わせで嘘を教えられました。念の為処方薬局に問い合わせたところ一緒に飲んではいけない薬だとわかったのでセーフでしたが。もし指示通り服用していたかと思うとぞっとします。(2005/1/24)
    []

    タグ不可です。
     
  • ○関連リンク
  • 公式サイト(2010/8/21)

    URL:
    ページ名(わからなければ空欄で):
    よろしければページの説明をお願いします。

    バトルトークに関連スレを立てた場合は、忘れずにここからリンクを張ってください。

  • ○あなたのお名前
    名前+コメントした日付
    匿名OKですが
    日付は忘れずにお願いします。

    ※連続して投稿する人は、二度目以降は日付をひと
    つ残して削除してください。長くなってしまいます。
    ○推奨度
    ※複数回投稿することはできません。
    …… オススメだと思う
    ×…オススメでないと思う
    ……………… 無回答



    項目表示方法
    あいうえお順 / 業種別 / 更新順/


    用語辞典CGI Ver.0.5改2